真化

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

真化(しんか/Ascension)とは、『第3次スーパーロボット大戦Z』のキーワード。

概要[編集]

生命体が進化を続けた果てに至る最高の境地とされている。『時獄篇』の時点では「シンカ」とカタカナ表記され、その詳細は明かされず、『天獄篇』で全てが説明された。ちなみにアクセントは「真『化』」。

四つの時代[編集]

Zシリーズ宇宙には、「存在しようとする力」と「消滅しようとする力」の二つの相反する大きな動きが存在している。この二つの力がぶつかり合うことによって、1万2000年周期で宇宙は崩壊・再生を繰り返し(全てが消えて最初からやり直すのではなく、崩壊によるダメージからそれぞれの時代の特質によって再生していく)、その中で生物は少しずつ進化していく。これについて劇中では「獣の血」「水の交わり」「風の行き先」「火の文明」そして「太陽の輝き」と表現されている。

「獣の血」とは、闘争による進化のことである。これは「生きる」という行為のもっとも原始的であり、もっとも重要な要素である。生物は生きるために戦い、生きるために勝利し、生きるために進化していく。これをマシンとして表現しているのがダンクーガとその系譜にあるダンクーガノヴァである。

「水の交わり」とは、融和による進化のことである。男と女、人と天翅、異なる存在が繋がり、融和し、そうすることによって新たな境地を見る[1]。これをマシンとして表現しているのが、「水」の名を持つアクエリオンである。

「風の行き先」とは、開拓による進化のことである。一つの場所に留まり逼塞するのではなく、心のままに新たな場所、新たな何かを求めて進み続け、決して立ち止まらずに進化し続けていく。これをもっとも強く表しているのが、進化の力であり、壁を貫くドリルに象徴される螺旋力であり、シモングレンラガンはこれを最大の威力で発揮している。

「火の文明」とは、文明による進化のことである。人が生み出したものは人に新たな力を与え、与えられた力を用いて人は更なる何かを生み出し、生み出した何かが人に力を与えていく。その中で起きる争いをマシンと共に乗り越え、その先にある希望を信じて進化していく。『天獄篇』の時期のZ世界がこの段階の終端にある。アンチスパイラル曰くの「Zの終局」も恐らくこの意味。これを体現するマシンは、人類が生み出した文明の象徴、新たな火である「銃=ガン」の名を持っている。時代の先駆けたるガンダム、文明の極致であるガンバスター、そしてガン・アーレスもこの一つである(ガンレオンもそうなのかは不明。また、Zシリーズには登場しないが、バンプレストオリジナルでガンの付くマシンと言うとあの人造神の他、「ガン」の付く位置が他と異なるものの堕天使、そして銃神の異名を取る因果律の番人がいる)。

「太陽の輝き」とは、それら全てを経ての高次元生命体へのアセンションのことを指す。この段階に至った生命体は永遠の存在となり、オリジン・ロー即ち次元力を自在に行使することが出来る。この段階に至るための、進化の最後の一段階を「真化」と呼称するのである。

ただし、高次元生命体に至れば真化を果たしたことになるわけではない。この過程で「消滅しようとする力」(無に向かおうとする意思)に呑まれると、インベーダーハーデス神宇宙魔王のような怪物じみた姿となってしまう。本当の意味での真化に必要なのは、「他者を理解し、受け入れ、共に歩む」という実に単純な真理を理解することである。それができない存在は力に溺れ、「消滅しようとする力」に心を蝕まれ、他者を受け入れない傲慢な性格となる。ただし、ここからでも真理を理解し、感得すれば正しい道に戻ることは可能。

正しく真化した面々はゼウス神不動ZEN渚カヲルなど少ない。また、早乙女博士はこの真理にかなり早くから気づいており、それを表現するためにゲッターロボを建造している。他の世界に存在するゲッター艦隊も、一瞬とはいえ真化を遂げた真ゲッターを「とりあえず褒めてやる。お前は扉の一つを開けた」と言っていたので恐らく真化融合(後述)の段階を通り越し、高次元生命体となっていると思われる。

本物の真化とは、融合することでも同化することでもなく、個が個としての他を理解し、受け入れることによって成される「共存共栄」の真理であり、これを摂理として完全に理解した時に真化への道が開かれる。そして、その時から1万2000年を経て、ようやく生命体は「太陽の輝き」へと至ることになる。他者を理解する力を持つニュータイプやイノベイターもその力の一片といえる[2]

二つの力と宇宙の大崩壊[編集]

「存在しようとする力」は、宇宙を支える力そのものであり、言い換えれば「生きる力」である。「生命の力」とも呼ばれるこれは、人に限らず森羅万象天地万物、その全てが持つ意志そのものである霊子が発生させる。この力は生きる意志だけでなく、他者を想う気持ちによって大きく励起される。そのため、エグゼリオ変動重力源との戦いでは、ノノが確保した重力特異点を、翠の地球が宿していた「帰って来ることへの願い」が「存在しようとする力」を励起したことで縮小・消滅させている。また、カズミの肉体が時間遡行を起こしたのも同じような理屈である。

その極限と言えるのがマジンガーZの動力であり、ゼウスの命の源である「光子力エネルギー」である。これは「存在しようとする力」をそのままエネルギーに変えたような物質であり、使う者の希望を信じる意志の強さに応じてその力を発揮、最大まで高まれば無から有を生み出すことすらも可能とする。

「消滅しようとする力」は、宇宙を滅ぼす力そのものであり、言い換えれば「死する力」である。「太虚」とも呼ばれるこれは、やはり万物全てが持つ滅びへの志向性そのものであり、始まるために終わろうとする意志である。この使徒であり、その力を体現するものこそがバアル宇宙怪獣である。

基本的に「存在しようとする力」は「消滅しようとする力」を上回っている。「存在しようとする力」=霊子=万象の意志が理の改変を良しとしない場合、オリジン・ローだろうと何だろうと事象制御は出来ない。これは「宇宙の大崩壊」もメカニズムは同じで、「消滅しようとする力」が宇宙を消し去るという事象制御を行うには「存在しようとする力」が邪魔になるため、バアルを使って「存在しようとする力」を生む生命や物質を消し去ろうとする。

歪んだ真化を遂げた存在は、この「消滅しようとする力」の側に立ち、宇宙の大崩壊を招く因子となるのだが、これは御使いも同様である。彼らは惑星エス・テランの霊子が一つに融合し、そこから喜怒哀楽の4人に分離した存在であるが、これは「理解による融和」とは程遠い物理的融合であり、彼らもまた歪んだ真化を遂げた存在である。

天獄戦争を経て二つの力のぶつかり合いが回避されたことにより、大崩壊のメカニズムもまた違ったものに変化したことが推察されている。

真化融合[編集]

いくつかの世界で提唱されていた、真化の応用による理論。世界を構成する全ての物質には、原子レベルで「意志」が備わっており、これを「霊子」と呼ぶ。例えば水素と酸素の化合で水が出来るのはそれぞれの原子の意志であり、惑星の公転も、生命体が死ぬのもそれぞれの意志である。

これはロボットにおいても同様で、乗り手の意志に呼応して底力を発揮するようなことがあった場合、それはそのロボットの意志である。次元力とは、この「霊子」に働きかけ、それらによって構成される事象を制御する力であり、悪い見方をすれば「霊子に対する洗脳」とも言い換えられる。

この、マシンの霊子をパイロットの霊子に呼応させ、両者の境界をなくしてダイレクトに意思疎通が出来るようにすることを「真化融合」という。これは次元将たちの故郷でも提唱されていたが実現には至らず、代用品として「リヴァイブ・セル」が開発された経緯がある。

ヒビキによって新たな段階に到達した「いがみ合う双子」のスフィア・アクトはこの真化融合を擬似的に起こす力で、周囲やマシンの霊子とパイロットを同調させる[3]ことで実力以上の力を発揮することが出来る。これは、マシンの霊子との同調で次元力を引き出す事と同義でもある(次元力の行使とは、主に次元力によって霊子を操り事象を制御する事だが、逆に霊子と同調し事象を制御する事が出来れば、それも次元力を行使したと言い換えられるため)。

天獄戦争においては、原因と結果が混濁し、意志によって存在が認識・定義されるカオス・コスモスの環境とソーラリアンに搭載されたZクリスタルに4つのスフィアをシンクロさせることで実現した。天獄戦争後はカオス・コスモスおよびZクリスタルの消滅によって使用が出来なくなった。なお、真化融合は真化の入り口の段階であり、これから長い時間をかければ人類も高次元生命体へと至る可能性がある事が示唆されている。

その原理はパイロットとマシンの周囲に存在するエネルギーによって成長促進させる「人機一体」のマシン「ポゼッション・サイバスター」、或いは「ヤルダバオト・神化」の両者、そして「Zシリーズ」ではボン太くんバスターマシン7号らが該当するだろう[4]

また、ボン太くんを着込んだ宗介がある意味先駆けていたと言えなくもないこともなくはない(ガラダブラやハーデスは「人間のたどり着いたシンカの形」と本気で驚愕していたが、「マシンと人の一体化」という点ではある意味間違っていない)。

特殊システム「真化融合」[編集]

『天獄篇』終盤で解禁されるシステム。第56話「覚醒」でイベントが発生した後に適用される(第57話「終焉の宇宙」のみマップ開始からしばらくの間無効化される)。その効果は、気力上限・SP最大値+50、ユニットの武器・歌の攻撃力+2000という凄まじいもので、気力上限が通常なら200、限界突破があれば220、強化パーツ「カイメラ隊員証」も入れれば250、「連獄の紋章」で260、「熱血」+POWER TO THE DREAM+オズマエースボーナス300という高さに発展する。

4周目をクリアしたデータを引き継いで始めた時にもらえる強化パーツ「天獄の紋章」もこれと同じ効果を持つが、システムの真化融合と効果が重複する。なので、気力上限・SP最大値+100、ユニットの武器・歌の攻撃力+4000になる(気力は上限300で打ち止めとなる)。

真化を遂げた人物[編集]

ここに記されている人物は良くも悪くも、何らかの形で真化を遂げた存在である。

正しい真化を遂げた者[編集]

真化の真理たる「相互理解」と「共存共栄」を理解した者達。

ゼウス神
ミケーネ三大神の一柱で、黄金の鎧を装着した巨神。
ミケーネの神々の中では、彼のみが真化の真理を理解しており、地球人との共存共栄を目指した。
不動ZEN
エレメント達の教官を務めるネオ・ディーバの司令官。その正体は、2万4000年前に堕天翅族を離反した「太陽の翼」ことアポロニアスの転生者。
アポロニアスは、人間と堕天翅族の調和を望んでアクエリオンを創造した事から、既に真化の真理を理解していたらしい。
渚カヲル
正しい真化を果たした存在ではあるが、相変わらず謎めいた存在。原作設定が生きているなら第一の使徒
使徒という未知の生物でありながら、何者よりも人の本質を理解している。
至高神ソル
人造神だったが、自らの霊子と真化融合したことで自我を獲得した。
自身を創造した御使いこそが、全ての並行世界を滅ぼす「根源的な災厄」であると理解していた。

歪んだ真化を遂げた者[編集]

真化の真理を理解せず、自らを「」と名乗る者達。

ハーデス神
ミケーネ三大神の一柱で、死者の国を治める冥府の王。
彼や配下のミケーネ神達は、上述のゼウス神と異なり、真化の真理を理解できなかった存在。
宇宙魔王
1万2000年前の宇宙崩壊の際、マイナスのオリジン・ローの塊であるブラックホールと一体化した。
真化の真理にこそ至らなかったが、他と違い最期に人の心を取り戻した。
ズール皇帝
ギシン星の皇帝。星々の悪意の集合体であり、目的の為には手段を選ばない冷酷で極悪な人物で、真化の真理には程遠い存在。
トワノ・ミカゲ
頭翅の闇の部分が転生した存在。愛憎と絶望と己の快楽のため行動しており、正論や説得にも応じない。
最終的にはアポロニアスと和解し、頭翅と再び一つになる。
インベーダー
バアルの一種とされていたが、実は彼等も歪んだ真化を遂げた存在。御使いによって一方的にバアルの一種に認定された。
御使い
「根源的災厄」の正体である4人の高次元生命体。その精神構造は傲慢と独善そのものであり、自分達以外全ての存在を見下し、並行世界に満ちる命を銀河ごと滅ぼし、「存在しようとする力」を削り続ける存在。「命ある者全ての敵」「真のバアル」とも呼ばれる。
自らを神と名乗る事は無いが、最初に真化を果たした存在を自称している。実際にはエス・テランの全ての生命が物理的融合したことで誕生した存在であり、まず真化すら果たしていない。また、最終的に全ての御使いを吸収した聖アドヴェントは世界を崩壊に導く「消滅しようとする力」そのものになっていた。

関連人物[編集]

真化に何らかの形で関わっている人物。

早乙女博士
真化の真理にかなり早くから気づいており、それを表現するために「三つの心をひとつにして力を発揮するメカ」としてゲッターロボを建造している。
イオリア・シュヘンベルグ
真化の真理たる「相互理解」と、それを可能とするイノベイターの覚醒を目指した。
堕天翅族
テンプティの発言から、彼等は真化した元人間の可能性がある。
ムゲ・ゾルバドス
暗黒の力=マイナスのオリジン・ローの使い手である事、ズール皇帝やハーデスの同志である事などから、彼も真化した高次元生命体だった可能性がある。
ワイズマンアーカーシャの剣の集合無意識
「人の意志の集合体」という共通点をもつ。図らずもそれは、全ての生命が物理的融合したことで誕生した御使いと似通っている。
使徒
カヲルやミカゲの発言から、彼等は歪んだ真化を遂げた存在の可能性がある。
電脳貴族
ワイズマンや御使い等と同じく、「意識集合体になる事」=「受け入れて共に歩むのではなく、一つになってしまう事」が真化だと勘違いしている。
次元将
彼等の故郷でも「真化融合」の原理は提唱されていたが実現には至らず、代用品として「リヴァイブ・セル」が開発された。
AG
あらゆる並行世界ジ・エーデル・ベルナルが、高次元生命体への疑似真化の為にジエー・ベイベルの呼びかけに応じて集合した存在。
アサキム・ドーウィン
彼も真化について詳しく知っている様子を見せていた。

関連用語[編集]

真戦
真化を遂げた高次元生命体同士による戦い。

余談[編集]

  • 第2次Z再世篇』にて次元獣化したエスターブラスタEsが元の姿に戻った後、ブラスタEsの出力が上昇し操縦系統が最適化されるという出来事が発生したが、リヴァイブ・セルが開発された経緯を考えるとエスターとブラスタEsが真化融合に近い状態になっていたものと推測される。
  • 真化に至るまでの段階を表す「獣の血」「水の交わり」「風の行き先」「火の文明」「太陽の輝き」のモチーフとなっているのは、現実のマヤ文明が用いた「マヤのカレンダー」である。
  • 『天獄篇』の発売以前は、シンカの正式な表記は「神化」ではないかと予想されていた。
  • スーパーロボット大戦OGサーガ 龍虎王伝奇 完結編』において、泰北三太遊が「真化」というワードを使っている。どうやら泰北の口ぶりからすると、この発言における「真化」とは、「仙人になること」を指しているようであるが、これが『第3次Z』における「真化」と同義であり、Zシリーズの設定がOGシリーズに組み込まれることを指しているのかどうかは現時点では定かではない。

脚注[編集]

  1. 後述の歪んだ真化を行って高次元生命体に至った者は、これを誤った意味で捉えた者が多い。
  2. トライア博士のセリフから、「強い意志に応えて、機体が限界を超えた力を叩き出す」という設定は精神コマンドに関連付けられていることが伺える。普通に使っていた且つ使わないはずがないシステムが、実は重要な伏線となっていた面白い例である。
  3. 要はマシンに作用するクアンタムバーストのようなもの
  4. 「Zシリーズ」では「人機一体」のマシンという発想はなく、「OGシリーズ」ではその発想で開発された「魔装機神」「ヴァルシオーネR」「ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン」「ソウルゲイン」「修羅神」など多い。