2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アーカーシャの剣

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アーカーシャの剣(Sword of Akasha)とは、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』に登場する用語。

シャルルが普段身を置いている神殿のような仮想空間の名称。その実態はシャルルが「ラグナレクの接続」を成し遂げるために作り出したシステムそのものを指す。人間の集合的無意識の世界である「Cの世界」に干渉する力を持っており、通称を「思考エレベーター」と言い、シャルルは「を殺す武器」と形容している。

ギアス響団での戦いの後、ルルーシュの操る蜃気楼により一度破壊されたが、その後神根島の遺跡に残されたシステムにより修復され機能を復旧する。だが、後になってラグナレクの接続が発動された際、シャルル言うところの「嘘の無い世界」を拒んだルルーシュが、干渉すべきCの世界そのものに「時の歩みを止めないでくれ」というギアスを掛けた事で、「時の歩みを止めようとする存在」と看做され、崩壊した。

登場作品[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
エリア11ルート第27話「神の島」にて原作同様舞台となり、同ルートを選択した場合はアサキムも登場する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
ゼロレクイエムルートの場合、第50話「皇帝失格」において、ZEXIS全軍が転移し、ルルーシュとシャルルの対話を目の当たりにすることになる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
ミスリルルート第37話「神への誘い」にて訪れることになり、取り込まれた者それぞれが絶望のビジョンを垣間見る。そして、ルルーシュはシャルルやマリアンヌと再び対面し、絶望を乗り越えることを決意する。
ちなみに、メンバーの中で唯一バサラだけは生命の力を持つ歌を歌っていたためか取り込まれなかった。

関連人物[編集]

シャルル・ジ・ブリタニア
普段は神聖ブリタニア帝国本国のアーカーシャの剣に身を置いている。
実は、シャルルが全世界に戦争を仕掛けた本当の理由とは、このアーカーシャの剣によるラグナレクの接続を構築するためのものである。
V.V.
シャルルの兄にして、協力者。彼のコードなしではラグナレクの接続は達成されない。
C.C.
彼女のコードなしではラグナレクの接続は達成されない。元はシャルルの協力者であったが、計画の根幹が単なる彼のエゴによるものだったことに気付いて手を引く。
マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア
シャルルの妻にして、協力者。
ルルーシュ・ランペルージ
Cの世界(=人類の意思そのもの)にギアスをかけ、計画ごとアーカーシャの剣を崩壊させた。

他作品の関連人物[編集]

リボンズ・アルマーク
第2次Z再世篇』序盤でこの空間に辿り着き、シャルルとの謁見を果たす。
ワイズマン
第2次Z再世篇における彼らの「原形質保存中枢」はこのアーカーシャの剣とほぼ同質のものらしい。
アサキム・ドーウィン
第2次Z破界篇』の中盤で神根島のアーカーシャの剣を訪れた。彼の設定にアカシックレコードが含まれているものと推察されるが、現時点では不明。
アイム・ライアード
劇中何度かここを訪れている。

関連用語[編集]

アカシックレコード
擬似的であるが、集合意識で接触するという意味で関わりあいがある。詳しくはリンク先参照。