ムゲ・ゾルバドス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ムゲ・ゾルバドス
外国語表記 Muge Zorbados
登場作品 超獣機神ダンクーガOVA
声優 仲村秀生
稲田徹(SRW代役
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 異星人(詳細不明)
性別
所属 ムゲ・ゾルバドス帝国
称号 帝王
テンプレートを表示

ムゲ・ゾルバドスは『超獣機神ダンクーガ』の登場人物。

概要[編集]

ムゲ・ゾルバドス帝国を統べる存在。TVシリーズでは正体不明のままで、その姿を現したのはOVAから。死者の霊を操る能力を持つ。

OVA『失われた者たちへの鎮魂歌』にて獣戦機隊に敗れるが、続編OVA『GOD BLESS DANCOUGA』において怨霊が道那賀小百合に憑依する形で復活、彼女の立場を利用して地球のシステムを掌握しようとする。

この手のタイプの親玉は部下の失敗を許さない類の者が少なくないが、その点ムゲは休養と2度目のチャンスを与えたり、逃げ帰ってきた部下を怒鳴り散らすどころか、これまでの労を充分に労った上で「私の信頼する者が敗れるのなら仕方がない。お前だけで倒せないならば私とお前で倒しに行けばいいから今は休みなさい(意訳)」と非難するどころかあっさり肯定するなど、度量の大きい人物でもある。

OVA版のムック本の記事では、グザード木下、小百合等と共に「ゾルバドス」なるメタルバンドを組むという絵面も描かれた(ムゲの担当はリードギター)。

登場作品と役柄[編集]

一部例外こそあるが、基本的にムゲ本人が生身ユニットとして登場。原作とは異なりダンクーガと同寸に巨大化しての登場が多かったが、『第2次Z再世篇』では非巨大化状態でのユニットとして登場している。OVAで登場した巨大な蜘蛛のような怪物形態はユニットとしては登場していないが、『IMPACT』では獣戦機隊基地と合体するイベントで出現、地形扱いとなっている。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
終盤近くになって登場し、歴代のスーパー系の大ボスを復活させる。それでも本人が一番厄介。ラスボスと同質の力(悪霊の力・負の無限力)を持つ強大な敵として描かれている。アポカリュプシスを乗り越えるためにサイコドライバーを求めて戦いを繰り広げるが、それ自体アポカリュプシスの手の内であったらしい。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
名前のみの登場。既に獣戦機隊との戦いに敗れ、その際に捕らえていたアースWILLムーンWILLに逃げられる事になる。獣戦機隊の話では確かに倒されたはずだったが…。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
OVA版の設定でADWに出現。彼もまた、黒の英知に触れた者の一人である。本作では『64』以来の共演となったズールとの共闘が実現し、彼と手を組み暗黒の信者の黒幕の1人として暗躍。嘗て捕らえていたムーンWILLを始め、ゼラバイア等の人類の敵を下僕として復活させる。原作通りに道那賀小百合に憑依して活動し、自身の完全復活と宿敵である獣戦機隊への復讐を目論む。
今回、機体(本人)のサイズはSサイズだが、その分能力値がとんでもない程底上げされており、滅茶苦茶強い。装甲値がデフォルトで2500とSサイズとは思えない硬さを持つ。それに加えて、本人の能力値・スキルも『第3次α』の時より大幅に強化されている。『第3次α』には無かった底力を新たに習得し、最終的な装甲値はなんと5206と旧シリーズのラスボスに匹敵するほど上昇する。幾らサイズSでもこの装甲値の前には半端な攻撃では全くダメージを与えられない。おまけにエースボーナスもSPを削るという嫌がらせの様なものまで習得している。同時出現するズールより遥かに強く、真っ先に撃破すべき敵。味方の気力が最大かつSPが全快しているのが救いではある。特にゼロ・レクイエムルートでは黒の騎士団ルートに比べ出現が早いにもかかわらず、レベルが15も上回っているので危険。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場作品。シーン4ラスト「ゴッドブレス・ダンクーガ」で登場。一度倒されたが復活したという設定で、ミケーネ帝国百鬼帝国妖魔帝国はムゲ帝王の怨念に曳かれて地上侵略を開始したらしい。ユニットとしてはシーン4のラストを飾るだけあり、攻撃力も高くHP回復(大)まで持つ強敵。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
今回も過去に倒されたが復活したという設定で登場。
スーパーロボット大戦IMPACT
本作より声が入った。獣戦機隊基地を占拠し、達と再び対峙した際の台詞がDVEで収録されている。タフではあるがHP回復以外に厄介な能力を持たない為、後のシリーズと比較すると思いのほか戦い易い。「赤い宇宙」での最終決戦では彼を撃破するとクリアになってしまうので、資金を稼ぎたいのならムゲが標的として狙う傾向にあるヴァイスリッターライン・ヴァイスリッター)を囮にしている間に、周囲の敵を掃討した方が得策。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
なんと今作の世界は「ムゲの存在しない世界」である為、『SC2』とは別の世界で、その世界の獣戦機隊に敗れたムゲの残留思念がSC2の世界に現れたという設定で登場する為、SC2世界の獣戦機隊とは初対面という非常に珍しい設定となっている。OVA版の展開で小百合に憑依し、ムゲの正体を知るユキムラアスカロンを提供され、アスカロン兵に憑依してAフォースと戦うが、ユキムラに陥れられて消滅へと追いやられてしまう。他の作品のキャラクター(しかも生身の人間)に利用された挙句捨て駒同然に扱われて最期を遂げてしまうという、今までのSRWシリーズにおけるムゲの扱いを省みるとあまりにも衝撃的、且つ呆気ない最期だった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
本作ではズール皇帝と並ぶ版権二代強敵として人類の敵として立ち塞がる。本作のみ原作再現のため「ムゲ城」で対峙する。
既に器の大きい敵首領という人物像は定着しており、ズール皇帝や女帝ジャネラが逃げ帰ってきた部下を怒鳴り散らしている一方で、ムゲ自身はこれまでの働きを評価した上で「私の信頼する部下が負けるのなら仕方ない」という発言をするなど、非常に度量のある人物として描かれている(後述)。
スーパーロボット大戦GCXO
スーパーロボット大戦Card Chronicle
本作ではムーンWILLと同格。イベント「無限なる邪悪」では復活を遂げる。

能力[編集]

力・[編集]

デス・スピリット / デススピリット
悪霊を操り、相手に纏わせる。
第3次α』では能力低下の特殊効果を持つ。『第2次Z再世篇』では「デススピリット」名義で気力低下の効果あり。
ソウル・イーター
全身から負のエネルギーを放出する。この時、ムゲの目がおぞましいものとなる。
『第3次α』では精神禁止の特殊効果を持つ。『第2次Z再世篇』では未使用。
ゴースト
『再世篇』で追加された最強技。行動不能の追加効果を持つ恐ろしい攻撃。

合体攻撃[編集]

デス・ストーム
デスガイヤー将軍ザンガイオーとの合体攻撃。『スーパーロボット対戦』で実装。

特殊能力[編集]

HP回復(小~大)
『第2次Z再世篇』では小。
EN回復(小~大)
『第2次Z再世篇』では中。
分身
αシリーズのみ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。『第2次再世篇』では陸のみ。

サイズ[編集]

M / S
αシリーズではM。『第2次再世篇』ではS。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

回避を除く、全ての能力値が非常に高く厄介な敵。

精神コマンド[編集]

第3次α
直感鉄壁気迫熱血直撃
攻守を万能に備える。
第2次Z再世篇
偵察分析てかげん直撃感応かく乱
αシリーズと違い、守りを重点にしたものとなっている。感応の消費SPが妙に重いのが特徴。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
超能力L9気力+ (ダメージ)精神耐性戦意高揚ガード
どれをとっても隙が無いが、底力がないだけまだ楽。
第2次Z再世篇
超能力L9底力L9カウンターL6サイズ差補正無視ガード気力+ボーナス2回行動
αシリーズでの技能を強化した仕上げになっている。Zシリーズになって大幅に強化された底力を新たに習得し、2回行動まで完備する等、超攻撃的な技能が勢揃い。超能力+極+底力+ガードの相乗効果で異常に高い戦闘能力を持ち、正攻法ではまず勝ち目が無い。自身のサイズ差により与ダメージ減少もサイズ差補正無視でカバーしているので、致命的な一撃を繰り出してくる。ゲーム初戦では2回行動が???扱いで未修得の状態になっており、底力もL6になっているが、それでも手強い。
IMPACT
底力L9

小隊長能力(隊長効果)[編集]

クリティカル率+20%
第3次α』で採用。
版権クラスのラスボスにしては控えめな能力だが、極との相乗効果により真価を発揮する。

エースボーナス[編集]

第2次Z再世篇
自軍フェイズ開始時、敵ユニットのSP-2
ターンを重ねる毎に徐々にSPを蝕まれる凶悪なボーナス。同時出現するズールの存在もあり、時間をかけすぎると詰んでしまう恐れがある。

人間関係[編集]

デスガイヤー将軍
最も古くから付き従っている部下で忠誠心が高い。ムゲ帝王も一番信頼している。
ギルドローム将軍
部下。
ヘルマット将軍
部下。
ルーナ・ロッサ
部下。
シャピロ・キーツ
地球を裏切り、自身の元に馳せ参じた男。
獣戦機隊
宿敵。
道那賀小百合
OVA版では彼女に憑依して復活。SC2第2次Z再世篇でも憑依している。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

チームD
自身が獣戦機隊に滅ぼされた後の未来で新たなダンクーガを駆る者達。『第2次Z再世篇』にて共演が実現し、獣戦機隊同様に敵対する。
ズール皇帝
64』・『第2次Z再世篇』と共に究極の悪として共演。『第2次Z』では共に黒の英知を手にした者同士でもあり、彼と共闘。暗黒の信者達の黒幕として、ZEXISの前に立ちはだかる。
ムーンWILLアースWILL
第2次Z破界篇』では嘗て、彼らを捕らえていた事が語られる。後の『第2次Z再世篇』にてムーンWILLを復活させ、共にアースWILLに重傷を負わせる。
CC』では自身を利用するとうそぶくムーンWILLの思惑にあえて乗る。
Dr.ヘル / 地獄大元帥
第3次α』ではαナンバーズとの決戦にて、彼を手駒として復活させた。
『第2次Z再世篇』ではゲシュタルト(ズール)と共に彼とも手を組んでおり、黒の英知の継承者として認めている。
闇の帝王帝王ゴール竜魔帝王ダリウス大帝
『第3次α』ではαナンバーズとの決戦にて、彼らを手駒として復活させた。
ニア・テッペリンアンチスパイラル
『第2次Z再世篇』では、ズールと同様に「暗黒の王」としてその存在と力に一目置かれている。

リアル系[編集]

グレスコ
『64』ではグラドス軍ムゲ・ゾルバドス帝国の傘下になっている為、部下という事になる。
ランカ・リー
『第2次Z再世篇』では彼女を拉致し、彼女を「暗黒の歌姫」と化して、その歌を利用しようと企てた。
グレイス・オコナー
『第2次Z再世篇』ではランカを利用した事で一時的に彼女の計画を狂わせるが、自身が一旦敗れた後、逆に彼女に自身の計画を彼女達の計画に利用されてしまう。

バンプレストオリジナル[編集]

アル=イー=クイス
64』では彼女達にズール皇帝と並んで銀河の後継者候補の一人と目されていた。結局ムゲ・ゾルバドス帝王は敗れたが、彼女達にとってその気になれば復活は容易らしい。
アインスト・アルフィミィ
IMPACT』にて彼女の接触を受ける。
イルイ・ガンエデン
第3次α』ではアポカリュプシスを乗り越える為に彼女の力を狙った。
クォヴレー・ゴードン
『第3次α』では、彼が乗るディス・アストラナガンの力に興味を持っていた。
レーツェル・ファインシュメッカー
『第3次α』では、中の人繋がりで、ちょっと変わった戦闘前会話が発生する。
シュウイチロウ・ユキムラ
SC2』では小百合に憑依した際に彼から接触を受け、アスカロンを提供される。しかし、実際は利用されていたに過ぎず、最期は捨て駒同然に扱われてしまう。

名台詞[編集]

「ギルドロームが敗北するなら、それでも構わん。その好手は私とお前で倒せばよい。昔のようにな」
TVシリーズ終盤にデスガイヤー将軍に対して。古くから自分につき従っている古参の将である彼に絶対の信頼を置いている事を伺わせる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

そのようなことはもうよい。貴様が敗れたのであればやむをえまい。我らが支配する宇宙の隅々まで勇猛で知られたデスガイヤー将軍が敗れたのであればな」
「懐かしいのぅ、あの頃。共に戦ったあの頃がな。ゲルト星系での銀河帝国との戦い、ロデウム星で超能力者どもを打ち破ったデスガイヤー。あの頃の貴様は無敵であった。次々と敵を倒し我が帝国の礎を築いてくれたその功績、私は忘れておらぬぞ。その貴様がただ1度の戦いで敗れた相手、見てみたいものだ」
「御苦労であったのぅ。再びお前の力を必要とすることもあろう。それまでゆっくりと休むことだ」
64』中盤にて。地球からの撤退を余儀なくされ、事実上地球から逃げてくるはめになったデスガイヤーを労う台詞。部下に対し絶対的な信頼を置いている事を示す言葉だが、敵味方を問わず、部下の失敗に対しここまで寛大な組織の首領もそうそういないだろう。
「うむ……我々は奴らをみくびりすぎたようだな」
デスガイヤー「はっ」
「まぁよい。ご苦労だった、デスガイヤー とりあえずは、ゆっくりと休むがよい」
『64』独立軍ルート「野望の終焉」より。アステロイド前線基地から逃げてきたデスガイヤーを労う台詞。不利な状況に立たされても、信頼する部下への労いは忘れないようである。
「フフフ、それも面白いではないかデスガイヤー。もしそのような強敵がこの宇宙に現れたのであれば、貴様とふたり、また思う存分戦おうではないか。そして、再び力の帝国を築き直すのだ さぁ立て、デスガイヤー」
『64』独立軍ルート「悪夢、再来」より。デスガイヤーから地球人がムゲの宇宙まで攻めてくることを危惧されたのだが、ムゲ帝王は焦らず騒がず余裕の対応。やはり悪役ながらも、部下を信頼する器の大きい首領である事を感じさせている。
「フフフ…考えるがいい…なぜ、アインストが私に協力し…お前たちを滅ぼそうとするのか…」
IMPACT』第3部銀河決戦篇シーン3Aアース編「神の祝福を」より。ムゲへの協力体制を取る形で出現したアインストに困惑する忍達を嘲笑う。
「他者の意志を介せし人間よ。お前には媒体の素養がある。我が悪霊の意志によってその心を蝕ませるがよい」
「内に潜む魂を解き放ち、我が許で永遠に生きるがよい。そうすればお前が求める者の魂と邂逅できるやもしれぬぞ」
「その心を私に委ねよ。さすれば安らぎを与えよう。大地と海の狭間よりも、魂の平穏が訪れる場所を…」
CC』エピソード63話「未来を求めた者たちへの鎮魂歌」でそれぞれ、カミーユシンジ聖戦士達をリーダーに設定した時の会話。
「冷たいわね。私は道那賀小百合でもあるのに」
「あの娘の歌は本来は生命の力…。この世界を構成するプラスの力だ」
「だが、光ある所に闇が生まれる。生命の力は、マイナスの力…すなわち、暗黒の力と表裏一体の関係にある」
「あの娘の心は今、闇に堕ちようとしている。それを増幅させる事で絶対の暗黒の力がそこには生み出される!」
「既に私の本体は、この情報管理センターのシステムとシンクロしている。そこに流れる莫大な情報はエネルギーとなり、あの娘のマイナスの力を後押しする。それを制御し、新たな宇宙を創り出す私は暗黒の神なのだ」
第2次Z再世篇』第48話「ゴッドブレス・ユニバース」における小百合に憑依したムゲの言。この「暗黒の力」については、「消滅しようとする力」を示していたと思われる。
「オリジン・ローは森羅万象、あらゆる物質に内在している。そして、その最も大きな塊が銀河の星々だ。星の瞬きはオリジン・ローの輝き…。それは恒星の内に秘められた破壊と再生の力なのだ」
『第2次Z再世篇』第54話「絶望の世界」より。ズールと共に復活した際、オリジン・ローの本質について語っていた。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「おのれ…! 暗黒の神である私を前にしても何の恐怖も感じぬとは!」
第2次Z再世篇』第48話「ゴッドブレス・ユニバース」より。己の力を誇示するも、忍と沙羅の恋愛話に盛り上がるZEXISの面々からスルーされた事で怒りを露にする。スパロボでも器の大きい大敵として描写される事が多い彼にしてはちょっと大人げない台詞。
...「ムゲ・ゾルバドス」についてさらに詳しく
Muge Zorbados +