ゼラバイア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ゼラバイア(Zerabaia)[編集]

超重神グラヴィオン』及び『超重神グラヴィオンZwei』に登場する兵器。簡便上、組織名と同一視。

「ジェノサイドロンシステム」を応用して惑星エネルギーで構成されるメカと思われるが、詳細は不明。かつて惑星セリアスと惑星ランビアスとの星間戦争における最終兵器であったが、ジェノサイドロンシステムの暴走により両惑星の文明を滅亡させた。

ヒューギ・ゼラバイアの良心が開発したシステムであるが、ジーク・エリクマイヤーことクライン・サンドマンが実験によりジークの妻であり、ヒューギの妹ルフィーラ・ゼラバイアが死亡したことで、ヒューギの絶望と憎しみによりシステムは暴走。破壊のみ行動原理とする兵器と化した。

最終的にジェノサイドロンシステムそのものと化した戦闘衛星ゴーマの消滅により全てのゼラバイアは消滅した。

ゼラバイアには特定の攻撃への耐性をもつタイプと、特定の環境に適応したタイプが存在する。『新世紀エヴァンゲリオン』における使徒と特性が似ている。

主なゼラバイア[編集]

正式名称は『スーパーロボット大戦Z』参戦時に判明した。

ソルジャーゼラバイア
ディクリール
ジュエッタル
ヒュドュエル
マグガルド
ザログロス
ゼラヴィオン
ゴーマ

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
スカルムーン連合の戦力として登場。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
第一次多元戦争で敗れたはずだが、アイム・ライアードが召喚する。

余談[編集]

  • 惑星セリアスと惑星ランビアスの名称は、1977年、ジェイムズ・P・ホーガンによって上梓されたSF小説「星を継ぐもの」に登場する架空の国家「セリオス」と「ランビア」からとられていると思われる。こちらは共に同じ惑星上に存在した二大国であり、戦争の果てに自らの母星そのものを滅ぼして共倒れになっている。