スカルムーン連合

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

スカルムーン連合は『スーパーロボット大戦Z』に登場する組織

概要[編集]

異星人の軍事同盟。星間連合の一種。

名前の由来は、同盟が締結された場所であり、連合の拠点でもある月面スカルムーン基地から。ブレイク・ザ・ワールド後にガイゾックベガ星連合軍エルダー軍アルデバロン軍で結成し、後にゼラバイアも加入した。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
上述の通り。一応協力関係にあるという建前ではあるが、作戦の方針について足並みが揃わないことも多く、あくまで相互不可侵の協定を守っているだけとの印象も受ける。その辺りの不和については、端的に言えば「外道」と「外道になりきれない悪役ないしきちんとした信条を持った敵役」が連合体を組んでいることにその原因がある。ブッチャー等が破壊や殺戮を楽しむ狂気染みた様を見せつける傍らで、ベガ大王が慄く、テラルガットラーが危険視するというのが概ねの構図である。
なお、今作の月には人間達が作った施設もいろいろ存在しているが、ギンガナム艦隊が多元世界誕生直後から異星人部隊との戦闘を行っていた影響か、それらの施設が襲われることはなかった。

人物[編集]

外道[編集]

ブッチャーは連合結成の当初から、その狂気により連合のイニシアチブを握る存在であった。後にこれまた極悪非道なガガーンとの間に最恐コンビが結成され、更に彼が招聘したヒューギの加入により手がつけられない状態になる。

キラー・ザ・ブッチャー
ガガーン
ヒューギ・ゼラバイア

良識派[編集]

侵略者の中でも、一応戦闘行為にきちんとした目的があり、また組織の規律を重んずる人物。快楽のために殺戮を行うブッチャーや、部下を楽しみのために射殺するガガーンとは相容れず、彼らを常に警戒していた。

テラル
ゼオ・ガットラー
面白半分で殺戮行為を繰り返すブッチャーを「快楽主義者の豚」と内心蔑視していた。
ローザ・アフロディア
ベガ大王
スカルムーン基地の本来の持ち主であるが、元の世界で戦力が疲弊していた事もあってか、組織内における立場は弱い。彼自身も割と悪人なのだが、ゲーム気分で部下を撃ち殺す他のメンバーを見て「いくら自分でもこんなことはしない」とまで吐露している。

関連用語[編集]

スカルムーン基地
本来はベガ星連合軍の基地だが、スカルムーン連合の基地として使われる。
人間爆弾
暗黒の軍団