ガガーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガガーン
外国語表記 Gagan
登場作品 宇宙大帝ゴッドシグマ
声優 寺島幹夫
藤原啓治(SRW代役
種族 エルダー星人
性別
所属 エルダー軍
役職 副司令→地球侵攻総司令官
テンプレートを表示

ガガーンは『宇宙大帝ゴッドシグマ』の登場人物。

概要[編集]

失態続きのテラルの副官として着任したエルダーの軍人。

エルダー軍内ではタカ派軍人として恐れられており、それゆえ元老院からの厄介払いという形で着任した本人は、元老院に取って代わってエルダーを我が物にせんと様々な計略を巡らせた。性格は冷酷かつ残忍で、部下を容赦なく切り捨てる。また人の本心を見抜き、その弱みを利用する狡猾さを併せ持ち、テラルの弱みを握ることに成功。その他にも確実に地盤固めをして、遂にテラルから総司令の座を奪い取ったことからも、彼の能力が非凡であることが分かる。

しかし、肝心の対地球人との対決では部下が連戦連敗。業を煮やした彼は自ら巨大ロボットガルゴスを駆り、ゴッドシグマと対決する。しかし、ゴッドシグマの捨て身の攻撃でガルゴスは破壊され、逃亡を図るも彼を討ち果たさんとするテラルに追いつめられる。進退窮まった彼はテラルの正体を暴露し、心の弱みに付け込んで逃れようとするが、駆けつけた壇闘志也とテラルの協力によって再び追いつめらてしまい、テラルを射殺するも、最後は闘志也の銃撃を受け絶命した。

射殺される直前、死に物狂いで攻撃するも、闘志也には全く命中しなかった。[1]

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。寺島幹夫氏が役者として引退していたこともあり、藤原啓治氏が代役を担当。ヒューギガットラーブッチャーベガ大王ら、名だたる悪役揃いのスカルムーン連合の中でも抜群の存在感。原作同様に卓越した手腕で連合の主導権を握る。また、本人とガルゴスの戦闘能力も極めて高い。
最期はS-1星の民を盾にしたことがガットラーの怒りに触れ彼に撃たれた後、闘志也達の一斉射撃を受け死亡する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

Z
集中鉄壁狙撃直撃熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Z
底力L9、戦意高揚気力+(ダメージ)カウンターL8、見切り指揮官L4

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+20%/反撃時の攻撃力+10%
Z』で採用。

人間関係[編集]

テラル
正体を知っており、失脚に追いやる。原作では彼(彼女)を射殺するが、Zでは彼(彼女)と闘志也に撃たれて引導を渡された。
ダルトンメサ
部下。
壇闘志也
最後は直接対決し、彼に撃たれ引導を渡された。
風見博士
自分達の元に降ってきた時は流石に驚きを隠せなかった。地球を裏切った彼を迎え入れるが信用はしておらず、最終的に捨て駒にする。Zではそれなりに信頼していた模様。

他作品との人間関係[編集]

キラー・ザ・ブッチャー
Z』での同盟相手。初対面時早々に意気投合。この極悪コンビの結成にテラルやガットラー、ベガ大王は余計警戒心を強くすることに。
ベガ大王
『Z』での同盟相手。
ヒューギ・ゼラバイア
『Z』での同盟相手。どういう経緯か彼と知り合い、彼をスカルムーン連合に加えるパイプ役に。
ゼオ・ガットラー
『Z』での同盟相手だが、その非道さを危険視されていた。ZEUTHに敗れ去った後、共に再起を持ちかけるが、S-1星の民を平然と楯にしようとしたため撃たれてしまう。
黒のカリスマ
ガガーンを唆してニュートロンスタンピーダーを渡し、地球を死の星にさせようと企んだ。

名台詞[編集]

「バカモノ!」
部下を叱責するときの台詞。なのだが何故かもろに『科学忍者隊ガッチャマン』のベルク・カッツェ調のトーンとセリフ回しになっている[2]
「企む? 何をおっしゃいます。この攻撃は正当防衛かと。テラル閣下こそ、闇雲に我々を攻撃なさった、致し方なく我々も応戦したまで」
過去に着いた早々、味方である筈のエルダー軍基地に攻撃を仕掛けた事を批難したテラルに対し、余裕の態度で言い放つ。
「良かったな。今日も美味い生肉がご馳走だぞ… フフフフフ…」
自身に非礼を働いたエルダー兵ダルトンに射殺させ、自身のペットであるロットバードに言った台詞。気に入らない部下は即座に処刑するというガガーンの冷酷さが表れている場面の一つ。
「偉そうに頭ごなしに好き放題言いおって…元老院の権威など、私がトリニティエネルギーを持ち帰れば… 一瞬にして吹き飛ぶ物を!」
元老院との通信の際、地球側の猛攻撃を受ける2300年のエルダー本星の現状を見せられ、トリニティエネルギーの奪取に成功しない事を非難されて降格をちらつかされた際の台詞。過去の地球侵攻軍では独裁者同然のガガーンだが、エルダー全体から見れば中間管理職である事を窺わせる。
「お前がトリニティエネルギーを封鎖したという事がまだ信じられんのだ。そして、お前という男も信じられん」
降っておきながら無礼な事を喚き散らす風見博士に対して。実に正論である。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ば、馬鹿めが…! 私とお前が組めば、この宇宙を支配する事も出来ただろうに…」
Z』にて。ガットラーに撃たれた後のセリフ。
「ぐわああああああっ!!」
『Z』における断末魔。ガガーンはスカルムーン連合の幹部の中で最も惨めな最期を遂げた。

搭乗機体[編集]

ガルゴス

脚注[編集]

  1. これに関してはまるで何かが干渉して闘志也に味方しているようにも見えるためか、『Z』のキャラクター事典で言及されている。
  2. TV版の声優、寺島幹夫氏はベルク・カッツェを演じる時は中性的な甲高い声で演じていたが、ガガーンを演じた時は男性的な低い声で演じていた。