トリニティエネルギー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

トリニティエネルギー(Trinity Energy)とは、『宇宙大帝ゴッドシグマ』に登場するエネルギーで、ゴッドシグマの動力。

概要[編集]

風見博士が発見・開発した超エネルギーで、イオで採掘される鉱石「イオニウム」を利用し、空間の歪みを発生させることでこのエネルギーを取り出す。 250年後の未来ではこれを使用して地球人がエルダー本星を侵略しており、エルダー側がこれに対抗するエネルギーを見つけ出そうとした結果、タイムワープ航法を生みだすという偶然が起きたことが物語の始まり。

取り出せる量はイオニウムの総量に比例し、貯蔵量も限られる。また、ゴッドシグマが合体する毎に消費するため、随時補給線を整えておく必要がある。風見博士は悪用を防ぐために貯蔵法・製造法とパスワードを自分の胸に留めていたため、彼が裏切った後にジュリィがパスワードを見つけ出すまでの間、ゴッドシグマは未曽有の苦戦を強いられることとなった。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z

関連用語[編集]

次元力
Zではこのエネルギーに近いものとして扱われている。