ゴッドΣグラヴィオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゴッドΣグラヴィオン
読み ゴッドシグマグラヴィオン
登場作品 超重神グラヴィオンZwei
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 対ゼラバイア専用戦闘ロボット
パイロット クライン・サンドマン
テンプレートを表示

ゴッドΣグラヴィオンは『超重神グラヴィオンZwei』の登場メカ。

概要[編集]

G因子を解放したクライン・サンドマンこと、ジーク・エリクマイヤーが搭乗するゴッドグラヴィオン。グランΣをベースに、各グランディーヴァが合神した姿である。機体色は白と黒がベースに変更されており、かつて破損した左目は修復されないままになっている。ゼラバイアとの最終決戦に投入された。

各グランディーヴァは、有人操縦時より合神時の性能がダウンするグランファントムシステムで稼働しているにもかかわらず、ベースとなったグランΣの性能とサンドマンの天才的な操縦技術の相乗効果により、グランナイツ6人が登場したゴッドグラヴィオンに匹敵する戦闘能力を発揮した。

さらに、ソルグラヴィオンをベースにゴッドΣグラヴィオンが分離しアルティメットグラヴィオン」へと最凶合神する(『Z』の戦闘アニメではゴッドΣグラヴィオンがベースになっている)。

本機に限らず、グランΣをコアとするグラヴィオンは、なぜかやたらと腕を組むポーズが多い。

構成機体[編集]

グランΣ
グランディーヴァ(Gアタッカー、Gドリラー、Gストライカー、Gシャドウ)

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。原作 / ifルート53話で参戦。初登場時に『宇宙大帝ゴッドシグマ』の壇闘志也が「ゴッドシグマグラヴィオンだと!?」と驚きの声を上げる。ゴッドシグマ援護時の特殊台詞や、風見博士ガガーンと戦闘した時の専用メッセージもちゃんと用意されている。ゴッドグラヴィオンとほぼ同等の性能だが、精神コマンドがサンドマン一人分しか使えないのが決定的な違い。だが彼は最初から天才援護攻撃Lv4・連携攻撃を所持しており、更にを両方一人で使用できるため、戦闘力はソルグラヴィオンと比較しても引けを取らない。なお、ゴッドグラヴィオンやソルグラヴィオンから改造段階は引き継がれない。参入時は3段階改造済み。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇

装備・機能[編集]

武装の殆どはゴッドグラヴィオンを踏襲したものとなっていて、使い勝手もほぼ同じ。ただ、原作ではグラヴィトンランサー以外の武装は使用していない。ソルグラヴィオン同様最初から合神済みでの出撃となり、重力子臨界は存在しない。

『Z』での戦闘アニメはゴッドグラヴィオンに準じているが、演出の所々に違いがある。恐ろしいまでにとどめカットイン演出が充実しているのが特徴で、ライフル、クレッセント、ランサーを使用するとサンドマンのカットインが入り、トルネードパンチで撃破すればテセラチュイルマリニアのオペレーターメイド三人衆のカットインが見られる。更に、超重炎皇斬でもアルティメットグラヴィオンへの合神時とトドメ時にサンドマンのカットインが入る。

乗っているのがサンドマンなので、機体による司令ポーズも披露する(グラヴィトンランサーのトドメ演出の他、超重炎皇斬の最凶合神前に「斗牙、エルゴフォームだ!」の声と共に行う)。

武装・必殺武器[編集]

グラヴィトンミサイル
脚部のGアタッカーからミサイルを発射する。
『Z』ではTRI武器。
グラヴィトンプレッシャーパンチ
腕部のGドリラーを発射する。
『Z』ではPLA武器。
グラヴィトンライフル
Gストライカーから射出する中口径ライフル。但し形状は長銃身の拳銃。
グラヴィトンソード
胸部の宝玉の装飾を柄にしたソード。重力子を纏わせて使用する。
グラヴィトントルネードパンチ
腕部のドリルを展開して放つ。
『Z』ではゴッドグラヴィオン版同様にバリア貫通効果がある。この武器で敵にとどめをさすと、スパロボ史上でも極めて特殊なカットインが入る(通称・トドメイド)。流石サンドマン様。このカットインは原作でヒューギの影に怯えていたサンドマンが復活した時のもの。ただし『Z』のグラヴィオン系共通で、弾数が2しかない。なお、原作では未使用だが、下記のとおりドリルを使う描写はある。
グラヴィトンアーク
胸部から広域エネルギー波を放つ。
全体攻撃
グラヴィティクレッセント
胸部の装飾に重力子エネルギーを加え、ブーメラン状に使用する。
グラヴィトンランサー
ソルグラヴィオンの本格起動に伴い、使えなくなった超重剣の代用品。両腰から二本の柄を連結して、重力子エネルギーをソード状にする。原理はグラヴィトンソードと同じだが、威力は桁違い。
当たった時と外れた時の2種類カットインを持つシリーズ初の武器。ただ、サンドマンの能力が優秀すぎるため、外すのは難しい。このカットインは『ZSPD』のパッケージ裏面に戦闘写真として載っている他、同作のビューワーで見られる。単体攻撃では最強なので、援護攻撃再攻撃が強烈。だがEN消費もかなり激しいので、EN改造やEセーブは必須と言える。

スパロボ未登場の兵装[編集]

本編で使用した武器はすべて再現されているが、ゴッドグラヴィオンと武装が同じであるため、グラヴィティバルカン・グラヴィトンレーザー・グラヴィトンバスター・グラヴィトンヴァイパー・グラヴィトンクラッシュも使用可能と思われる。各武装についてはゴッドグラヴィオンの項目も参照のこと。

神剣バルムンク
正確には本体であるグランΣの武器。サンドマンが持っている杖と同じ形をしている。元々はDVD-BOXのボックスアート用に書き下ろされたものなので本編未登場。

合体攻撃[編集]

超重炎皇斬
本来はアルティメットグラヴィオンの技で、ゴーマを一撃で葬り去った。
スパロボではソルグラヴィオンとの合体攻撃に組み込まれている全体攻撃ソルグラヴィオンが分離してゴッドΣグラヴィオンと最凶合神してアルティメットグラヴィオンとなった後、金色に輝き、火の鳥となって敵を一刀両断する。使用時は、戦闘BGMを変更していても『嘆きのロザリオ』になる。

特殊能力[編集]

剣装備
左腕部のドリルを展開して切り払いを行う。これは登場時攻撃を受けそうだったグラントルーパーフェイ・シンルー機)をかばったシーンが元になっている。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

カスタムボーナス[編集]

最大HP+500,最大EN+100
第2次Z再世篇』で採用。

機体BGM[編集]

嘆きのロザリオ
『超重神グラヴィオン』OPテーマ。超重炎皇斬の使用時もこのBGMに。

メモ[編集]

ゴッドΣグラヴィオンのイメージや武装は大張正己氏が演出スタッフとして参加した「勇者シリーズ」をモチーフにしている。具体的には……