カイメラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

カイメラ(Chimera)とは、『スーパーロボット大戦Z』に登場するオリジナル敵組織。

概要[編集]

多元世界の今後を憂うエーデル・ベルナル准将によって結成された新連邦軍特殊部隊。また、情報ネットワーク「UN」を創設した。

数多くの機動兵器を所有しているが、実質メンバーは5人のみで、後は全て無人機である。

所属する隊員は、ツィーネを除いて全員ジ・エーデルから強い精神制御を受けており、装着している隊員証にも持ち主の欲望を増幅させる効果があるとされている(本編での余りにも極端な言動は精神制御による影響と思われる)。

当初はZEUTHへの協力体制をとっていたが、裏ではUNにより情報操作を駆使してZEUTHを分断させる。更に情報操作を利用して人民の信頼を得て多元世界の統治を目論むものの、軌道エレベーターの戦いでZEUTHに倒され壊滅する。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
今作のオリジナル敵組織。表立った破壊工作などを行わずにプレイヤー部隊に対して裏で手を引くという辺りが異例だったが、何よりも構成員の大半が二面性を持つアブノーマルな変人ばかりだったと言う事が大いに話題になった。そのため巷では「変態部隊」「変人集団」「芸人集団」などと呼ばれることもある(そもそもの設定コンセプトが「超絶変な人軍団」)。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
AGによって、カイメラの存在が御使い打倒計画の一環であったことが明かされる。

構成員[編集]

エーデル・ベルナル
カイメラの指導者。聖女とも称される穏やかな女性だが、実際はヒステリックかつ傲慢。それ以外にもとある秘密がある。
レーベン・ゲネラール
一番隊隊長。ZEUTHへの潜入任務を行った。元々は女性に免疫がないウブな草食系好青年だが、ジ・エーデルの精神制御を受けた結果、女性を徹底的に憎悪するようになってしまう。
シュラン・オペル
二番隊隊長。情報操作を主な仕事とする。クールかつ理知的だが、ある事がきっかけで感情を爆発させる。
ツィーネ・エスピオ
三番隊隊長。露出度の高い服装をしており口調もサディスティックなものが多いが、メンバーの中で最も常識的な人物。まともな服装をして口調を改めれば、普通にイケてる大人のお姉さん(だと思われる)。「一見変態だが実は常識人」という意味では、他のメンバーとは逆方向で二面性を持っているといえる。後々にスタッフからも「この人が一番まともだった」と評価されるほど。
ジエー・ベイベル
カイメラお抱えの科学者で技術士官。その外見もさることながら、恐ろしい程のハイテンションぶり。実は

協力者[編集]

アサキム・ドーウィン
カイメラへの協力姿勢を見せる青年。

所有兵器[編集]

コルニクス
カイメラの無人偵察機として量産されている機体。カラスがモチーフとなっている。
レクス・コルニクス
コルニクスの強化版。色が白になっているが、これはとある人物の趣味とのこと。
カオス・レオー
レーベンの搭乗機。獅子をモチーフにしている。
レオー
カオス・レオーの量産型
カオス・アングイス
シュランの搭乗機。蛇をモチーフにしている。
アングイス
カオス・アングイスの量産型。
カオス・カペル
ツィーネの搭乗機で、次元力のテスト機としての側面も持つ。山羊をモチーフにしている。彼女自身はこの名を嫌い、エリファスと呼ぶ。
カペル
カオス・カペルの量産型。
レムレース
エーデル・ベルナル専用の超大型機動兵器。カオス・レムレースの試作型。絶大な戦闘力を誇るが、次元力を応用した能力は搭載されていない。
レムレース試作型
レムレースの試作機。この機体のテストのため013特命部隊を結成させる。
カオス・レムレース
レムレースの完成型と言える超大型機動兵器。限定的ながら、次元力を応用した能力を使用出来るため、「人造のスフィア」と言ってもいい機体。

関連用語[編集]

UN
新地球連邦

余談[編集]

  • カイメラとはキメラの英語読みである。機体のモチーフも、そこから来ているものだと推測される。
  • 攻略本での寺田プロデューサーへのインタビューによると、元々は「表の性格」だけしか設定されてない分りやすいキャラクターたちだったのだが、「もっと個性的なキャラにしてくれ」とライターにリクエストしたことで「裏の顔」が追加されてしまったということ。ただし、ジエー博士だけは「表の顔」の方が後からの追加要素である。