カオス・レオー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カオス・レオー
外国語表記 Chaos Leo
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 田野邊尚伯(PLEX)
分類 人型機動兵器
全長 34.5 m
重量 66.4 t
開発者 ジエー・ベイベル
所属 新地球連邦軍カイメラ隊
パイロット レーベン・ゲネラール
テンプレートを表示

概要[編集]

カイメラ隊隊一番隊隊長レーベン・ゲネラールの機体。

獅子を模した人型をしており、両腕の巨大な爪からも分かるとおり、接近戦を得意とする。レーベンの気迫がそのままダイレクトに機体へと伝わる。機体のモチーフが獅子であるだけに、ストーリーの中盤でレーベンが獅子身中の虫の如くZEUTHを裏切ったのは何とも皮肉な話である。

なお、肩の部分に付いている爪のようなパーツは隠し腕であり、後述の「バーン・レオン・グラップル」を使用時にデビルガンダムのデビルフィンガーの如く肩から隠し腕が伸びて相手に攻撃する(相手に回避されると肩から伸びている様子が分かる)。

「レオー」とはラテン語で「獅子」。機体の開発目的はガンレオンから傷だらけの獅子を奪取する事であり、機体デザインも後に開発されたジェニオンと同様に収斂進化を狙ったものである。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
味方の時は特機の性能を持ち、無改造でもかなりの打たれ強さを持つ為、主に援護防御による壁役となる。また、バーン・レオン・グラップルの性能も良く、自軍に残らないのが悔やまれる高性能機。一方、敵として相対する場合は、打たれ強さに磨きがかかり、移動後に使用可能なマップ兵器も加わるが、全体的に短い武装の射程が仇となり、カイメラ隊の3機の指揮官機の中では最も対処しやすいといえる。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
013特命部隊の一員として、主力を務める。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

トルネード・セイバー
機体を回転させて、その爪で引き裂く。射程1~2の自機中心型のマップ兵器。敵対時に追加される。射程が致命的に短い為、カオス・レオーを取り囲んだ状態でプレイヤーフェイズを終了しない限りはまず使用しない。
セイバー・クロー
両腕の爪を伸縮させて引き裂き、止めに腕の爪で直接打撃を与える。PLA武器。
ニードル・ラッシュ
背中から牙の形を模した針を連続放射する。トライチャージ武器。
バーン・レオン・グラップル
レーベンの闘志が機体全体へと伝わり、打撃の後に肩の隠し腕で空中に放り投げて、更に腕で切り裂き、カオス・レオー全体がレーベンの闘志が具象化した「獅子」のオーラとなり、そのオーラと共に敵に牙を剥く乱舞技。「獅子咆哮、超炎轟爆」という名乗りの台詞がある。

特殊能力[編集]

EN回復(小)
オールキャンセラー
全ての状態変化を無力化。直撃でも無力化は不可能。
対精神攻撃

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「BATTLE CHOIR」
味方時のデフォルト戦闘BGM
「獅子奮刃」
敵対時のデフォルト戦闘BGM。イントロがカイメラ全体に共通。

対決・名場面[編集]

VSガンレオン
47話「俺達の行き先」で、シュロウガと対峙するガンレオンに対し死角から襲い掛かった…だがランドはレーベンの正体を察しており、カオス・レオー自慢の爪はジャレンチに受け止められてしまった。
VSバルゴラ・グローリー
47話「カウント・ダウン」にて。並行世界の仲間と戦うことを強要された挙句レーベンに裏切られ、セツコは心もろとも愛機をズタズタに裂かれる。結果、セツコと「悲しみの乙女」との同調はさらに進むことになってしまう。

関連機体[編集]

レオー
カオス・レオーの簡易量産型。
ガンレオン
ジェミニアに対するジェニオン同様、傷だらけの獅子のスフィアを奪うことがカオス・レオーの真の開発目的である。