レーベン・ゲネラール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レーベン・ゲネラール
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 千葉一伸
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 カイメラの若獅子
種族 地球人
性別
年齢 20歳代
髪色 金髪
所属組織 新地球連邦軍
所属部隊

カイメラ隊

  • 一番隊
役職 隊長
軍階級 大尉
テンプレートを表示

レーベン・ゲネラールは『スーパーロボット大戦Z』の登場人物。

概要[編集]

カイメラ隊の一番隊隊長。エーデル・ベルナル准将の命により、カオス・レオーを駆りZEUTHと共に戦う。

生真面目な性格かつ爽やかな笑みが特徴の好青年であるが、重度の女性恐怖症を抱えており、女性を前にすると途端に動揺してしまう。但しエーデルだけはその対象外であり、彼女のためならどんな事でも行う覚悟を秘めている(その忠誠は後述の発言通り、尋常なレベルではない)。

だが、彼の正体はZEUTHを探るために派遣された工作員であり、正体を明かした際には、病的なまでに女性を憎悪する醜悪で残忍な本性を露にする。UNターミナル前でのZEUTHとの最終決戦においては、顔に戦化粧を施し最強の敵と認めて迎え撃ったがあえなく敗れた。死ぬ直前にジエーからエーデルの秘密を聞かされ、狂気の中で乗機のカオス・レオーと共に果てる。

なお、彼が女嫌いになった原因が、ツィーネ曰く「少年時代のトラウマ」であるらしいが、その詳細は不明。しかし、実はレーベンやシュランは元から狂的な言動をする様な人物ではなかったらしく、元は初心な草食系に過ぎなかった所、ジ・エーデル・ベルナルによって身に着けている隊員証等に施されていた「細工」が原因で、内側に抑圧されていた「感情」を暴走させられた結果、現在の狂気染みた人物になってしまったとされている。その点を踏まえると、レーベンやシュランもまた、ジ・エーデルによって歪められた哀れな犠牲者であったと言える。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
序盤でスポット参戦の後、中盤で乗機のカオス・レオーと共に正式参入、援護防御させるといい働きをする。但し、後半で当然ながら離脱。尚、カオス・レオーにかけた改造費などは返ってくるので安心(経験値は戻らないので注意)。敵の時は能力値が上がっているが、カオス・レオーの射程が短いので戦いやすい相手ではある。最終決戦時にシュランから倒すと怒りの精神コマンドを使用する。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
親友のシュランと共に013特命部隊に配属となり、部隊の一員としてシュロウガの追跡任務を実行する。普段は例によって好青年を装っているが、シュランとの密談時やコックピット内では時折本性をあらわにする。ランド編、セツコ編の追加シナリオにも味方として登場し、シークレットエピローグでも名前が出てくるなど割と優遇されている。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
アナ姫の会話で存在が語られる。主人公クロウ・ブルーストも女嫌いを自称しているため、その後もたびたび悪い比較対象にされる。自業自得ではあるが。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
中盤の日本ルートでランドが「ライオンが被っている奴」として思い返していた。また、終盤でもAGの口からシュランと共に名前が出てくる。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

実は敵でも味方でも基本能力が同じで、口ほどには強くない。

精神コマンド[編集]

Z
味方時
直感努力加速気迫熱血
敵時
直感努力気迫熱血勇気
加速の代わりに勇気を得る。

特殊スキル[編集]

Z
味方時
底力L9、援護防御L3、気力+ (ダメージ)
カオス・レオーが頑丈なので防御要員としてはなかなか。
敵時
底力L8、カウンターL7、闘争心戦意高揚見切り気力限界突破
気力が上がりやすいのと頑丈なのが取り得。気力限界突破は第59話の決戦仕様で追加。
ちなみにデータ上では底力は9、カウンターは8まで上がるが、そのレベルに達することはない。

隊長効果[編集]

Z
男性への攻撃力+20%・女性への攻撃力-20%
味方時。と同一。女性の敵と接する機会はそれなりにある。
女性への攻撃力+20%
敵時。男キャラへの攻撃力は下がった。

パイロットBGM[編集]

「BATTLE CHOIR」
味方時のデフォルト戦闘BGM
「獅子奮刃」
敵対時のデフォルト戦闘BGM。イントロがカイメラ全体に共通。

人間関係[編集]

シュラン・オペル
同僚。レーベン曰く心の友と評するほどの間柄で、平常時の素の性格と思しき「情に厚い愚直な熱血青年」としての一面で接している数少ない相手の一人。しかし、彼自身は…?
ツィーネ・エスピオ
同僚。当然ながら心を許してはいないが、他の女性キャラに対する物言いと比べると、まだマシともいえる態度で接していた。
エーデル・ベルナル
上官。女嫌いである彼が唯一心酔する女性である。それ故にジエーから彼女の秘密を知らされた際には、かなりのショックを受けて錯乱してしまった。
ジエー・ベイベル
カイメラの技術顧問。しかし、彼から囁かれた一言により、死に際に錯乱してしまう。その最期を、彼の正体であるジ・エーデルは嘲笑った。
ジ・エーデル・ベルナル
ジエーの真の姿。レーベンの最期を嘲笑した。
ランド・トラビス
レーベンの言動に疑惑を持ち、薄々ながらスパイとして送り込まれてきていることに気付いていたが、裏切るまでは素知らぬ顔で接していた。
裏切りイベントではレーベンの不意打ちを撥ね退けた挙句、雑魚扱いする。ランドがレーベンの本性を評して曰く「ブチギレ外道」。
メール・ビーター
本性を現した際には、エーデルの名を口にした彼女に対して「ドチビ」「チンクシャ」と罵った。
セツコ・オハラ
元々素直な性格で、しかも、チーフトビーを失い心を痛めていた彼女は、残念ながら気付かなかった。
クロウ・ブルースト
面識はないが、彼も「女嫌い」を自称しているのでたびたびZEUTHメンバーにレーベンと比較されている。
もっとも、彼は口で言うほど女性を嫌っているようではない(少なくともレーベンのような女性に対する狂的な憎悪はクロウには見られない)ので、レーベンに比べるとはるかに好意をもたれており、当初警戒していたZEUTHメンバーも警戒を解いている。

版権作品との人間関係[編集]

ギルバート・デュランダル
アウトサイダー側ZEUTHザフト側ZEUTHへの敵意を悪化させるべく、デュランダルの対応が遅れる形でミネルバにチラム防衛へ向かわせたのは、「プラントの正当性を世界に示す為のデモンストレーションに過ぎない」と評しているが、謀略家であるデュランダルの場合は、むしろ事実である可能性が高い。
キラ・ヤマトカガリ・ユラ・アスハマリュー・ラミアス
ザフト側ZEUTHの敵意を悪化させるべく、アークエンジェルのクルー達を「賢人会議の反対派」であると示唆する。タイミングの悪い事にこの直後、新地球連邦の賢人会議反対派によるアークエンジェルの捏造報道が行われてしまい、数回における無茶な行動があったとはいえ、アークエンジェルのクルー達は、ザフト側ZEUTHにアウトサイダー側ZEUTHとの対立責任まで押し付けられ、全面非難される結果に。
桂木桂
女好きということでレーベンとは対照的な存在。桂からの専用台詞もある。理由も正反対とはいえ彼と全く同一の小隊長効果を持つのは皮肉としか言いようがない。
ガロード・ランゲイナー・サンガレントン・サーストン
最終決戦でZEUTHに敗北した際、恋愛少年団である彼らから色々と叩かれてしまう。
シンシア・レーンアネモネ
013特命部隊で行動中、二人の口論に首を突っ込み戦慄することとなる。

名台詞[編集]

本性を現わす前[編集]

「レーベン・ゲネラール、行きます!」
味方時の戦闘台詞。ガンダムパイロットにふさわしいほどの凛々しさである、この時点では。
「く、来るな! これ以上近づくと攻撃するぞ!」
「女だから怖いのか、この迫力が怖いのか、わからないが…と、とにかく、この人は苦手だ!!」
ランド編第33話「ロンリー・ラナウェイ」に於けるグレタとの戦闘前会話より。本性で戦っていたら、今頃どうなっていたことやら…。
「君達に勧告する。これ以上の狼藉は、然るべき機関に連絡し監察官の派遣を要請するぞ」
ランドルートの第47話(彼が裏切るシナリオ)より。連邦軍の威を借りてレントン達に絡んできた不良軍人に対して、堂々と一喝したときの台詞。
この時までは結構頼りになっていたのだが…。
「じょ、女性は怖い…! やっぱり怖い…!」
味方時に、女性からダメージを受けた際の台詞。何ともお茶目だと思っていたら…。

本性を現した後[編集]

ランドさん(セツコさん)………死ねぇぇっ!!」
主人公に不意打ちを仕掛けた際の台詞。甘いマスクの好青年の化けの皮が剥がれた瞬間である。ちなみに、薄々正体に気づいていたランドにはあっさりと防がれてしまった。
「お前達……全滅だぁぁぁぁぁ!!!」
トライチャージ時の台詞。あの作品のOPテーマを意識したのだろうか…?
「クソアマがっ! お前ら全員まとめて駆除だ!!」
「女! 女! 女ぁ! があああああっ!!」
「女ぁぁっ! くたばれぇぇっ!!」
女性からダメージを受けた際の台詞。この変わり様には驚く。
「何がエウレカだ! この俺のエーデル准将への想いの方がお前よりも千倍は強いわ!」
第47話「俺達の行き先」に於けるレントンとの戦闘前会話。なんとも大人気ない張り合い。
「それは、この俺の中にたぎる、エーデル准将への忠誠心だ!」
ZEUTHの面々からレクイエムのような大量破壊兵器に勝る切り札があると答えたときのセリフ。さすがに聞いたときは誰もが呆れるばかりであった。マシューには「完全にイッちまってやがる」と狂人扱いされ、ロジャーには「ここまでくると最早病気の質だろう」と評されてしまう。
「…言っておくぞ、ツィーネ。俺にとって、この世界で女性はエーデル・ベルナル准将ただ一人でいい」
「それ以外の女など、死ねばいいと思っている。一人の例外もなくな」
終盤でツィーネに「エーデル准将の前では忠実な犬」とからかわれた際に彼が返した反論。感情の起伏が激しいレーベンにしては珍しく静かな怒りを露わにしていた。
「ブタは飼われてるのが一番幸せなんだよ!」
軌道エレベーターでの決戦で、ZEUTHの面々に対して。最もレーベン自身が「(エーデルに)飼われて幸せを感じてるブタ」そのものなので「お前が言うな!」とツッコミを入れたくなる。
決戦時、ランドには「そんな野郎は獅子じゃねえ!頭の中が空っぽの飼い犬だ!」と評されている。
「シュラン、貴様っ! 俺を騙していたのか!?」
「許さんぞ、シュラン!! ZEUTHと共に貴様も八つ裂きにしてくれる!」
軌道エレベーターでの決戦で、シュランを先に倒した場合のみ発言する台詞。レーベン自身はシュランを今まで親友だと思っていたが、レーベンを軽蔑していた部分を剥き出しにしたシュランからは「そう思っているのは君だけだ」と本音を浴びせられて…。
「シュラン!! うおおおおおおおおおっ!!」
「シュラン…! お前は俺の友だ…永遠にな!」
「エーデル准将の新世界とお前のために俺は戦う!!」
シュランが先に死亡したときの台詞。上記の場面で一度はシュランに激怒するも、彼が死の直前に本心(レーベンの愚直さを軽蔑しながらも憧れていたこと)を明かして戦死した際には、彼の死を嘆いていた。
「黙れ、女! てめえごときが俺に説教すんじゃねえ!」
「てめえのような強い女は許さねえ! エーデル准将の作る世界に生きてちゃならねえんだよ!!」
セツコルート第59話より。エーデルに依存する生き方をセツコに否定された時の反論。
最後までセツコを敵視していたが、彼女を「強い女」と評した事がレーベンの心境の複雑さを物語っているのかもしれない。
「俺のエーデル准将への愛が、お前達を叩き潰す!!」
第59話の決戦で敗れ、なおも食い下がる時の台詞。しかし、「そんな愛が認められるものか」と少年恋愛から否定されてしまう。
「フ…フフフ…」
「フフフ…ハハハハハハハハ! アハハハハハハハハハ!!」
「アヒャヒャ! ヒャーハッハッハッハ! 俺は…俺はあああああああっ!!」
「エーデル准将っっっ!!」
終盤での決戦でZEUTHに敗北した際にジエーからエーデルの正体を聞かされた時の彼の反応…と同時に彼の死に際の絶叫。
彼の死後、アムロからは今までの凶行を「弱さの裏返し」と評され、ジエーの真の姿であるジ・エーデルに至っては彼の死を「おかしかったよね」と嘲笑していた。
ちなみに、この「おかしかった」はジ・エーデルの性格上、「可笑しい」の意味ももちろんあるだろうが、「(レーベンの頭が)おかしかった」という意味もあると思われる。
「待っていろよ、ZEUTH…!エーデル准将のためにお前達には働いてもらう」
「そして、役目が終わったらこの俺が内部からズタズタにしてやるからな…!」
ZSPD』アナザーサイドレコード第5話「黒の意志」より。「013特命部隊」解散式後、ZEUTHへの接触任務が発令された事を知り、内部からの潰し合いを計るべく行動を開始する。本性を現したレーベンの邪悪な笑みを以って、「アナザーサイド レコード」の物語は幕を下ろす。

搭乗機体[編集]

カオス・レオー
実は、ガンレオンから「傷だらけの獅子」のスフィアを奪取する為の機体として開発された。

余談[編集]

  • 『Z』のキャラクター事典では「松本吉朗」と表記されているが、松本氏はシュラン役であり、互いの名前が入れ替わって誤記されている。
  • ロボ漫画作品『ジンキ』シリーズ(SRW未参戦)にはカリス・ノウマンというレーベン同様に少年時代の過去が原因で女性を嗜虐の対象にする狂気のキャラクターが登場している。レーベンとは共通点がかなり多く、彼をモデルにしていた可能性すら感じさせる。
  • 『J』における精神変調後のジュア=ム・ダルービと並ぶ、バンプレストオリジナル屈指の「狂気キャラ」の一人と言えるレーベン。一応彼の名誉のために補足しておくと、誰に対しても狂気を剥き出しにするわけではなく、親友のシュラン評して曰く「情に厚い愚直な熱血青年」が彼の素の性格であるらしく、絶対の忠誠を誓うエーデルのためには、手段を選ばない(自分の命を捨て石にすることも含めて)覚悟を決めている。