トビー・ワトソン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トビー・ワトソン
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 近藤隆
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 22歳
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 グローリー・スター
軍階級 中尉
好きなこと 多趣味であるが、オタク傾向があり。
テンプレートを表示

トビー・ワトソンは『スーパーロボット大戦Z』の登場人物。

概要[編集]

セツコがいた世界のトビー・ワトソン[編集]

地球連邦軍の戦技研究班グローリー・スターの隊員。コールサインは「スター2」。

元々は別部隊の配属された軍人であったが、デンゼル・ハマーの査定によりグローリー・スターの一員となる。その腕前は確かで、近接戦闘を得意とし、冷徹に追い詰めていく。バルゴラ2号機の「ガナリー・カーバー」に装備された近接武器「バーレイ・サイズ」を自在に操る。陽気で口数が多いが、他人とはいざこざをする面などからチームのムードメーカーである。

新たにチームに配属されたセツコ・オハラを面倒良く見ていき、彼らに噛み付いたティターンズを一蹴する発言をする。この件からか、セツコはトビーに恋心を抱くこととなる。軌道エレベーターでの戦闘で隊長のデンゼルを失い、彼もまたセツコと離れ離れとなるが、多元世界で再会となる。再会までの間にチーフ・デンゼルの命を奪ったのはアサキム・ドーウィンという男であると知り、彼のシュロウガと何度も交戦していたことが語られる。そしてある時、セツコと共にデンゼルの仇を討つべく、アサキムの誘いに乗って対決する機会が訪れる。

だが、その時点でのトビーとセツコのバルゴラは、アサキムのシュロウガにとっては敵ですらなかった。シュロウガのトラジック・ジェノサイダーにより両バルゴラは破壊され、トビーは戦死してしまう。セツコに対してはアサキムが故意に手加減したため、機体は大破しながらも一命を取り留める。トビーは、セツコの内なる悲しみを引き出し、バルゴラ1号機のガナリー・カーバーに搭載された悲しみの乙女のスフィアを共鳴させるべく、アサキムに贄とされてしまうのであった。

ご丁寧にもキャラクター事典の最後で「故郷に婚約者がいる」と書かれていたため、その運命はプレイヤーからも予想されていた。

別世界のトビー・ワトソン[編集]

アサキム・ドーウィンにより、セツコ・オハラの存在しない可能性の並行世界からデンゼル・ハマーと共に多元世界へと召喚され、彼にセツコのバルゴラ・グローリーに戦う様抱え込まれる。そしてトビーはアサキムに疑問を抱くことなく、デンゼルと共にセツコのバルゴラと戦う。だがZEUTHのメンバーから戦闘技術を叩き込まれ、数多の出来事を経てパイロットとして格段の成長を遂げたセツコの技量は、既にトビーやデンゼルのそれを追い抜いていた。二人ともセツコの相手にはならなかったのである。

その後多元世界は修復される。元の世界へと戻れなくなってしまったトビーとデンゼルは、セツコからかつて彼女が生き甲斐としていたチーム「グローリー・スター」の結成を持ちかけられた。『ZSPD』で語られたエピローグではエグゼクターの出現により再召集されたZEUTHにそろって参加。セツコとは互いに複雑な思いを抱いていたが最終的には「ライトスタッフ」という共通点を皮切りに打ち解け、新生グローリー・スターが結成されることになった。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
プロフィールは上記参照。精神コマンドは命中系。直感を最速で覚える。隊長効果に「クリティカル率+20%」。トビーが自軍から永久離脱した時、それまで彼が獲得していたPPは全てセツコに還元される。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
ステータスは高いがバルゴラII号機ではメインで活躍させることは難しいか。デンゼル共々セツコの小隊に組みこんでやりたいところ。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
『ZSPD』以来となるZシリーズへの参戦。第47話にてソーラリアン召喚攻撃要因として参加する。本人曰く新世時空震動の際にUCWADWの住人ではなかったため、次元の狭間に弾き出されたところをトライアに救出されたとのこと。
また、キャラクター事典の紹介文から故郷に婚約者がいる」の下りが削除されており無事生存。超時空修復後は元の世界には戻らずセツコ達とともにGSコンバットアクションの研究を続けている。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

Z
直感加速集中直撃熱血

特殊スキル[編集]

Z
見切りカウンターL8、援護防御L4

隊長効果[編集]

クリティカル率+20%
Z』で採用。

人間関係[編集]

デンゼル・ハマー
別部隊の隊員であったが、デンゼルの査定によりチームの一員に。付き合いが長く、チーフと呼べるほど信頼できる仲間に。彼とは隊長と部下を超えた絆で結ばれている。
セツコ・オハラ
恋心を抱かれ、第20話の「ウソのない世界」において勢い余って、トビーと●●●をすると告白されてしまう。だが、その後の戦闘でトビーは…。ちなみにトビーに婚約者がいる事を知っているのかは語られていない。
アサキム・ドーウィン
自分の命を奪った存在。そして別世界の自分を多元世界へと召喚して己の目的に利用する。並行世界のトビーは利用された経緯からアサキムをかなり恨んでいるらしく、「クズなド外道」呼ばわりしている。

版権作品との人間関係[編集]

クワトロ・バジーナ
並行世界のトビーは、彼からのスカウトに応じる形でデンゼル共々ZEUTHに参戦した事が明かされている。

名台詞[編集]

「これはこれは…。エゥーゴに新型ガンダムを提供されたジェリド・メサ中尉殿ではないですか」
「さすがはエリート部隊!新型を惜しげもなく敵さんに渡すとはなかなかの太っ腹で…」
第1話「ザ・ライトスタッフ」より。セツコをなじっていたジェリドに対して言い放った皮肉混じりの侮辱。相当セツコを馬鹿にされたことに腹を立てていたのであろう。
「クロノスの大鎌だ…! 覚悟しな!」
「ゲットスラッシュ!」
バルゴラ2号機の「ガナリー・カーバー」の運用武器「バーレイ・サイズ」に名前を付け、止めのセリフ。このセリフはセツコに受け継がれた。
「いい機会だから、言っておくぜ。俺はトビー・ワトソンだ。お前のトビーじゃねえ」
「クズなド外道に騙されてお前を殺そうとした大馬鹿野郎なんだよ」
「眠れる脅威」でセツコに対して。セツコが以前いた「グローリー・スター」、つまりもう一人の自分を重ねられているのではないかという疑念と、自身がアサキムに利用されたという負い目が入り混じった本音。
「やるね、旦那……俺の中でリスペクトしたい男ナンバー1に一瞬で駆け上がったぜ」
「眠れる脅威」エンドデモでメールの自己紹介を聞いて。一体ランドの何が琴線に触れたのだろうか…。
「そういう安易な方法に頼んなくても、人はやっていけるんだよ…!」
「俺達を見な。最初はギスギスしてたのに、何とかチームらしくなってるだろ?」
ZSPD』でセツコ&デンゼルに追従し、安直な「斬り捨て作業」を行なおうとするエグゼクター開発者への不快感を吐き捨てた後、ブラックオーバーマンに「人間の意識改革」のモデルケースとして自分達「新生グローリー・スター」の存在を指し示す。
「輝いてるぜ、チーフ。頭頂部以外も!」

搭乗機体[編集]

バルゴラ・2号機
トビーの乗機。「ガナリー・カーバー」にセットされた固有試験武装は「バーレイ・サイズ」と呼ばれるビームサイズ。