レムレース

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レムレース
外国語表記 Lemures
登場作品

バンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
ラストボス
テンプレートを表示
スペック
分類 DEMシリーズ
型式番号 DEM-01
全高 120.3 m
重量 789.3 t
開発者 ジエー・ベイベル
所属 カイメラ隊
主なパイロット エーデル・ベルナル
黒のカリスマ
テンプレートを表示

レムレースは『スーパーロボット大戦Z』の登場メカ

概要[編集]

エーデル・ベルナル専用に開発された機体。

多元世界で集められた技術を詰め込んだ機体であり、胸部がヤギ、腹部が、股間から脚部にかけてが獅子と、合成獣「キメラ」を想起させる外見を持つ、「カイメラ隊」を体現する機体。背中にウイングスラスター、腕にマイクロミサイルを仕込んだドリルアームを装備。開発者の趣味が出ている機体と言える。

最終決戦では黒のカリスマもレムレースに搭乗してZEUTHの前に姿を現わしたが、そのレムレースは次元力を用いてカオス・レムレースが擬態したものだった。

なお、「レムレース」とはラテン語で『幽霊』を意味する。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
最終話における前座であり、黒歴史ENDのラストボス2回行動マップ兵器の組み合わせは厄介なのだが、脱力の使い手が揃えばその脅威も無くなる。雑魚敵は素早く駆逐してから対決となる。簡単にダメージが通るので、集中攻撃を加えればあっさり落ちるだろう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武器性能自体は強力であるが、単体攻撃を持たないため、エーデルが持つ再攻撃特殊技能が全く活かせない。

ディメイションフォール1999
試作機でいうところの「極小次元震」。次元振動を発生させて相手を駆逐するMAPW。能力半減効果あり。
ディメイションメールシュトローム
虚数空間を形成して相手を駆逐するMAPW
プロミスド・ミレニアム
試作機で言うところの「全砲突撃斉射」。ドリルのカバーから無数のミサイルを一斉発射して牽制した後、煙の中に突っ込んでドリルで追撃、最後に胸部内蔵のビーム砲で消し飛ばす。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(中)
オールキャンセラー
あらゆる状態変化を無力化する。直撃でも貫通できない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L

機体BGM[編集]

「傀儡の眼神」
レムレースの専用戦闘BGM

関連機体[編集]

レムレース試作型
MAPWの有無以外はほぼ機能を同じくする。「013特命部隊」を仮想敵として実戦テストを行ったところ、開発者の思惑を外れてあっさり敗れてしまったため、改良を余儀なくされた。
カオス・レムレース
レムレースのデータを元に制作された完成型。レムレースに擬態する能力を持つ。
ジェニオン
レムレースの完成型であるカオス・レムレースを更に発展させた機体。
...「レムレース」についてさらに詳しく