2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

カオス・レムレース

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
カオス・レムレース
登場作品

バンプレストオリジナル

分類 次元力操作用戦闘型機動兵器/DEMシリーズ
型式番号 DEM-02
全長 112.5 m
重量 868.9 t
開発者 ジ・エーデル・ベルナル
所属 カイメラ
パイロット ジ・エーデル・ベルナル
テンプレートを表示

概要[編集]

ジ・エーデル・ベルナル御使いを倒すための一環として次元力を操作するために開発した、彼専用の機動兵器。カイメラの他機を集合させたような形状で、頭部は山羊、胸部が獅子、尻尾がとなっており、肩の突起にはレムレースの腕のドリルが飾ってある。周囲に三つのボールが浮かんでいるが、これは「霊魂」と呼べるもの。尚、この形状は実用的なものではなく、相手に威圧感を与えるためのもので、いわば彼の趣味であるらしい。レムレースよりも全高は低くなっているが、重量は逆に増大している。左腕にレムレースには無かった巨大な杖を所持。この杖にも特殊な機能が組み込まれており多彩な攻撃を可能としている。

レムレースでテストされた、多元世界を構成する各世界の技術を応用している。また、バルゴラガンレオンスフィアの技術も加えられており、生命エネルギーをも利用できる。彼自身は「この機体は次元力を操るための「人の手による鍵」であり、人造のスフィアのようなものである」と語っている。

並行存在の召喚、自身の肉体を並行存在と置換、さらに破壊された機体の再生など、スフィア・リアクターよりも太極そのものに近い力を行使しており、下手をするとスフィア搭載機よりもポテンシャルが高かった可能性があるが、不完全なリアクターその仲間達に敗れるという結果に終わってしまった[1]。そのためジ・エーデルは計画の見直しを余儀なくされ、エルガン・ローディックを始め並行存在たちと意見を交換しつつ暗躍を開始。最終的にこの機体のデータを大幅にブラッシュアップしつつジェミニアの要素を入れ込み、後継機であるジェニオンの開発に乗り出すことになった。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
本作のラスボス機ランド編では3体出現してHPはHARDルートではHP242400。1ターンに3体とも倒すことが条件。セツコ編では1体のみの代わり、HARDルートではHP502400。ラスボスにしては射程が短く、射程距離外からの攻撃も比較的容易。また、機体とパイロットの地形適応が最高でもA止まりで、武装の威力も全体的に控えめである。その代わり2回行動プラスマップ兵器の組み合わせが非常に危険なので、これだけには注意して戦いたい。
脱力による気力低下・かく乱による命中率減少・分析による攻撃力低下の3つが主要な対策方法となる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
後継機「ジェミニオン」のユニットアイコンとして流用されている。微妙に色が薄くなっているのが特徴。プレイヤーを驚愕させる…が、直後ジ・エーデルにとってイレギュラーな状態であるジェミニオン・レイに変異してしまうのでプレイヤーの使用は不可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

インサニティ・インヴィテイション以外の武器は、全てサイズ差補正無視効果を持つ。

ディメンションフォール2000
次元エネルギーを解放して、光線を放つ。移動後使用可能で、能力半減の特殊武器効果を持つマップ兵器
ディメンションフォールメールシュトローム
次元エネルギーを解放して、虚数空間を形成するマップ兵器。こちらは、移動後攻撃は不可能。
インサニティ・インヴィテイション
左手に持つ杖から次元力を解放。5つの杖の矛先を分離して魔法陣を形成。敵に放って打撃を与えた後、柄へと引き戻された矛先から幾つものの黒い光を放つ。
弾数99発・P属性の武器。通常使用可能な武器の中で唯一射程1に対応しているので弾数99発を全て撃ち切らせれば射程1が完全に死角となるが異常に時間が掛かる。
天獄
御使いを封印する為のシステム[2]。周囲を浮遊している人魂ユニットを杖先に集めて発火させ、それを左へ投擲。その炎が後方の空間を切り裂いた後その空間が開き、目玉のような赤い光がギョロギョロと辺りを見回し、それが指パッチンの合図で一気に拡大していくつもの魔法陣となり、そこから笑い声を伴う奇形生物を召喚。それがカオス・レムレースを戦闘に敵へと突撃し、先んじてカオス・レムレースがその中に消えた後敵を飲み込む。
その後、上空に浮かぶ別の魔法陣へ集団が突入し、その中で突撃した奇形生物が寄り集まって無数の触手を伸ばすボール状に固まり、それを目玉を持つ別の生物が食らいついて運び去り、さらに同種の生物が次々と食らい付き、また別種の生物がビームの一斉射をかけ、カオス・レムレースが杖先で叩き潰してトドメ。全体攻撃

特殊能力[編集]

HP回復(小)
セツコ編では難易度NORMAL以上、ランド編ではHARDルートのみで所持。強化された底力・防御とサイズ補正により、実際の効力は単なる(小)では収まらない。
ランド編では3体に増えているので恐ろしい事になっている。
EN回復(大)
天獄を無限に使用できる。他の武装がEN消費制では無くて良かったものである。
対精神攻撃
難易度EASYのみ所持。P系の特殊武器効果を無効化する。精神コマンド直撃でも無力化できない。
オールキャンセラー
難易度NORMAL以上で所持。全ての特殊効果を無効。精神コマンド直撃でも無力化できない。

移動タイプ[編集]

宇宙
機体の地形適応は順にA、A、B、A。

サイズ[編集]

2L

BGM[編集]

「CHIMERA」
カオス・レムレース及び、ジ・エーデル・ベルナルのテーマ。他のカイメラ系BGMと出出しのフレーズが共通する。最終決戦で流れるOPテーマのオーケストラアレンジバージョン『Crest Of “Z's”(Z.ver)』よりも優先される。

関連機体[編集]

レムレース
本機体のテストベッドとなった機体。それゆえに、パイロットも「人形」で代替している。
バルゴラ/バルゴラ・グローリー
「悲しみの乙女」のスフィアを持つ機体。本機体の分析データが用いられている。
ガンレオン
「傷だらけの獅子」のスフィアを持つ機体。本機体の分析データが用いられている。
ジェニオン
「いがみ合う双子」のスフィアを持つ機体。AGの主人格となっていた本来のジエーカイメラの機体データを基に再設計した後継機。
本来彼が想定していた最終到達点「ジェミニオン」は本機を人型にしたかのような禍々しいものだったが…

余談[編集]

  • 開発者が「因果律の番人」と語っているあたり(自称しているものの)、アストラナガンクォヴレー・ゴードンとの関係も連想される。
  • 初登場時は黒のカリスマがジ・エーデルとして正体を明かした際に、搭乗していたレムレースが形状変化を起こした時である。恐らくは次元力による事象制御の一環で外見を変えていたと思われる。


  1. 彼が戦いとその痛みを楽しむことを優先していたためにその真価を完全に発揮することはなかった点も大きいと思われる。
  2. しかし、異空間を自由自在に出入りできる彼らに対して本当に効力があったのかは永遠の謎。