クォヴレー・ゴードン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クォヴレー・ゴードン
外国語表記 Kovure Gordon
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 泰勇気
デザイン 河野さち子
SRWでの分類 パイロット
主人公
テンプレートを表示
プロフィール
異名 虚空の使者
種族 バルマー星人?(ハイブリッド・ヒューマン。異星人との混血のクローンとも言える)
性別
誕生日 10月6日(デフォルト設定)
髪色 銀色[1]
瞳の色 緑色
血液型 B型
所属 ゴラー・ゴレム隊αナンバーズ⇒独自行動
軍階級 少尉
テンプレートを表示

クォヴレー・ゴードンは『第3次スーパーロボット大戦α』の男性主人公の一人。

概要[編集]

αナンバーズロンド・ベル隊に新たに編入されることになっていた火星基地所属の新人パイロット。謎の機体ベルグバウの中で目を覚ます以前の記憶を失っている。エアロゲイターの機動兵器の襲撃などの一悶着があった後に、ロンド・ベル隊に回収され、αナンバーズの一員として活躍していく事になる。

経歴[編集]

その正体はゼ・バルマリィ帝国の特殊部隊ゴラー・ゴレム隊に所属していた「アイン」(ヘブライ語における16番目のアルファベット、16番目に製造された個体)のコードネームを持つバルシェムシリーズイルイの捕獲という秘匿任務の為にαナンバーズに潜入するはずだったが、クロスゲート内から突如出現したアストラナガンの残骸を捕獲しようとした際に、逆に機体ごと取り込まれてしまい、上記のような状況に陥ってしまった。この時、クォヴレーの顔グラは伏せられていたが、髪の色をよく見ると、クロスゲートが反応する前は蒼だったが、クロスゲートが反応すると(アストラナガンの残骸が出現する前)いきなり銀に変化する。この事からクロスゲートが反応した時点でクォヴレーは既にイングラムに乗っ取られ始めていたと思われる。本来ならアストラナガンに憑依していたイングラム・プリスケンの魂の断片に肉体ごと意識を乗っ取られる筈だったが、融合のショックで記憶を失い、その結果アインとは異なる自我が形成されてしまったために完全な融合を免れた。普段イングラムの意識はクォヴレーの中で眠っているが、危機の際には人格が入れ替わり、クォヴレーを幾度も救うことになる。その際、クォヴレー本人からは人格交代前後の記憶が消失する。

クォヴレー・ゴードンと言う名前はロンド・ベルに参加するためにゴラー・ゴレム隊で偽造されたパーソナルデータ上の名称。そのため全ての記憶を失った彼は最初に呼ばれた際には全く反応しなかった。

第3次αにおいてのストライクガンダムのテストパイロットは彼だったが、実際に乗る前にキラによるOS書き換えで実質彼以外に操縦できなくなったため同機を彼に任せることになる。

後に鹵獲されたベルグバウにアストラナガンのデータを基にして作られたパーツとディス・レヴのプロトタイプを組み込むことで新生した銃神、ディス・アストラナガンを得たクォヴレーは、己が内に潜むイングラムの意思と対話することで、その使命を受け継ぎ、αナンバーズと共に銀河の災厄たる霊帝ケイサル・エフェスと対峙する。最後の闘いの後、いつの日かまたαシリーズの世界に戻る事を戦友であるゼオラやアラド達に約束し、イングラムの役目である平行世界の番人の使命を果たす為に遥かな平行世界へと旅立って行った。

アニメ『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』では何故か平行世界の番人同士のイングラムと次元の狭間で対決していた(「鋼の戦神」のIF展開と見られている)が、アストラナガンとディス・アストラナガンとの衝突でお互い次元の狭間へと姿を消した。

その後、エアロゲイターとの戦いでユーゼス・ゴッツォに操られるイングラムの自我を解放。自身は満身創痍のSRXのパイロットリュウセイ・ダテの意識に語りかけ、自らの力を授けてSRXをDiSRXへと変化させた。このためOGsへの追加参戦も期待された彼であったが、OGs冒頭における彼らしき人物の発言によると、必要な因子が揃っていないためにまだOGシリーズの世界へ姿を現す事は出来ないらしい。

人物[編集]

基本的に冷静沈着かつ口数が少ないのでクールな性格と思われがちだが、命を賭して戦友を守ろうとするなど中々に熱血な一面も持つ(実はスパヒロのイングラムと同じ)。ただ序盤では考え方がほとんどバルシェム時と変わらず、任務を遂行する為には冷酷な判断すら機械的に迷わず下すという価値観を持っていたが、ゼオラやアラド、その他のαナンバーズの戦友たちとの交流を通して人間性を獲得していった。その出自のためか戦闘に関する知識以外の一般常識に疎く、天然ボケ的な発言が目立つ。かなり器用な性質のようで、劇中のイベントではやたらハイレベルな刺繍の腕を発揮していた。本人曰く、「教本のとおりにやればいいだけなので、簡単」らしい。序盤は「ボドルザー艦隊」「シャピロ・キーツ」「SRX」「エアロゲイター」など、バルマー戦役関連のキーワードに反応する。どちらかというと、バルシェム時代よりも融合したイングラムの記憶の方がイメージとして焼き付いているらしい。

最初に得た社会性が「仲間」であったため、αナンバーズに対しては強い信頼を寄せている。また、12話以降は自分が帝国監察軍だったことに無自覚ながら負い目を持っていたらしく、宇宙ルートでは「俺も自分が信用ならない」と述べている。また後半では時空間関連の話が出た際に意味深な無言を貫いている。

なお、他の量産型バルシェムが自我も感情も持たない人形であるのに対し、クォヴレーは「アイン」であった頃から明確な感情・自我を持っていた。これは、「虚空からの転生」で初登場した際、クロスゲートを見て独り言を言ったり、現れたアストラナガンを見て動揺し慌てるなどの言動から読み取れる。

気づかれにくいが、エンディングを迎え、OGシリーズに至っても記憶が戻っていない(バルシェム時代の記憶なので、今となってはさほど重要でもないが)。これは「スーパーヒーロー作戦」におけるイングラムへの対応であり、イングラムが過去の記憶と対峙してそれを乗り越えたのに対し、クォヴレーは現在の自分を認めることで進む、という対比が為されている。

イングラムとの関連設定[編集]

身につけているのはパイロットスーツであり、私服は持っていない。このスーツは胸部のプロテクターなどイングラムがバルマー時代に使っていたものと似ているが、ゴラー・ゴレムのバルシェム達とは全く違う(グラフィックを見る限りでは「アイン」だった頃からつけていたようだが)。出所は不明だが、デザインの意図としてはイングラムのオマージュであることの遠回しな伏線なのだろう。

イングラム、そしてイングラムの創造者ユーゼスとの関係に言及したシヴァーの戦闘台詞を見る限りでは、この世界以前から「因果の鎖」に関わっていた節があるが、後述の通り、この作品以前には存在していなかったはずの「クォヴレー・ゴードン」がどのようにして因果の鎖に関わったのかは不明。シナリオ「鋼の戦神」以降は、イングラムの記憶を受け継いだかのような台詞や独白がそこかしこに見られる。しかし、その情報にはむらがあるらしく、ヴィレッタの正体については本人から聞くまで知らなかった。オリジナルであるイングラムは「SHO」のユーゼスのクローンであるため、クォヴレー含むバルシェムシリーズは「地球人とバード星人のハーフのクローンのコピー」となる。GGGでの身体検査では、「遺伝子操作を受けて生まれてきているが、地球人と特に変わりはない」となっている。終盤のクォヴレーは、「イングラムのコピーである」「イングラムの干渉によって独自の人格を得た」「イングラムの立ち位置と使命を引き継ぐ後継者である」というように、存在の根幹にイングラムが介在している

その他[編集]

第3次スーパーロボット大戦α』発売前に寺田プロデューサーから主人公選びでお勧めとされている。シナリオの謎やバンプレストオリジナルの敵との関連性もまた、クォヴレーが最も大きく関わっている事から、第3次αの真の主人公はクォヴレーではないかと言われている。事実、『イングラムがアイン・バルシェムを取り込んだ、その結果生まれたクォヴレー・ゴードン』という人物は、あらゆるスパロボ世界でも一人しかいない。同じ本作の主人公であるクスハ・ミズハトウマ・カノウセレーナ・レシタールは別世界「ORIGINAL GENERATION」に存在している。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α~終焉の銀河へ~
彼自身のプロフィールは上記参照。初登場作品であり、パイロットとして使える現状唯一の作品。デフォルトで修得している技能が強力で、機体も強力。
プレイヤーのプレイスタイルにもよるが、『最強の主人公』の呼び声も高い。彼自身の小隊長能力と搭乗機の長射程の全体攻撃により、エネミーフェイズに反撃で敵の頭数を減らしていくのが得意で、そのプレイスタイルの場合は恐らく最強だと思われる。
逆に、プレイヤーフェイズ精神コマンドを使いながら資金や経験値を稼いだり、キャラクターのレベルを均一に上げる場合は、それほど猛威を振るわない。特殊台詞も、キャリコからの被弾時、ゲベル・ガンエデン、ケイサル・エフェスにアイン・ソフ・オウルを使用した際に僅かにある程度。大半の台詞は、没データであるイングラムの方にある。ただし、実はシヴァーの戦闘中台詞の中に密かに名前が出ていたりする。
他の主人公に比べると、細かいところで色々と優遇されている。彼のルートだけコストダウンが1つ多く手に入る(34話「虚ろな魂の捕囚」に出てくる真・龍王機が落とす)、他のオリジナル機に乗れる(没データではヒュッケバインMk-IIIに乗れる。一応アルブレード・カスタムR-GUNパワードに乗り換えられるが趣味の範疇)、終盤のステージの会話で一人だけ台詞が追加されている、など。
アイン・ソフ・オウル使用時には、イングラムを連想させる凶悪な顔グラへと変化するが、実はこれは内部データでは専用のバストアップ絵まで用意されており、ご丁寧に手を掲げる所まで描かれている。その表情や迫力は完全に悪役そのもので、最早味方キャラとは思えない程の威圧感を放っている。

OGシリーズ[編集]

今の所全てゲスト参戦に留まっている。アニメ版も含んでの経緯からするに、正式に参戦するならディス・アストラナガンに乗った状態でOG世界に出現する可能性が非常に高い。

スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
第一話冒頭からアストラナガン同士の戦闘という衝撃的な場面と共に登場し、ファンを驚愕させた。
25話で再度登場し、イングラムに自我を目覚めさせた上で枷を解くためにSRXDiSRXへと進化させ、セプタギンを撃破。その後イングラムとの邂逅の末に再び平行世界へと旅立っていった。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ Record of ATX
アニメ同様、イングラムの枷を解く為に彼に呼び掛けるが、その際の彼のシルエットは胸元のクリスタルが強調されており、ウルトラマンを意識したものと思われる。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
ゲストのサブキャラ「???」扱いで登場し、イングラムに呼びかける。「そちらに行くには因子が足りない」との事。第3次α終了後の平行世界の番人「虚空の使者」としての登場なのかもしれない。なお、内部データには陰の無い通常のグラフィックが存在し、きっちり「クォヴレー・ゴードン」名義で登録されている。なお、書き直しではなく第3次αの流用。
第2次スーパーロボット大戦OG
彼の存在が「彼奴」「黒い銃神」という呼称で示唆される。OG世界に行くための因子を揃えている途中らしいが、何と別の人物に先を越されてしまった。ちなみに搭乗機の方は内部データが存在。

パイロットステータス[編集]

同じくリアル系のセレーナと比較すると、機体性能と合わせて単機特攻型の傾向があり、敵陣に突っ込んで反撃で壊滅させる戦法では無類の強さを発揮する。一方、全体で足並みを揃えるスタイルや、防衛線を張って待ち構えるステージでは真価を発揮できない。

能力値[編集]

高い水準で平均的。射撃回避命中に秀でるが他の能力も全般的に高い。ただし防御だけは平均レベル。12話でイングラムが出て来た時は、防御SP以外の能力値が大幅に上昇し、敵ボス並みの水準に達する。格闘もそこそこ高い為、Z・Oサイズも十分なダメージが見込める。

なお、実はさりげなく敵のバルシェム達と初期能力値が同じ。この辺りが正体に関する伏線なのだが、レベル差と養成の問題でまず気付かれない。

精神コマンド[編集]

第3次α
集中加速直感熱血覚醒
SP消費は割と重め。デフォルトの誕生日(10月6日)と血液型(B型)はクォヴレーを演じた泰勇気氏と同じ。
なお、みずがめ座(1/20~2/18)のA型とO型は絶対に選んではいけない。前者は気合を2つ覚える為、後者はひらめきの消費SPが45と異様に高い為。
自分自身の誕生日と血液型を入力して、泣きを見たプレイヤーもいるのではないだろうか。特殊誕生日なら感応を撃ちまくれるため、サポートにも回れる。

特殊技能[編集]

第3次α
SP回復援護攻撃L3、集束攻撃
いきなり有用性抜群のラインナップ。候補はいくつかあるが、スタイルで決めるといい。援護役に回すなら連携攻撃、斬り込ませるなら見切りなど。気力の問題が厳しいので、気力+系も一つ欲しい。また、どのスタイルでも、Eセーブは鉄板で使える。ちなみにSP回復は初期はイングラムの人格が現れる専用技能だったのだが、キャラクター性が完全に死ぬため、差し替えられた。SP回復の方がありがたいが。

小隊長能力[編集]

回避率+10%、反撃時の攻撃力+10%
第3次α』で採用。機体の性能や戦闘スタイルに最も適した小隊長能力。ここでも優遇されている。遠近どちらもこなせるので、どの武器でも多大なダメージを期待できる。

パイロットBGM[編集]

「ANOTHER TIMEDIVER」
ベルグバウ専用BGM。タイトルからわかるように、味方時のイングラムのBGM「TIME DIVER」のリミックス曲。少し聞いただけだとわかりづらいが、主旋律の後ろでこっそり「TIME DIVER」が流れている。実際、リズムを合わせると「TIME DIVER」の歌詞で歌えたりする。
「THE GUN OF DIS」
ディス・アストラナガン専用BGM。敵時のイングラムのBGM「虚空からの使者」のリミックス。こちらは聞けばすぐわかる。
「ZEST SEVEN」
35話で一時的にヴァルク・ベンを操縦した際のBGM。ストーリー中で自由に聴けるのはこの時だけ。存分に堪能しておこう。二代目ユーゼスを表すこの曲が設定されているということは、SHOにおける「ユーゼスに対するイングラム」の立ち位置をも一部再現していると思われる。

人間関係[編集]

アイン・バルシェム
素体となった人物。
ゼオラ・シュバイツァー
最も親しい戦友の一人。部隊内では一応直轄の部下なのだが、「αナンバーズでは俺の方が後輩だ」との理由でアラド共々対等に。序盤、記憶を失って間もないクォヴレーとコンビを組むことになった。パートナーであるアラドが行方不明になり、その身を案じていたが、その彼女の一途な心はクォヴレーにも伝わった。お互いのピンチにも真っ先に駆けつけるなど、パートナーとして信頼関係を築いていった。
アラド・バランガ
最も親しい戦友の一人。ゼオラの本来のパートナーで、その連携攻撃はクォヴレーも舌を巻くほど。ゼオラとともにパートナーとして信頼関係を築いていった。しかし彼曰く「お前の言う事は難しくてわけわかんねえ……」とのこと。
イングラム・プリスケン
クォヴレー達バルシェムの基になった存在、オリジネイター。本来心を持たぬアイン・バルシェムにクォヴレーとしての自我を得る機会を作った張本人であると同時に、クォヴレーに自身の存在について苦悩させることになった原因でもある。クォヴレーの危機には意識の底から語りかけ、導いていた。逆に、DWやOGSではOG世界に来られないクォヴレーが夢の中に現れてイングラムの自我の覚醒を促す描写があり、DWではさらに直接の対話の後、それぞれ別の世界へ去っていく描写がある。
キャリコ・マクレディ
クォヴレーのバルシェム時代の指揮官。クォヴレーの中に潜むイングラムの意思を抹消し、自分が新たなオリジネイターとなるために幾度となくクォヴレーに戦いを挑んできた。
スペクトラ・マクレディ
キャリコ同様バルシェム時代の上官。一時的にフーレに彼を捕らえた際には「おかえり」と一言発した。
アルマナ・ティクヴァー
ゼ・バルマリィ帝国の姫。バルマー艦からの脱走時以来の縁。色々あって恋愛フラグが立つが、クォヴレーがフラグ・クラッシャーであった為にフラグ自体が消失した。さすがに恋愛は早かったかもしれないが、何気に彼は彼女を「可愛い女の子」と認識している。
ルアフ・ガンエデン
他のキャラクターとの戦闘前会話では常に冷笑を浮かべて相手を見下す態度を崩さない彼が、クォヴレー(というよりは、ディス・アストラナガン)相手では完全に動揺していた。
ケイサル・エフェス
負の無限力を操る真なる霊帝。平行世界の番人としての使命を受け継いだクォヴレーにとっては討つべき宿敵にして、無限の旅の最初の関門。ディス・アストラナガンに搭載されているディス・レヴとクォヴレーの持つ強念の力に興味を持ち、クォヴレーに軍門に下るよう語りかけたが、αナンバーズで生命の尊さを知った彼は拒否。負の無限力同士の対決を演じた。
エルマ
スペシャルシナリオで共演。自身の生き様に感動され、「次は人間として生まれ変わる」と誓うエルマにはさすがのクォヴレーも困惑していた。
リュウセイ・ダテ
αナンバーズでの戦友。彼が自分とイングラムを同一視する事を嫌がっていたが、最終的に冗談でイングラムのふりをするくらいには吹っ切れたようだ。DWでは彼にディス・アストラナガンの力を授ける。
ヴィレッタ・バディム
イングラムのデータをもとに調整された初期型唯一のバルシェム。ある意味ではイングラムのコピーに当たるバルシェムシリーズの元となった存在である。
シヴァー・ゴッツォ
バルシェムとしての創造主。イングラムを縛る因果の鎖に、他ならぬ自身が、そしてクォヴレーが組み込まれていることを言及している。
バラン・ドバン
クォヴレー曰く、「わかりやすい男」。
ユーゼス・ゴッツォ
αの時点で既に因果地平の彼方へと行ったため、直接出会ってはいない。しかし、彼との共通点が存在する。クォヴレーのあの銀髪はユーゼスと同じもの。更にクォヴレーの顔は若き日のユーゼスに良く似ているらしい。ということは、他のバルシェムシリーズ、ひいてはオリジネイターたるイングラムも似ているということになる。つまり、彼が似ているのは「SHO」における整形後のユーゼスということになるが、αのユーゼスも同じ顔だったのだろうか?
ちなみに、OGのユーゼスは、自身に因縁を持つ存在のひとつとしてクォヴレーとディス・アストラナガンを挙げている。
イーグレット・イング
OG世界におけるクォヴレーの立ち位置を担当していた人物。OGMDにおいて「因子」だったことが判明。

版権作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
直接の上官。
ブライト・ノア
上官。なお、序盤で彼に口答えをするというかなり度胸のある行動をやってのけた。また「我々は構わないが、上官に対しては敬語を使うのが常識」とアドバイスしたのも彼。この直後からクォヴレーは素直に敬語を使い出した(おそらくはこの時に初めて覚えた「常識」)。
カミーユ・ビダン
アラスカルートでは、人類に絶望しかける彼を諭していた。
ヒイロ・ユイ
序盤で彼に任務第一の行動を非難され、珍しく感情的になっていた。
デュオ・マックスウェル
イングラムの事例から、スパイではないかと彼に疑いをかけられていた。
キラ・ヤマト
ほとんど初対面の時から彼がスーパーコーディネイターであることに勘付いていた。

スーパー系[編集]

パピヨン・ノワール
特に関わるわけではないが、作中唯一クォヴレーが「さん」付けで呼んだ人物。
ムゲ・ゾルバドス
同じような力を持つ相手。ムゲ帝王はクォヴレーの力とその本質についても知っていた様子。

名台詞[編集]

戦闘時[編集]

イングラム・ヴィレッタがよく使うフレーズを引用したものが多い。

「デッド・エンド・シュート!!」
アキシオン・バスター、アイン・ソフ・オウル使用時。やっぱりこのフレーズがあった。バリエーションとして「マキシマム・シュート!」がある。意味について考えてはいけない。
「ヴィレッタ、後は任せろ」
ヴィレッタへの援護台詞。イングラムを思わせる言いまわし。一応階級上は上官のはずなのだが、彼女に対しては常にタメ口のクォヴレーである。
「斬る……!」
「……仕掛ける」
「この距離なら……!」
接近戦武器使用時の台詞の数々。Z・Oサイズには専用台詞があるため、実は量産型νかヴァルク・ベン搭乗時のみのレア台詞。
「行くぞ、ヴァルク……!」
ツイン・ホイール・バスター使用時の台詞。元々の搭乗機であるためか、あっさりと使いこなしている。
「俺はまだ死なんぞ、キャリコ!」
「キャリコ……これ以上はやらせん……!」
29話「いつか星の海へ」でのイベント戦闘台詞。クォヴレー当人としては珍しい特殊戦闘台詞である。

αシリーズ[編集]

「!?」
初期のクォヴレーといえばこの台詞と、キョトンとした表情。人格が形成されたばかりの彼にとっては、周囲の人間にとっては常識の行動も初めて経験する事ばかりである。
(クォヴレー……クォヴレー・ゴードン……それが俺の名か……)
「虚空からの転生」にて、ブライトからの呼びかけを受けての反芻。これがきっかけで、記憶喪失の人形はクォヴレーという人間へと変わり始める。
「任務のためには手段を選ばんというわけか。当然の判断だな」
「ここは多少の犠牲を払っても、ストライクとアークエンジェルを守るべきだ」
「崩壊の大地」におけるザフトの猛攻を前に。この時点では価値観がバルシェム時代とさほど変わらず、最優先目標の達成のみを考えている。
(やはり、コーディネイターだったか…だが、彼は普通のコーディネイターじゃない。そんな気がする)
「崩壊の大地」にて、キラがコーディネイターであることを知って。確かにキラは通常のコーディネイターとは一線を画する存在だが、ほぼ初対面でそこまで勘づくのはさすがを通り越して脅威。初期のクォヴレーと言えば、予知レベルでのこのカンの良さも特徴の一つ。
「消えるのは…お前の方だ…キャリコ・マクレディ…!」
第8話「誘う声」クリア時のイベントにて。キャリコに圧倒される中でイングラムの意識が覚醒、ガン・スレイヴで撃退。なお、この時点での内なる存在は顔見せ。
(あの時、ベルグバウが動かなかった理由…もしかしたら、俺がゼオラを助ける必要がなかったからかも知れんな)
(いや…それはさすがに考え過ぎか)
第11話「君と戦場で」エンドデモにて、ゼオラの危機に突然操縦不能に陥っていたベルグバウに関して。ある意味、ディス・アストラナガンよりも謎が多い前半搭乗機だが、実はいまだにその大半が明かされておらず、この不自然な挙動もその一つである。
「俺はクォヴレー・ゴードン! αナンバーズの兵士だ!」
第12話「ディーンの火」にて。キャリコに自分が帝国監察軍の兵器に過ぎないことを知らされて狼狽し、危機に陥ってしまうものの、駆けつけたゼオラやアラド、ヒイロたちαナンバーズの仲間たちに激励され、αナンバーズこそが自分の寄る辺となるべき場所であると再認識し、この台詞で反撃のための啖呵を切った。
「状況が見えていないようだな」
「今、地球圏は星間連合だけでなく、原種や地底帝国の攻撃を受けている…」
「辛い体験をしているのは、お前達だけじゃない」
第22話「発動する力、無限大」で、地球連邦政府に地球圏追放を下され、αナンバーズに反抗的になるコスモカーシャに対して。正論だが考慮に欠けているため、コスモをかえって怒らせることになる。
(そうだな…俺は、彼のあの力の発現が気になる)
(キラ、お前が何者なのか…見極めさせてもらうぞ)
「強襲、砂漠の虎」にて。前のステージでも発動した、キラのSEEDについて勘付いている様子。
「テトラクテュス・グラマトン…! ディス・レヴ、フルドライブ…!我が手に還れ、ディス・アストラナガン…!」
第35話「THE GUN OF DIS」にて。ディス・レヴを組み込まれ、禍々しく変貌してしまった愛機の中で、己が内に潜むイングラムの意思と改めて対話するクォヴレー。対話の後、クォヴレーはディス・レヴの力を己の物とする為に「悪魔王の名を冠した銃神」の真の名を呼ぶ。
「来い、キャリコ。お前の望んだアストラナガンの力を見せてやる……!」
そして、その力に戦慄するキャリコに対して。新たな器と力、そして主を得て新生した銃神……漆黒の天使から、悪魔達の王へと生まれ変わったアストラナガンが、かつての主の現身に牙を剥く。
「イングラム…イングラム…お前もキャリコと同じく、奴の呪縛に囚われているのか…!」
43話「人形達の宴」より。逃亡したキャリコを「イングラムのコピーである」という理由で追おうとするリュウセイに対して。
「イングラムなどいない!」
「イングラム・プリスケンはもうこの世界にいないんだ…!ここにいるのは…俺だ…」
上記の台詞のあと、「どう言う意味だ!?」と怒鳴ったリュウセイに、ついに怒りが爆発した瞬間。「自己」を手に入れたクォヴレーにとって、既に死んだイングラムを自分に重ねる彼らの行動・言動は耐えがたいものであった。
クォヴレー「それで、最後の力で俺を取り込みに来たか…」
イングラム「その通りだ……と言ったら、どうする?」
クォヴレー「決まっている…俺は……イングラム・プリスケンではない…クォヴレー・ゴードンだ!俺の存在を脅かす者は、例え何者であろうと排除する…!!」
イングラム「いいだろう。ならば、全力で抗うがいい。虚ろな人形よ……お前の命の力、見せてもらうぞ!」
クォヴレー「消えろ、イングラム! 俺は俺だ!」
「鋼の戦神」IMにて。様々な世界の光景を見せ、自らを取り込もうとするイングラムの意識に抗うクォヴレー。イングラムはクォヴレーの意思の強さを確認すると、取り込むのではなく因果律の番人の使命を託し、彼の心の最果てに消えていった…。
なお、書籍・アニメにおけるOGのIF展開では、イングラムが本気で取り込みに来たため、全力で拒絶。互いの搭乗機で死闘を繰り広げた挙句、イングラムはホワイトスターのバルシェムチャンバーへ、クォヴレーはαナンバーズの許へ弾かれ、それぞれの物語を歩むことになった。
「そのどちらでもあり、どちらでもない…。だが、お前達が知っているクォヴレー・ゴードンであることに変わりはない」
「数ある世界の中で、今、ここに俺が存在し…そしてお前達と出会った奇跡に感謝したい」
通常空間復帰後、ヴィレッタに「あなたはクォヴレー…? それともイングラム…?」と尋ねられて。ただの人形として生まれたクォヴレーが、アインではなく、イングラムでもなく、バルマーに与えられた「クォヴレー・ゴードン」という仮面でもない、ようやく確固たる己を確立した瞬間である。
「いや…そうしたのは奴の方だった…奴は俺に自我が目覚めたことを知ると、俺を取り込むのではなく俺に何かを伝えようとしてきた…奴は言っていた…。目的のためなら手段を選ばないやり方は過ちの繰り返しだと…」
「俺は奴と対峙することで初めて知った…奴の使命の重さとその悲しみと怒りを…」
イングラムとの対話について。「目的のためなら手段を選ばないやり方」というのはユーゼスのことだろうか?
「調整槽から生まれた俺には見るもの全てがまぶしい…人が生き、そして死に…誰かが喜び、誰かが悲しむ…俺は生命溢れるこの世界を守りたい…俺の生命で全てを守りたいと願った時、イングラムは全てを俺に託した…」
「鋼の戦神」のエンドデモにて、イングラムとの対話の結果をヴィレッタに語る。ついに見出したクォヴレーの戦いは「命を守る」という原始的な、しかしもっとも大きな衝動。その答えを受けたイングラムは、自分が歩くことの出来なくなった使命の道を明け渡した。かくして、ここに「因果律の番人」もまた再誕を遂げた。
「リュウセイ・ダテ…よくやったな」
「俺が見込んだお前の力…ついに目覚めたようだな」
「…と、イングラムなら言うんだろうな」
ハザル撃破後、帰還しての会話。イングラムそのものの台詞に絶句するリュウセイだが、クォヴレーならではの冗談だった。オリジネイターの呪縛を振り切った証である。
(帰るべき場所か…ディス・アストラナガン…もう少しだけ、この温もりに浸らせてくれ…その日が来るまで…)
仲間たちが帰還を喜ぶ中、一人心の中で呟く。虚空の使者となった彼を待つのは、果てなき戦いの旅。それを知りながらも、彼はαナンバーズであることを選ぶ。
「それがどうかしたのか?」
「年齢が加算されるということは喜ぶべきものなのか?」
「悪夢の突入作戦」にて、ミレーヌの誕生パーティに招待されたことを聞いて。久々の天然ボケ発動である。まあ、そう問いたくなる気持ちもわかるが。
「驚くほどのことじゃない。教本通りに正確に針と糸を操れば出来ることだ」
で、その誕生パーティでミレーヌにゼオラが渡した刺繍入りハンカチ(作:クォヴレー)について。普通はそれが難しいから誰しも悩むのだが……何かとイングラム関連の背景や常識はずれの愛機がクローズアップされがちなクォヴレーの、「人間」としての意外な一面である。
「EVAを中心に集まるもの…これは人の意志…!?ディーン・レヴともディス・レヴとも違う…これは人が肉を失っていく過程か…!」
「世界の中心でアイを叫んだけもの」にて、EVA初号機(セフィロト)との戦闘前台詞。何でもない台詞のようだが、実は劇中詳細不明に終わったディーン・レヴの正体に関する手掛かりの一つとなっている。
クォヴレー「急ぎ過ぎたな。碇ゲンドウ」
ゲンドウ「そうでもない。時計の針はもうすぐ満ちる」
クォヴレー「ならば、俺も急ごう。お前とは別のやり方で……」
同ステージ後半、ゲンドウとのやり取り。迫る銀河の終焉を前に、虚空からの使者のとる手段は唯一つ。抗うこと、それだけなのだ。
「…哀れだな、キャリコ…」
「既にイングラムは存在しない…。それでもお前はオリジネイターの陰に怯えるか…ならば、キャリコ! お前の業…俺とディス・アストラナガンが払ってやる!それが俺にしてやれること全てだ!!」
第55話後半ステージでキャリコと戦闘させた時。
「キャリコ……俺はクォヴレー・ゴードンだ。最後までオリジネイターの影に怯えたお前に既に未来はなかった……」
同ステージでキャリコを撃破した際の独り言。最後の最後までいなくなったイングラムに怯え、己を確立できなかった「同類」を哀れむように、人形だった人間は呟く。自分が自分を認められなかったからお前は終わったのだ、と。
「俺の命はここで尽きるのか…因果の鎖を断ち切ることも出来ずに…!!」
「銀河に君と」での戦闘前台詞。受け継いだ使命を果たす前に、運命もろとも虚空の使者は消え去って行く…。
この台詞を裏返すと、「因果律の番人」の目的の中に「因果の鎖の切断」が含まれていることがわかる。
「俺は違うようだがな……」
57話「憎しみの環の中で」より。ルウをあやしつつ「みんな最初は赤ちゃんだった」という話題で盛り上がる一同の中、ゼオラに対してこう呟いた。直後に「気にするな。過去がなくても未来は作ることが出来る」と立ち直っているが、この時の表情はかなり寂しげだった。自身が人造人間であるという事実は、乗り越えたとはいえ紛れもない事実。彼にとって一番重いのは、「自分が仲間達とは違う」という一点に尽きるのだ…。
「俺に生きる事を教えてくれたあいつらが、俺より先に死ぬはずがない……!」
「だから、俺は俺の任務を遂行する……!」
宇宙怪獣ルート58話「死闘、未来を賭けて」より。αナンバーズの別働隊が壊滅した報を受けてなお、彼らの生存を信じて戦う。仲間に対する絶対の信頼が垣間見られると同時に、クォヴレーがどこまでも「兵士」であることを理解できる名台詞。
(いよいよ明日か……)
(もし、アポカリュプシスを乗り越えたとしても、その先にあるのは…やめよう…今考えるのは明日のことだけでいい……)
59話「果てしなき流れの果てに」でのモノローグ。破滅を乗り越えた先にあるものを思い、一人問いかける。
「待っていろ、虚空の破壊神…お前達を一匹残らず虚空の彼方へ葬り去ってやる…!そして、その後に…」
59話「果てしなき流れの果てに」より。この時点で、戦いの果てに自分がどうするのかを心に決めていたようだ。
「霊帝ケイサル・エフェス……お前の存在は許されない……全ての世界からお前を抹消する……」
真の霊帝を前にして、静かに呟く。まるでイングラムの、「虚空からの使者」のようなその姿に、ヴィレッタは絶句する。
「くだらんな…俺にとっての安らぎは俺自身が見つけるものだ…」
「そんなものがこの宇宙にあればの話だがな」
「そうか。…では、お前を消去して、それを探しに行くとしよう」
真の霊帝からの誘いを一蹴して。この際の表情はイングラムを彷彿とさせる冷笑だった。因果律の番人たる彼にとっては、この戦いも所詮、果てしなき戦いの前哨戦でしかない。
「なんとでも言うがいい。俺の生き方を決めるのは俺だ」
誘いを一蹴され、「愚か」と評した霊帝に対しての啖呵。確たる己を、折れぬ使命を手に入れたクォヴレーに、もはや迷いはない。さらにこの後、全ての因果律を手にすると宣言した霊帝に対して「お前に出来るならな」と不敵に言い放つ。αシリーズの黒幕を歯牙にもかけぬこの態度は流石。最早豪胆の域にある。因果律の番人たる貫禄は十分である。
「やはり、お前は悪霊だ。命の意味をわかってはいない…!ひとつしかない生命だから人はそれに想いを込めるんだ…!」
霊帝とのイベント前の戦闘前会話にて。単なる「人形」でしかなかった彼が、自己を得、仲間を得、使命を得、一人の「人間」として霊帝に挑む。
「約束は出来んな……」
「だが、待っていろ。俺は俺の任務を遂行する……」
「終焉の銀河」より、アルマナに対しての返答。虚空の使者となっても、やはり彼は彼である。
「ケイサル・エフェス……お前の存在は許されない…俺はある男から、存在するすべての世界を歪める悪意の塊…お前の存在を知らされた」
「そして、俺はその男の使命を受け継いだ…愛すべき世界と愛すべき者達…そのすべてを俺の手で守るためにな!」
「そう、それを果たすのも…この俺だ!!」
ケイサル・エフェス戦で。イングラムから受け継いだ使命、それを果たすための最初の一歩として、彼の宿敵たる悪意の塊を倒すべく、ディスの銃神が吼える。台詞回しこそユーゼスだが、ニュアンスとしては、αにおけるイングラムの対ユーゼス戦の「いいだろう…ユーゼス・ゴッツォを倒すのは、この世界でも俺の役目だ」という台詞に対するオマージュだと思われる。
「無限力…アカシック・レコード…俺の生き方は俺が決める…!運命だろうと俺の行く手を阻むことは許さない!!」
「今遙か遠い彼方……」より、自立行動を始めたイデオンに対して。ここまで来るとこの人この男レベルである。
「アラド…ゼオラ…αナンバーズのみんな…俺も旅に出よう…。あの男から受け継いだ使命を果たす為に…虚空の使者としてディス・アストラナガンと共に全ての並行世界を守るための戦いの旅に………」
「……また会おう…。アラド、ゼオラ…俺の愛すべき友たちよ…」
EDの最後の場面、オービットベースにて。帰還を果たしていた彼だが、仲間達の前に現れることはなかった。終わりなき使命を果たすため、一人平行世界へと旅立つクォヴレー。再びアラドやゼオラと出会える日は来るのだろうか……? 後半部分はSHOのエンディングにおけるイングラムの台詞の引用。形は違えどイングラムは仲間達と再会した。ならば、彼もいつかは…。

人格変位時(イングラム・プリスケンの台詞)[編集]

この状態のボイスは泰氏の声に加工をかけてイングラム役の古澤氏らしくしたもの。

「コード入力…テトラクテュス・グラマトン… ディーン・レヴ…アキシオン・バスター、起動… さあ、ベルグバウよ…お前の力を…俺に示せ」
第12話「ディーンの火」にて。ヴィレッタやゼンガー、レーツェルらの加勢もあり、戦局はこちらに傾くが、クォヴレーの内に潜む存在に執着するキャリコの猛攻により、再び窮地に追い込まれるクォヴレー。しかし、ここで謎の声と共にクォヴレーの髪が蒼色に染まり、その意識も内なる存在に取って替わられる。そして、上記台詞と共にベルグバウの封印されていた武装「アキシオン・バスター」が発動する…。
αシリーズ内でも強烈な存在感を放つキャラクターであるイングラム・プリスケンの意思が初登場するこのイベントは、クォヴレーシナリオの中でも盛り上がるイベントの一つに数えられる。
アラド「ヘ、ヘッキシオン!?」
クォヴレー「アキシオン・バスターだ。それは…ベルグバウの新たな力…」
同上。さらっとアラドにツッコミを入れているのがミソ。
「フッ……フフフ……」
イングラムの人格が表面化した際の汎用台詞の一つ。この状態の顔グラフィックは、全編通してこの台詞でしか見られないレアなもの。実はOG2ndでアッシュに乗り換えた際のイングの第一声もこれ。
「シヴァー……俺を思い通りに出来ると思うな」
「消滅しろ、シヴァー……」
「俺の枷と共に……!」
シヴァーとの特殊戦闘台詞。αにおけるイングラムの悲劇にシヴァーが関わっていたことがわかる。イングラムを縛る「ゴッツォの枷」とは、ユーゼスに限ったものではないのだろうか……? 物語と共にαの宇宙も終焉を迎えた今、全ての真相はOGシリーズに託されている。

スペシャルステージ[編集]

「……今更何を言っている?」
ゼオラの恋人扱いされて本気で驚くアラドに対して。クォヴレーから見てもそう見えるか。
「俺という存在はここにはいないが、どこにでもいる……ただ、それだけだ」
スペシャルステージにて、アラドの「何でここにいるの?」に対して。ステージの雰囲気やアラドの反応でわかりづらいが、これはクォヴレーもまた、イングラム同様「全ての世界に存在するが、その全てにおいてかりそめの存在にすぎない」者となったことを示している。
「ここは俺に任せろ」
同じくスペシャルステージにて、クスハの栄養ドリンクを渡されて。アラドの代わりに飲み干したが、あえなくダウンすることとなる……。全編通してもかなり珍しいコミカルなシーンである。ちなみに、OGでの代役・イングはきっちり飲み干した上に「噂と違って美味でした」と言って退けた。
(ただし、スペシャルステージの物はミナキが手伝った為にレーツェルですら飲むことを拒んだ代物でイングが飲んだ物はミチルが飲んでも苦いだけで済んだ代物と大きく違う)
「何も気にすることはない。今の俺は人間として生きている」
「生まれがどうあれ、今の俺は俺でしかない」
スペシャルステージでの戦闘前会話にて。完全に自我を確立した彼ならではの名台詞である。この台詞の重みはαシリーズよりOGシリーズで出た方が強いかも知れない。
「あ、ああ……頑張ってくれ……」
上記の台詞の後、「ボクも来世は人間として生まれ変わります!」と言ってのけたエルマに対して。さすがの彼もこれには絶句するしかなかったようだ。
「諦めるのはまだ早い」
「現に俺達はこうして共にいる。この世界が存在する限り、神と言えどその事実を消せはしない」
アイビスの戦闘前会話にて。これに続くようにレーツェルが「我々は我々の物語、オリジナルジェネレーションを作ればいい」と続くのだが、それが現実になりつつある…。
「心配はいらない」
「死は輪廻転生への一歩に過ぎず、生は死後の魂がどうあるかを決める道のようなもの…」
「ディス・レヴはその狭間の力を使っているに過ぎない。ただ、それだけだ…」
ディス・レヴはまつろわぬ霊たちを集めて力にするが、消費されてしまうのではなく輪廻転生の流れに還り新たな生へと繋がるようだ。イングラムの言を借りれば、元々アストラナガンも、「繰り返される死と再生」と「まつろわぬ霊たち」の狭間に立つ因果律の番人である。
しかし、やっぱりアラドには「わけわかんねぇ」だった。
「悪夢再びか……!」
スペシャルステージクリア時、帰還後にミナキの料理とクスハの栄養ドリンクが待っている事を知らされて。彼にとってもあれは「悪夢」らしい。

OGシリーズ[編集]

ゲーム[編集]

「枷を……解くんだ……」
「ゴッツォの枷を……解かなければ……お前はまた……」
「今の俺は…そちらには行けない…因子が足りない…だから…彼らに任せるしかない…“あの世界”で出会った…俺の…」
OGSのOG1シナリオ、「鋼の巨神」エンドデモ及び「作戦コードS・R・W」開始デモにて、イングラムの意識の中で。OGシリーズでまだ登場できない理由。ゆえに、銀河大戦の世界における仲間達に任せる、という意味合い。ただし、OG1の面子の中で彼が確実に知っているのは、SRXチームとゼンガー、エルザム。イングラムがOG1で死亡している事を考えると、今後の伏線とも取れる。「枷を解かなければまた同じことの繰り返しになる」とも言及しており、OG1でイングラムの枷が解かれたのは死に際(ついでに言うと、αでイングラムがスポット参戦しない場合もそうなる)。この警告は結果的に果たされなかったことになるのだが、果たしてイングラムは何処に行ってしまったのか…。

DW[編集]

「そして数多の世界を彷徨えと言うのか! 多くのものを失って!!」
DW冒頭、イングラムに対する反駁。「鋼の戦神」と異なり、こちらの展開では真っ向からイングラムを拒絶している。
「唱えよ…テトラクテュス・グラマトン…!」
DW25話にてリュウセイの前に姿を現して。
「世界の終焉を導く因子達が集結しつつある…」
DW第26話でのイングラムとの邂逅。TVアニメはここで終わったが、OG世界が様々な異世界からの干渉を受けつつあることを指している。その後、現実に様々な異なる世界からの勢力がOG世界へと集結している。ちなみに終焉を導く因子という単語はギリアムもOG2にて使用しており、DWと似て非なる異世界であるゲーム版OG世界の事を指す伏線になっている可能性も…。クォヴレーの知る「世界の終焉」と言えばひとつしかないのだが……。

RoA[編集]

「枷を解くんだ」
「奴に力を利用されるぞ」
Record of ATXにおけるイングラムへの警告。が、この警告も虚しく、直後にイングラムはに完全に人格を乗っ取られてしまう。

搭乗機体[編集]

ヴァルク・ベン
「アイン・バルシェム」としての搭乗機。35話ではイベントでこれに乗る。
量産型νガンダム
本来はモビルスーツだが、UCガンダム系のパイロットは乗り換えられず、クォヴレーの専用機になっている。ベルグバウへと改造が引き継がれる。
ベルグバウ
「クォヴレー・ゴードン」としての剣。
ディス・アストラナガン
プレイヤーの間でも最強説が囁かれる、超極悪な主人公機。「因果律の番人」「虚空の使者」としての剣。

メモ[編集]

  • 上記のようにイングラムの人格はイベントのみの登場だが、没データとしてシヴァーやバルシェムへの戦闘台詞が存在する。これは本来、イングラムの人格は特殊技能の演出として用意されていたためであるが、実装した場合、主人公がクォヴレーというキャラクターである意味がほとんどなくなるため、差し替えられたものと思われる。
  • ディス・レヴ及びディーン・レヴの制御コードとして設定され、ルアフやシヴァー、後にユーゼスも使用した言葉「テトラクテュス・グラマトン」だが、これの原語は「テトラグラマトン」と言い、旧約聖書にヘブライ語で記された、唯一神ヤハウェを示す神聖四文字の呼称。クォヴレー以外は全員「神の力」を使う際に口にしているのが何とも興味深い。
    • この単語はディス・アストラナガンの力を引き出すためのキーコードでもあるらしく、そのような場面では必ず挙げられる。
    • テトラグラマトンは現在日本語のインターネット上にはあまり良い情報源がない。まずテトラグラマトンは"YHWH"の他に"EHYH"も存在し、こちらは女性版のテトラグラマトンであるとされている。つまりテトラグラマトンの方が"YHWH"よりも広い概念である("EHYH"が念頭に置かれることはほぼ無いのでテトラグラマトンを"YHWH"と読み替えることにあまり問題はないが)。また中世以降においてテトラグラマトンの意味を知らない著述家たちによって様々な解釈が与えられた。あるものはこれを強力な悪魔の名前だとし、またある者は悪魔を従えるために用いる神の名前だとした(まるでエロイムエッサイムだ)。神秘主義者たちはカバラにおいてテトラグラマトンを非常に重視し、自然のあらゆる力を含んでいると考えた。また"YHWH"は神が母なるイブを失ったことを示していると解釈し、宇宙の平和達成はイブの回復が必要であるとした。これは『第3次α』におけるナシム・ガンエデンの再登場という形で表現されたのかもしれない。こうした後の世の解釈こそがバルマー系のパイロットの使用するテトラグラマトンであろう。
  • 「アッシャー」を冠する武器を使う際に口にする「数価変換、ゲマトリア修正」という台詞だが、これはモチーフである数秘術に関わってくる。ゲマトリアとはカバラ主義で使われる技法で、簡単に言うと、アルファベットを一文字一文字数に変換し、その総数を計算することで、言葉の持つ真の意味を読み解く方法。これらの武装を使用する時にクォヴレーが何をしているのか、というのは宗教に疎いユーザーの間で疑問視されていたが、要するにエネルギー集束・照準補正、ターゲットの策定や解析などをゲマトリアを用い、全て数字に変換して行っていることになる。冷静に考えると途轍もない神業である。

余談[編集]

  • 声優の泰勇気氏はロボットアニメ愛好家で、ロボットアニメ、スパロボなどへの出演を夢見ていた。その夢が実現したのがこのクォヴレー役である。泰氏のクォヴレーへの思い入れは相当強いようで、先述の通りデフォルトではクォヴレーと泰氏の誕生日と血液型が同じであり、もっと解りやすいものとして泰氏のTwitterのIDがクォヴレーのフルネームそのままであることだろう。
  • また、泰勇気氏は後にSC2にてケイジ・タチバナを演じており、スパロボにおいてオリジナル主人公を二役担当した唯一の声優となっている。
  • そのケイジの宿敵であるシュウイチロウ・ユキムラは設定上明確にクォヴレー(虚空の使者)の敵と言える存在である
  • 名前の発音がかなりややこしく、今現在も尚、しょっちゅう間違われて『クヴォレー』と呼ばれている事がある(なお、この読み間違いを元にした『久保』や読みやすくした『こぶ平』という愛称が、一部ネット上で彼を指す呼称として定着している)が、名前の元ネタがやはりイングラム達と同様銃器関係の「コブレイ」なので「クォヴレー」が正しい。彼の名前の由来であるコブレイ社はMAC社倒産後に「イングラムM-10」の設計を買い取り販売を引き継いだメーカーであり、姓の「ゴードン」もその設計者から由来している。

脚注[編集]

  1. 普段は銀色だが、イングラムの意識が表れる、ディス・レヴの力を引き出すと蒼に変わる(イングラムとの遭遇前は髪の色は他のバルシェムと同じ蒼だった)。