イーグレット・イング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
イーグレット・イング
外国語表記 Eagret Ing
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 岡本寛志
デザイン 環望(オリジナル)
河野さち子(リデザイン)
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦OG
テンプレートを表示
プロフィール
改名後 イング・ウィッシュ
種族
性別
年齢 15歳に設定
所属
軍階級 少尉(OGシリーズ)
テンプレートを表示

イーグレット・イングは『第2次スーパーロボット大戦α ロスト・チルドレン』の主人公

概要[編集 | ソースを編集]

イーグレット・フェフが作り出した人造人間マシンナリー・チルドレン」の一人。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦α』の外伝漫画『ロスト・チルドレン』の主人公。生まれて間もないのか、見た目は純粋そうな幼い少年そのもの。

頭の回転が早く、絶望的な戦力差を相手の大火力と地の利を活かして逃亡に成功したり、初めて乗ったベルゲルミルの武器以外の機能を有効活用してブレンパワードとの即席の連携攻撃をお膳立てしたりと、活躍する。また、この頃からヒュッケバイン系列の機体に搭乗している。

久々の食事でシーブックとセシリーが呆れるほどの食べっぷりを見せる、熱いお風呂に入って「1000までなんて数えられない」と我慢できずに途中で上がってしまうなど、外見年齢相応の幼さも垣間見せる。また、戦闘の際に本気になると髪の一部が変色する。

なお、作中ではイングの他にも、彼と同じ顔をした同種のチルドレンが登場し、掲載紙の表紙には女性型チルドレンと思われる姿も見られた。

本来、『第2次α』と『第3次α』で何らかの参戦を果たす筈だったが、原作未完により残念ながら登場出来なかった。

OGシリーズ[編集 | ソースを編集]

他のイーグレットと同様、マシンセルアラド・バランガの遺伝子を結合させて誕生した人造人間である模様。フェフの会話によると、「イングシリーズ」と呼ばれるカテゴリーに属するとみられている。また、イングは強化措置やリマコンを施されていないが、代わりに他のマシンナリー・チルドレンには無い念動力を持っている。

アイドネウス島から脱走を試みたところ追撃を受け、ドゥバン・オーグの駆るアレス・ガイストに撃墜される。脱出ポッドはその後エクサランス・レスキューによって回収されたが、この時イングは墜落のショックで記憶をなくしていた。

その後はハガネに回収されて検査を受けていたが、結果は「ブーステッド・チルドレンではなく、戦闘訓練を受けたただの人間で、TPLテストにも引っかからない」というものだった。しかし、アーマラとガリルナガンの襲撃を受けた際にアッシュを起動させ、迎撃に成功する。この際、強力な念動力を発現させると共にT-LINKシステムとウラヌス・システムに異常反応が起き、結果アッシュはイング以外には使えない専用機となる。

その素性は、マシンナリー・チルドレンのデータとバルシェムシリーズのデータを基に作られたハイブリッド・ヒューマンの22号体であり、ガンエデンをコントロールするためにユーゼスによって作られた「人造マシアフ」である。その念動力は天然の突然変異によって発生したもので、未覚醒時のテレキネシスαパルスこそ突発波も含め検出不可能だが、いざ念動力に覚醒すれば正規のマシアフであるイルイに迫るほどの強力極まりないものである。

覚醒時にはアッシュのシステムを外部から起動して制御を乗っ取り、遠隔操作して自身専用にアジャストしている。エグゼクスバインの時に至っては、念による遠隔操作でパーツを呼び寄せ、破損パーツをパージしてその場で交換装着、事前の設計で想定されていた部分との誤差修正、それに合わせたソフトウェアの更新・構築まで全てウラヌス・システムを介して念でやってのけるという離れ業を披露している。凄まじいのは、似たようなプロセスのSRXが元々合体機構を持った機体を繋げるのに対し、エグゼクスバインでは一度完全にパーツを交換・固定する必要があったのを戦闘中かつ空中、さらに念動力による遠隔コントロールのみでカーゴごとパーツを本体まで引き寄せ(そういう機能を持たされているT-LINKスライダーはともかく、他のパーツは念動力で飛行するような機能を持っていない)、ボルト・オンまで終了させた(要するに、念動力で機体を即座に組み上げた)という点。展開自体はαのリアル系後継機のオマージュだが、成した内容は桁が違う。事前のプリセットや各パーツの装着が極限まで簡略化されていた背景(エグゼクスバインのプラモデル説明で判明)を考慮に入れても傍で見ていたリョウトが有り得ないと驚愕する離れ業である。

このことから、念の扱いには非常に長けていることが伺え、また操縦技術や機動兵器に関する知識も人並み外れたものであることがわかる(わかりやすく言うと、リュウセイレベルの念にアヤの制御能力を持ち合わせ、念動力を使用しつつライが行っているその他の機体制御諸々を全部一人でこなしている)。

ただ、この状態はある種のトランスに近いらしく、この状態のイングは常時とはまるで異なる苛烈かつ冷静な性格に変貌(カットインの表情も鋭いものに変化)。また、戦闘後はこの時のことを覚えていない。この時念を感じたクスハは「イングであってイングではない」と評していたことから、普段の「イング」の人格の裏に何者かの存在があるのは確かだとみられる。これを裏付けるかのように、この状態になっているときのイングは後述の様に凄まじい能力補正を受けている。

  • 記憶喪失で自軍と出会う
  • 実戦投入間近の新しい機体で戦場に出る
  • 専用機を自ら呼び寄せてライバルを撃退(そしてその事を覚えていない)
  • 本来の人格の裏に別の何者かの人格を宿している
  • ゴッツォの人間に作り出された存在である
  • 最終的に創造主と対峙して打ち倒す

など、クォヴレー・ゴードンを思わせる点が多くみられる。さらに、

  • ユーゼスに生み出された人造人間
  • 「超える」ために必要な存在を乗っ取るためのコアとして作られた
  • 最初は記憶喪失
  • ユーゼスの全人格をインプットされている(没設定)

など、『スーパーヒーロー作戦』のイングラム・プリスケンとの共通点も持つ(こちらの立ち位置は主にアーマラが担っている)。明言こそされてはいないが、彼らとの類似点を意図的に持たされているのは間違いない。

名前の由来はルーン文字22番目の「ingwaz(環境依存のため読みで表記)」から。英雄の名前、北欧神話における豊穣神フレイなど、意味には諸説ある。

礼儀正しく大人しい性格。序盤の療養中は専ら読書をして過ごしていた。クスハ汁の効能を知るや自分から飲んでみたいと志願し、わざわざ頼んで作ってもらった勇者でもある。しかし、出自にアラドの遺伝子およびバルマーのバルシェムシリーズが入っているせいか、特に味は気にならなかった模様。ただし、バルシェムである点についてはクォヴレーが第3次αのスペシャルシナリオでクスハ汁withミナキを飲んで倒れ、イングラムもOGシリーズではクスハ汁を飲んで倒れてかけているのでアラドの遺伝子のおかげと言える(ただし、スペシャルシナリオのクスハ汁はレーツェルも拒否した別次元の代物)。この時のクスハ汁はミチルが絶叫するほど苦いだけの「スーパーマイルドバージョン」らしいので、その影響もあるかも知れないが、クリスやクリフと同レベルの甘党なので、味覚が異端なのは間違いはない。

なお、脱走の理由については「『鋼龍戦隊』との接触によって記憶の手がかりを得る」ことが目的であり、つまり当初から記憶喪失であったことになる(要するに、GS時代の記憶は最初からなく、自爆で失ったのは脱走~アレスとの交戦までの僅かな期間の記憶に過ぎない)。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦α ロスト・チルドレン
覚醒早々「謎の一団」から攻撃を受けるが、咄嗟の機転で逃げ延び、一命を取り止める。その後はシーブックセシリーに拾われ世話になるが、イングと同種のチルドレンらから襲撃を受ける。そこに現れたのが伊佐未勇宇都宮比瑪であり、ベルゲルミルに「チャクラエクステンション」を放ち、チルドレンらを引かせる。その後はシーブックから「イングの未来と過去が眠る場所」であるアースクレイドルの座標が登録されたGPSを渡され、一人旅立って行った。

OGシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
ネタバレ防止のためか、名前がイングのみでフルネームは不明になっている。設定的には本作の主人公と言えるのだが、自分のイベント以外での露出は極めて少ない。
今回イラストが幼いイメージを残した少年からウルズ達に近い青年風に改められた。顔グラはα外伝時代のイーグレット達に近いものが採用されており、彼等マシンナリー・チルドレンの特徴の1つである髪の色はアンサズに近い青色になっている。
アリエイル同様に台詞パターンが多く回避だけで14個、小中大の被弾がそれぞれ9~10個と破格の多さ。デフォルトパイロット以外にはほぼ存在しないプラズマホーン、ハード・ヒートホーンといったマイナー武装にすら専用台詞があり、事実上の主役格としてスタッフ側の入れ込み具合が垣間見える。また声を担当する岡本寛志氏の熱演も光る。
スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE
アッシュに搭乗した状態で登場。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
自ら命名した「イング・ウィッシュ」を名乗る。
PTXチームが最初期から登場するだけあり、作中でも活躍期間が長い。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

能力値[編集 | ソースを編集]

マシンナリーチルドレンだけあって全能力が非常に高く、特に射撃・命中・回避に優れる典型的なスピード型。格闘・技量・防御も高く、あらゆる局面で最高の戦果を挙げてくれる。成長タイプにも恵まれており、最終的には全能力が最高水準となる。乗り換えイベント時=サイコドライバー状態の時にはさらに跳ね上がる。この辺りもクォヴレーと似ているが、能力補正は彼以上で、全能力+20に加えて全ての地形適応「S」、と間違いなく『第2次OG』最強パイロットに。そのあまりの能力の高さに、ガリルナガンすら簡単に倒せてしまう(ちなみに、アルテウルも通信機越しにアーマラが負けると即断した)。

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

第2次OG
集中ひらめき必中気合熱血強襲(ツイン)
リアル系の手本のような構成。スタンダードに強力なものが揃っており、しかも消費は最大40。
これだけでも十分強いのだがツイン精神が「強襲」。「加速」「突撃」「直撃」の効果を一度に得られる上に消費はたったの20。エグゼクスバインに乗り換えると本領を発揮する。

特殊技能(特殊スキル)[編集 | ソースを編集]

第2次OG
念動力L9、底力L6、見切り連続行動
人造マシアフだけのことはあり、念動力が最大まで伸びる。初期習得の連続行動(なお味方で唯一初期習得している)のお陰で、成長速度も速く、他のパイロットの追随を許さない。まずは気力を130まで上げるのが先決。突っ込んで避けまくるタイプなので「気力+ (回避)」があるといい。とは言え、難易度による気力変動の補正が無い事に加えて、イング自身も性格により、回避・命中で気力が上がりやすい事から、必要性は薄い。念動力は26話までは「?????」表記で封印状態。乗り換え後を見越してBセーブEセーブが欲しい。アッシュエグゼクスバインは共に反撃で敵を殲滅する戦闘スタイルも得意とするので、リベンジを習得させると尚良い。この辺りもクォヴレーと似ている。初期で習得している底力L6の効果も高く、念動フィールドSが数値以上の効力を発揮する。PPに余裕があれば、L9まで上昇させても良いが、底力の補正値がZシリーズと同じになり強化され、L6でも十分な効果を得られるのでL9は趣味の領域。むしろ、改造状態+集中によってはほとんど当たらないので、底力自体不要な可能性も。OGシリーズのマシンナリーチルドレン標準スキルの天才が無いのが実に残念。もし、天才もあったら、念動力+見切りの相乗効果で凄い事になったであろうが、そこまで無くても十分避けまくり当てまくる。

エースボーナス[編集 | ソースを編集]

射撃武器の与える、最終ダメージ+10%
第2次OG』で採用。射撃武器なら全ての攻撃が与ダメージ増加の対象となる。『第2次OG』から激減した、ほぼ恒常火力アップ系の非常に優秀なボーナス。熱血やリベンジとの重複も可能。ただしアッシュ時代は最強武器が格闘なので、本領発揮はエグゼクスバインになってから。
連続ターゲット補正無効
OGMD』で採用。かの赤い彗星と同様の、反則級のエースボーナス。ALL武器が充実したエグゼクスバインと共に前線に立たせておけば、反撃で一気に敵を刈り取ってくれる。
と言いたいのだが、基本的にツインユニットで運用する作品で、ツインの相方には効果がないので、そちらは自力で避けきるか耐えきるかしなければならない(耐久型ならともかく、回避型の相方が避けきれるならイングも大体避けきれるのでボーナスの必要性が薄い。しかも一撃耐えられるなら底力もある)。さらにそもそもOGシリーズは連続ターゲット補正がそれほど脅威ではない。そのため、無駄ではないがややクセのある部類のボーナスである。前作が主人公補正だったと言われればそれまでだが、火力が落ちたのも痛い。

パイロットBGM[編集 | ソースを編集]

「RAIL TO THE DANGERZONE」
アルブレード・カスタム搭乗時のBGM。PVでもネタバレ防止のためかこの曲が使われていた。実はデータ上これがデフォルト(『OGs』のアラドの「ACE ATTACKER (Ver.W)」、『OG外伝』のタスクの「GAN!GAN!GIGAN!」と同じ)なので、「システム⇒BGM設定」で「全パイロットをデフォルト曲に戻す」をやるとこの曲になってしまう。乗り換え後にこの曲がかかると白けるので、忘れずに設定しなおすこと。
「22nd CHILD」
アッシュ搭乗後のBGM。「地球の後継者」のアップテンポアレンジ。イントロに「VANISHING TROOPER」、終盤に「TIME DIVER」のメロディが組み込まれている。
「LOST CHILDREN」
エグゼクスバイン乗り換え後のBGM。「22nd CHILD」のアッパー・バージョンと言える曲で構成も同様。こちらは物悲しくも力強さを感じさせる曲。なおこの曲はイベントでのみ流れ、戦闘BGMにする場合は自分で設定する必要がある。
「LOST CHILDREN ver.2」
「LOST CHILDREN」のイントロカットバージョン。通常はこちらが戦闘BGMとして設定される。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ジュラ
初出作品『ロスト・チルドレン』のヒロイン(表紙イラストでイングに寄り添っている桃色の髪の少女がそれ。髪型がアーマラにそっくり)。『ロスト・チルドレン』は、イングが彼女と共にアースクレイドルを目指す道中を描くはずだったのだが、導入部分で打ち切りになったため、彼女もまた未登場(ただ、イングにベルゲルミルを奪取される素顔が解らない女性タイプのマシンナリーチルドレンが登場しており、それが彼女であったとも解釈できる)。
イーグレット・フェフ
生みの親。
イーグレット・ウルズ
マシンナリー・チルドレンとしてのオリジナル体。OGにおける彼とイングの関係は、第3次αにおけるキャリコとクォヴレーのそれに近い。
イーグレット・アンサズイーグレット・スリサズ、イーグレット・アルギズ
彼らバリエーションタイプを元にしたアッパーバージョンとして生まれた。
アラド・バランガ
OGシリーズでは彼の遺伝子から生まれた同じ存在。他のイーグレットとは違って彼とは面識がなく、特に憎んでもいない。
リョウト・ヒカワ
保護者その1。もしもの時は彼を止めることを約束する。ちなみにイングの愛機であるアッシュ(エグゼクスバイン)の前身であるヒュッケバイン009はGBA版OG1キョウスケ編におけるリョウトのデフォルト搭乗機であり、別の世界線においてはインスペクター事件におけるリョウトの愛機でもあった。
リオ・メイロン
保護者その2。イングを心配しなにかと気にかける、恩人ともいえる相手。クォグレーに対するゼオラの立ち位置に近い。
アーマラ・バートン
執拗に付け狙って来る相手であり、一応のライバル。そして、ある意味で姉弟とも呼べる存在。
アルテウル・シュタインベック
真の創造主であると共に最大の敵。
アリエイル・オーグ
冒頭で接点があるが、彼女ですらその素性は詳しくは知らない。
クォヴレー・ゴードンイングラム・プリスケン
色々な点で彼らと似ている。
ヴィレッタ・バディム
『第2次OG』序盤、自軍の戦力不足からイングを出撃させる。ちなみに、上記2人ほどではないが類似点が存在する。
イルムガルト・カザハラ
『第2次OG』のEDにて、彼を隊長としたPTXチームに勧誘され、これを受け入れた。勧誘された理由の一つはにはイング以外にはエグゼクスバインが使えないからという事もある。
イルイ・ガンエデン
同一、かつ対極の存在。決戦では彼女に助けられ生還した。
アイン・バルシェム
『OGMD』では謎の邂逅を遂げることとなった。

版権作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

シーブック・アノーセシリー・フェアチャイルド
流浪の旅の最中、空腹で倒れた所を彼らに拾われ、そのまま世話になる事に。イングは2人を本当の両親のように慕っていた。ちなみにこの時の彼らの住居は妖精が踊っていた湖の畔にある、ある人物が最期を迎えた家である。『第3次α』クォヴレー編でアラドが彼らの世話になっていたのは、イングが2人の世話になっていた設定の流用と思われる。
一団
イングを「世界を破滅の未来に導く因子」として追っていた、イング曰く「悪魔たち」。彼らとの戦いの最中でイングは記憶を失ってしまった。イングの呼びかけに応じずに容赦なく叩き潰そうとしていたが、遭遇・交戦に至った経緯や彼らが何故このような行動をとったのかは一切不明。
OGシリーズではドゥバン・オーグ率いる部隊がその役割を担っているが、追っていた理由は「脱走兵の確保」であることと、それ以前からイングは記憶喪失だったなど、相違点も多い。

名台詞[編集 | ソースを編集]

戦闘デモ[編集 | ソースを編集]

「狩られるのはお前の方だ! このアッシュでな!!」
「エグレッタ!! エグゼクスバインの力を思い知れ!!」
サイコドライバーモード時の特殊戦闘台詞で、前者はアーマラ、後者はエグレッタに対して。なお、この状態では援護台詞が汎用で固定され、キャラごとの特殊台詞がまったく出て来なくなる。
「シーケンス、TLS!」
「セイバー、アクティブ!」
「T-LINKコンタクト!!」
エグゼクスバインのT-LINKセイバー使用時。通常時とTDモードでは口調がまるで違い、ほとんど別人である。
「DHBMを併用すれば、確実だ」
「スラスター噴射1秒、UHBMで外力相殺……!」
前者は分身/バリア発動、後者は中破時の台詞でキャラクター時点でも聞ける。彼の戦闘台詞で頻繁に耳にする単語だが詳細は不明。「UHBM」の方はグラビトン・ライフル使用時にも見られ、恐らくグラビコン・システム関連の何かであろうと思われる。
「ヒュッケバインから受け継いだ力を……見せてやる!」
「凶鳥の眷属、その真の力を……!見せてやる!」
ブラックホール・バスターキャノン使用時の台詞。

第2次OG[編集 | ソースを編集]

「こ、殺される……このまま……過去を思い出せないまま……殺さ……れる……!?」
第26話「ミクスト・トルーパーズ」にて、アーマラの猛攻を受けて。死を眼前に見た、その時……。
(機体……ここにある機体……僕が使える機体……グルンガスト参式……龍人機……駄目だ、もう念が定着している……)
(エクスバイン……アッシュ……)
「……来い!」
トランス状態に陥り、無意識に念動力で対応する機体を探す。それに引っかかったのは、ジョナサンたちが出撃させた最後のヒュッケバインシリーズ・アッシュ。強大極まりないその念は、中枢たるウラヌス・システムまでも掌握し、新たなる剣を主の許に届ける。
「この僕を狩るだと……?」
「違うな、狩られるのは……狩られるのは、お前の方だ! このアッシュでな!」
アーマラとの戦闘前会話。並行世界の番人を、あるいはその後継者を思わせる不敵さを纏い、強念者が凶鳥の眷属を駆る。
(力……僕が今、使える力……探す……どこだ……?)
「来い……」
「来いッ!!」
ガリルナガンの猛攻を受け、外部装甲が破壊されたアッシュ。その中にあってイングの念は、現状を打破するための新たな力の存在を感知し、それを凶鳥の眷属へと届ける。そして……。
「……フィッティングデータ、ロード。スペック、FCS、T-LINKダイレクト。ラーニング・スタート」
「モーション誤差、サーボモーター限界値、RT修正。過負荷部分はフィールド・コート。リスタート、オミット。オプティマイゼーション」
呼び寄せたパーツを装着したアッシュを動かすため、即座にセッティングを開始。
台詞の内容を訳すと「パーツ装着時のデータ取得。必要スペックの参照・火器管制への反映はT-LINKシステムで直接出入力。搭乗者への学習転写開始。構造および出力の変化によるモーションのズレ、サーボモーターの稼働範囲限界はリアルタイムで修正。それにより発生する過負荷は念動フィールドにより緩和。更新作業における再起動はスキップ。最適化開始」となる。
完全に組み上げた後に入念な整備をもって行われるはずだったが、イングはこれを機体の中から念動力のみでやってのけた。しかも接合当時、アッシュはアーマーとクロークを失い、本体のエクスバイン部分も少なからぬ損傷を受けており、イング自身も人事不省寸前だった。危機に際して念動力が異常な力を発揮するのは周知とされてきたが、こればかりは別の何かが介在しているとしか思えない、異様なシーンである。
「……凶鳥は二度死に、その血はエクスバイン・アッシュに受け継がれた」
「そして、アッシュは死を乗り越え、灰の中から甦生する……EXエクスバイン……エグゼクスバインとしてな!」
エグゼクスバインの最適化を終え、エグレッタに向けて断言する。死した凶鳥は、その血を継ぐ不死鳥となって甦り、再び戦場に降り立ったのだ。
「これが新生したヒュッケバイン……エグゼクスバインの力だ! お前では勝てない!」
アルタルフに一撃を加えて。この時のイングは全能力+20、全地形適応Sという跳ね上がりっぷり。本当に強すぎる。最早過去の機体となってしまったヒュッケバインが、今新たに生まれ変わったその姿は、見るものを戦慄させる。育成しだいになるが、プレイヤーですらも驚愕したはず。
「わかっているはずだ、ユーゼス。クロスゲート・パラダイム・システムが不完全であることを」
「だから、鋼龍戦隊のみんなを消去できない。僕を操ることも出来ない。何故だかわかるか?」
「イルイがお前の中にいるからだ。鋼龍戦隊のみんなの想いが彼女に届き……彼女の想いもまた、彼らに」
「T-LINKシステムなしでも、お互いの念が、心が通じ合っている……そして、それがお前を倒す力の源となる」
「ユーゼス、お前は最後の一手を誤った……イルイを取り込んでしまったことが、お前の敗因となるんだ」
アダマトロンから脱出を果たした後、再び操ろうと真言を唱えたユーゼスに。一人残ったイルイの意思を背負って、人に造られしマシアフが創造主に牙を剥く。
ユーゼス「歪みは修正すればいい。アカシャ変動因子は、必ずや我の未来に良き効果をもたらすはずだ」
イング「仮定の話を持ち出した時点で、先がどうなるかお前にはわかっていないということだ」
ユーゼス「それは、我の台詞だ」
イング「だが、今のお前に因果を操る力はない! ここはまだ、僕達の運命分岐点なんだ!!」
ユーゼスの計画が不完全であることを指摘。後者の台詞は戦闘台詞にも採用。
「ユーゼス・ゴッツォ。お前の過去生に僕は存在していたか?」
「存在していなければ、僕こそがお前の新たな運命変動因子だ!!お前の運命を決めるのは、お前じゃない!! 僕達なんだ!!」
末路からの解脱を目指して様々な因果を再現したユーゼスだったが、これが決定的になりユーゼスはまたも敗北を喫することになる。最後の台詞はユーゼスという男の運命を的確に表している。

OGMD[編集 | ソースを編集]

(以前のアーマラからは想像できない反応だ…)
第39話「捧げられた負念体」にて、エクセレンに冗談を言われて困惑するアーマラに対して。記憶を失う前の彼女を知っていればこう思うのも当然だろう。

迷台詞[編集 | ソースを編集]

「甘い物は……好きです。かなり」
『第2次OG』第51話「風の呼び声」でイチゴジャム入りおにぎりを食べた感想がこれ。普段は物静かなイングの数少ないボケシーン。……しかし、この場で本当に凄いのは生身の人間でありながら彼と同じ味覚をしているテュッティの方かも知れない。
「通行税?お金ですか?」
『第2次OG』第54話地上ルート「天蓋の下で」で、「バラルの園」から発生したバリアによって覆われた地球から宇宙に出るには、バリアの影響を受けてないルイーナの結界を(高リスクで)突破するか、エクセレン曰く孫光龍に通行税を払うかという冗談に対しての反応。真顔でボケておりキョウスケからは「真に受けるな」とツッコまれてしまう。

搭乗機体・関連機体[編集 | ソースを編集]

量産型ヒュッケバインMk-II
この機体で謎の一団と交戦することになるが、常識的に考えれば限りなく詰みに近い局面。しかし、起死回生の一手によって機体を中破程度の損傷で逃亡に成功。その後はイングと共に海を漂流し、乗り捨てられた。
ベルゲルミル
女性型のマシンナリーチルドレンから強奪し、搭乗する。この時の機体には背面にシックス・スレイブのユニットが装備されていなかった。機体の冷却装置を用いた思いもよらぬ戦法を披露する。戦闘後、乗り捨てられる。
キャニス
『第2次OG』プロローグにて搭乗。上記の量産型Mk-IIの役割を担う形となったため、正式運用は不可。
アルブレード・カスタム
『第2次OG』序盤での搭乗機。
エクスバイン・アッシュ
大破したエクスバインの改造機。『第2次OG』でのメイン乗機。
エグゼクスバイン
アッシュの改装機。『第2次OG』で登場した時点ではイングの念動力で無理矢理安定稼働をさせている状態であり、完全なイング専用機になっている。『OGMD』では調整されて汎用PTとして運用が可能となった。
アダマトロン
マシアフとして取り込まれたが、リーとイルイのおかげで脱出に成功する。

余談[編集 | ソースを編集]

  • OG2』でフェフが会話の中でイングシリーズのことを口にしていて、またウルズアンサズスリサズが倒された後に「まだ数多くの兄弟達がいる」と語っており、後に『第2次スーパーロボット大戦OG』にて登場した。
  • 当初は作成段階でユーゼスの全人格と記憶をインプットされているという背景が存在していた
    • 初期案では、ユーゼス自身は第57話「紅の聖誕祭(後篇)」で死亡し、その後インプットされた人格に乗っ取られたイングがラスボスとなる(その時点でのイングのステータスを引き継いでボス化する)予定であったが、これをやってしまうと次の周回からイングが使われなくなる恐れが濃厚であったため、見送られると同時にこの設定も消滅、現在の背景に落ち着いた。
    • 『第2次OG』で2回ある乗り換えイベントでは、いずれも人格変移が発生しているが、その時の口調・性格は本来このボス化イベントの伏線として使われる予定だったらしい。

資料リンク[編集 | ソースを編集]