ベルゲルミル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルゲルミル
外国語表記 Bergelmir
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 津島直人
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 人型機動兵器
生産形態 変異機
全高 21.3 m
重量 50.6 t
装甲材質 マシンセル
補助MMI ゲイム・システム
原型機 量産型ヒュッケバインMk-II
所属
主なパイロット イーグレット・ウルズ(銀色、※OGシリーズでは青色)
イーグレット・アンサズ(青色、※OGシリーズでは銀色)
イーグレット・スリサズ(茶色)
自律回路 (黒色・量産機)
マシンナリー・チルドレン(量産機)
テンプレートを表示

ベルゲルミルは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

量産型ヒュッケバインMk-IIが自律型金属細胞『マシンセル』によって変貌を遂げ、誕生した機体。

高い機動性に加え、マシンセルによる強力な自己修復能力を兼ね備えた高性能機。

素体となった機体の量産型ヒュッケバインMK-IIに装備されていたバルカン、ライトソードはメイガスが不要と判断したのか使用できない。バルカンの発射口はマシンセルらしき黄色の物質で塞がれているので発射不可能。ライトソードは不明。

なお、敵機体であるのにユニットグラフィックが反転している。(敵視点で見るとライフルを左腕に携行しているので若干違和感がある。)これは初出のα外伝からOGシリーズに至るまで、一貫してこのままだったのだが、アニメ作品であるジ・インスペクターではライフルを右手に携行するように変更されている。ベルゲルミルは元々味方機としてデザインされた可能性があるのかもしれない。

名前の由来は北欧神話に登場する巨人から。同じくマシンセル搭載機の名称として使われている「アウルゲルミル」にとっては孫、「スレードゲルミル」にとっては子にあたる。

スーパーロボット大戦α外伝[編集]

初登場作品。アースクレイドルの内乱時にマシンセルが暴走し、同施設の防衛用として配備されていた量産型ヒュッケバインMk-IIが変貌し、誕生したという設定。なおムーンクレイドルでは配備されていた量産型グルンガスト弐式は変貌前、後共にこちらでは登場していない。

αシリーズに登場する量産型ヒュッケバインMk-IIは試作機と全く同じデザイン(V字アンテナのガンダム顔)であるため、ベルゲルミルとの外見的な共通点はツインアイを持つ顔パーツ程度。

ORIGINAL GENERATIONシリーズ[編集]

OG2及びOGs(OG2シナリオ)において登場。欧米地区に配備された連邦軍の量産型ヒュッケバインMk-II4機をアースクレイドルに駐留する勢力が奪い、同機にマシンセルを注入。メイガス・ゲボの補助の下でマシンセルの自己進化能力を制御することで誕生に至った。その後はα外伝同様、マシンナリー・チルドレンの搭乗機として使用されている(尚、ゲーム中ではプレイヤーが直接戦うことはないが、マシンセルの自己増殖能力により、無数の量産型も生み出されている描写がなされている)。

OGシリーズでは量産型ヒュッケバインMk-IIのデザインが新規に描き起こされており、カメラアイがゴーグルタイプである事を除けば、ベルゲルミルへの変化をより感じさせるものとなっている。

ベルゲルミル(量産型)[編集]

ベルゲルミルの量産機。カラーリングは黒。

α外伝では自律回路が操縦し、終盤、アースクレイドル防衛用の戦力として大量に出現する。OGシリーズではイーグレット・フェフ率いる大量のマシンナリー・チルドレン達によって運用されていた。またOGシリーズではアースクレイドルの決戦で撃墜された機体がマシンセルの暴走によってベルゲルミルのなり損ないに変異し、そのうちの1機にアギラ・セトメが搭乗してメイガスに取りつくが、オウカ・ナギサの自爆によって阻止された。

ベルゲルミル(マシンナリー・チルドレン専用機)[編集]

マシンナリー・チルドレンイーグレット・ウルズイーグレット・アンサズイーグレット・スリサズの3人が乗っているベルゲルミルはそれぞれ色が違い、他のベルゲルミルよりも明らかに高い性能を誇っている。

イーグレット・フェフが開発したマン・マシン・インターフェース『ゲイム・システム』も搭載されている。通常の人間が扱うと精神支配・崩壊の危険性すらあるMMIだが、遺伝子レベルで身体強化されたマシンナリー・チルドレンは長時間のシステム稼働に耐えることができ、その性能を存分に引き出すことができる。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
アースクレイドルの主力機で、3人の専用機と自律回路搭載の量産機の4種類が存在する。3人の専用機はマシンセルを散布させ、恐竜帝国による大気汚染の中和、メカギルギルガン核ミサイルの分解をやってのけた。敵として戦うのはどれも終盤のみだが、スリサズ機のみルート次第では後半に一度だけ戦うことがある。
3人の専用機は50000前後のHPにバランス良く高い機体性能を持ち、アンサズ機とスリサズ機はHP回復(小)・EN回復(大)、ウルズ機は分身・HP回復(大)・EN回復(大)を持ち、ド根性必中ひらめき熱血辺りの精神コマンドを1~3回使用する。3機の機体性能はHP以外そこまで大きな性能差は無いが、ウルズ機のみ最大火力が大きく低下している。量産機はHPが20000程度まで落ち、特殊能力も無く武器の必要気力も上昇しているため専用機と比べれば弱いが、数の多さと自律回路の技能、性格の影響で雑魚とは思えぬ強さを持ち、難易度『難』では気力が最初から上がっているためさらに厄介になる。シックス・スレイブの最大射程が9~11と非常に長いため距離補正の影響で攻撃力以上のスペックを発揮する。アンサズ機とスリサズ機は攻撃力自体も高いため特に危険。
3人の専用機の内ウルズ機のみ、同時に出現するアウルゲルミルを撃墜すればステージクリアとなるためスルーすることが可能で、難易度『難』以外は最終ステージのため労力をかけて撃墜する必要も無い。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
アンサズ、スリサズの専用機と戦闘機会がある。両機は他のボスユニットに比べて耐久力こそ低い部類に入るものの、攻撃力は非常に高い。また、機体そのものの高い運動性に加え、イーグレット兄弟の高い回避能力、「分身」保持、更にはゲイム・システムによって毎ターン精神コマンドがかかる場面も多く、攻撃が非常に当て辛い。終盤のアースクレイドルルートでは、アーチボルド達や能力の高い量産型Wシリーズ達との連戦であることも相まって、改造や育成を怠っていると詰む可能性もある。弱点としてはマシンナリーライフルの弾数が20発に減少したこと。アンサズ機は主兵装のシックス・スレイブが射程1に対応しておらず、最低射程1の武器がどれも回数に限りがある弾数性の武器しかないこと。そのため隣接して攻撃を加え続ければいずれ反撃できなくなり、サンドバック状態に。
ちなみに、本作ではウルズ機とは直接戦闘する機会が無く、イベントでダイゼンガーの参式斬艦刀を喰らい撃破されるという悲惨な扱いを受けている。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
GBA版のOG2に準拠。今回はフェフ機も登場するが、ウォーダン・ユミルの駆るスレードゲルミルの『斬艦刀・星薙の太刀』の乾坤一擲の一閃によって、大量の量産型もろともあえなく斬り捨てられてしまう。
スーパーロボット大戦 OG外伝
本編には未登場だが、フリーバトルで戦闘アニメを鑑賞できる。イベント戦闘で撃破されるのみのウルズ機や量産型は(Gサンダーゲートと異なり)鑑賞できないが、内部データにはウルズ機、量産機共にデータが存在しており、シャッフルバトラーで必殺技を発動させることが出来れば戦闘シーンを見ることが出来る。
第2次スーパーロボット大戦OG
出現するのは量産型。機体色はα外伝と同様に黒。パイロットの量産型チルドレン、武器攻撃力も侮れない。鹵獲されたウルズ機のベルゲルミルを機に再量産されたものと推測される。グランド・クリスマスでの決戦にしか登場しない。 
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
量産型ヒュッケバインMk-IIが登場しないため、何をベースに進化させたかは不明(進化させた場合、量産型ビルトシュバインが最有力だが、鹵獲される場面が存在しない)。ウルズ機は交戦せず。アンサズ機はビルトビルガーのスタックビートルクラッシャーで両断、スリサズ機はゲイム・システムを起動させるも、ビルトビルガーとビルトファルケンのツイン・バード・ストライクで撃墜された。ゲームでの強敵っぷりが嘘のようにあまりに呆気なく落とされたので唖然とした視聴者もいたかもしれない。何気ないが、初めて格闘戦用の武装を装備している。
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX BAD BEAT BUNKER
ジ・インスペクター同様の登場だが、アンサズ機はアーム・ナッターとは別の実体剣を装備している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

同一作品内でも、機体によって武器性能が異なる。武器数こそ少ないが、攻撃力や性能は高い。OGシリーズではアンサズ機のスレイブの射程に死角が存在し、そこを攻め込むと比較的楽に攻略できる。

マシンナリー・ライフル
フォトン・ライフルの変異版と思われる。折り畳みが可能で、ショートレンジ用の武器になっている。敵専用の武器だけあって、弾数がとんでもないことになっている。弾切れを起こすのはかなり時間がかかるだろう。OGSでは全体攻撃になったが弾数が半分に減ってしまい射程が低下した。
シックス・スレイブ
円環についた6つの勾玉状の物体を遠隔操作で飛ばして攻撃する。リング状の武器という点では、チャクラム・シューターあたりが変異したものだろうか。OGシリーズの量産型ヒュッケバインMk-IIにはチャクラム・シューターが装備されていないので、リープ・スラッシャーという可能性も考えられる。
OGsでは戦闘デモの太極輪がパワーアップする他にベルゲルミルが印を結ぶ演出がなされている。
リニアミサイルランチャー
OGシリーズにおける量産型ベルゲルミル専用武器。内部データに設定されている。量産型はシックス・スレイブを装備しているのに、何故か使用できないため、代用として装備されたのか。イベントで全機撃墜されてしまうので、見ることも出来ず喰らう機会も無い。
アーム・ナッター
ベルゲルミル専用の格闘武器。マシンナリー・ライフルの銃身下部に取り付ける銃剣。ジ・インスペクターでベルゲルミルが使用している武装だが、後に第2次OGで量産型が使用している。

換装武器[編集]

スピリットドレイン、チャフグレネード
スリサズ機のみ。
エナジードレイン+、スパイダーネット
アンサズ機のみ。
スタンショック、マインドブラスト
ウルズ機のみ。

特殊能力[編集]

パイロットブロック、ウェポンブロック
OGシリーズのみ。スリサズ機、アンサズ機が所持。
HP回復(小~大)
α外伝ではウルズ機のみ(大)。スリサズ機、アンサズ機は(小)。OGシリーズではスリサズ機、アンサズ機は(中)。没になったウルズ機はやはり(大)。
EN回復(中~大)
α外伝,OGシリーズ共に全機(大)。
分身
α外伝のみ、ウルズ機の機能。OGシリーズではアンサズ、スリサズ機にも。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「THE GATE OF MAGUS」
α外伝におけるアンセスター勢の戦闘BGM。OGシリーズではウォーダンの専用BGMになってしまったので設定されてない。

関連機体[編集]

スレードゲルミル
グルンガスト参式が、ベルゲルミルのようにマシンセルによって変異した機体。