自律回路

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
自律回路
外国語表記 Autonomous Circuit
登場作品 バンプレストオリジナル
分類 制御回路
テンプレートを表示

概要[編集]

α外伝から登場した無人機の制御回路。旧シリーズではお馴染みの人工知能高性能AIの上位機種である。

人工知能がメカザウルス機械獣等に多く搭載されるのに対し、自律回路は原理が不明な謎の動力で動いているユニットに搭載されることが多い。人工知能と違って特殊技能援護を習得していたり、やや高めの能力も特徴。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場はイノセントとの決戦でパトゥーリアに搭載されているが、主にはアンセスターベルゲルミルシュウの持ち出すゴーストX-9メカギルギルガンに搭載されている終盤専用の雑魚敵。雑魚といってもボスと同格とみても問題ない性能で、成長タイプこそ他の雑魚と同じ標準型だが、基礎能力値は高水準。それに加え、性格は「強気」で援護2を所持という、他の一般兵が「性格は普通」「援護はボスの取り巻きのみ1所持」の中で規格外のスペックを誇る。終盤だけあって数も出てくるため、撃破するたびに周りの気力が上がり、自律回路同士で隣接されると攻撃も防御もこれまでの比ではないほど強化され、かつ援護防御を無視する手段がマップ兵器以外にないため、シリーズを通して見ても屈指の強さを誇る。特にハードルートのベルゲルミルに搭載されたものは初期気力が130以上で、それにより解禁されたシックス・スレイブが襲い来る戦場はまさしく悪夢。主力もたやすく落とされかねないため、油断せずに挑みたい。
第2次スーパーロボット大戦α
前作で猛威を振るった自律回路だが、本作では能力値が下げられた。性格も雑魚と同じ「普通」になり、特殊技能も、援護技能が分割された弊害で援護攻撃援護防御はL1止まりで成長しなくなった。味方機の能力も底上げされたので大して強く感じない。搭載されている量産型クストースが外伝のベルゲルミル、ゴーストX-9、メカギルギルガンに比べ弱過ぎるのも一因か。また、戦闘時のボイス(起動音?)も人工知能等と同じものになってしまった。
第3次スーパーロボット大戦α
ほぼ前作と同じ扱いだが、本作では怨霊がパイロット化したネシャーマが新たに登場したので、最終シナリオでは出番がなくなった。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
コルニクスレクス・コルニクスレオーアングイスカペル等の機体に搭載されている。特にコルニクス(レクス・コルニクス)に搭載されているものは、機体の能力であるジャミング機能の仕様変更により常時最終命中率・最終回避率+30%の恩恵を受けているので鬱陶しい。本作から戦闘時の起動音が新しくなった。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
アクシオに搭載。目立った出番はない。新勢力次元獣のインパクトが強すぎるせいもあるのだろう。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
エアロゲイターメギロート等に搭載されている。序盤から登場することもあって弱い。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
リメイク版でもほぼ同様。
スーパーロボット大戦OG外伝
ゲーム終盤でダークブレインの取り巻きのソーディアンズガードに搭載されている。OGsの自律回路と同じと思いきや、特殊技能にガードEセーブ気力+ (ダメージ)等の厄介な技能を習得し、乗機の高い能力やダークブレインの存在もあり中々の強敵に。この頃には自軍にも高スペックな味方機が多くいるのであまり苦戦はしないが、200000という高いHPは厄介。
自律回路」に関する事実
外国語表記Autonomous Circuit +