気力+系技能

提供: スーパーロボット大戦Wiki
気力+ (ダメージ)から転送)
移動先: 案内検索

「気力+(○○)」という名称の気力ボーナス系特殊技能群。○○の部分に対応したアクションが起こることで、技能所持者に対して気力の上昇効果が発生する。技能レベルは存在しない。

種類[編集]

いずれの効果もマップ兵器による条件達成では無効の作品が多い。

気力+(命中)
所持者が攻撃を命中させた場合、気力が「+1」上昇する。
敵ターン中の反撃を主体に考えるなら敵思考で狙われがち&反撃しやすいユニット向け。作品・キャラにより攻撃命中や援護攻撃自体の気力上昇パターンはかなり異なるので、シンプルなようで仕様を理解した選定が必要となる。連続ターゲット補正等の影響次第で(回避)(ダメージ)の方が効率的なケースも多い。
気力+(回避)
所持者が攻撃を回避した場合、気力が「+1」上昇する。
リアル系ユニットとの相性が良い。
気力+(ダメージ)
技能所持者がダメージを受けた時、気力が本来の上昇値に加えて「+2」される。
他の気力+系技能は補正値が+1(戦意高揚は除く)なので、それらよりも優れた気力アップ効果を持つ。回避率が低く、防御値と機体の装甲が厚いスーパー系パイロットに取得させて前線に立たせれば、あっという間に気力が上昇する。逆に、回避力が高く装甲が薄いリアル系機体のパイロットには不向き。
気力+(撃破 / 壊滅)
(壊滅)は第3次Zでの名称。自軍ユニットが敵ユニットを撃墜させると所持者の気力が「+1」追加される。
大半のステージでは多数の雑魚敵が冒頭で配置されるので安定感が高く、他のキャラが速攻殲滅する後ろを追う形でも十分な気力が溜まりやすい。反面、ステージ内の敵数によりボーナス量が固定なので、撃破すべき敵数が少ないと頭打ちが早い。
気力+ボーナス
再世篇』より登場した、(命中)(回避)(ダメージ)(撃破/壊滅)の4つの効果が統合された技能。
気力+(ATK)
『V』より登場。「攻撃する」「反撃する」「援護攻撃に入る」と本来の気力変化に加えて+1される。
気力+(DEF)
『V』より登場。「敵からダメージを受ける」「回避する」「バリア、特殊回避で攻撃を防ぐ」と本来の気力変化に加えて+1される。

登場作品[編集]

時獄篇の気力+ボーナスを除き、登場作品では基本的にパイロット養成で取得可能。

気力+(命中・回避・ダメージ・撃破/壊滅)
作品 消費PP
第2次α 70
第3次α
OG2 60
OGS
OG外伝
Z 350
ZSPD
第2次スーパーロボット大戦Z 80
第3次スーパーロボット大戦Z 200
気力+ボーナス
シリーズ 消費PP
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇 200

類似効果を持つ要素[編集]

性格
近年は通常戦闘結果の気力の増減具合はこれにより差別化されている。
小隊長能力 / 隊長効果
小隊全員に(ダメージ)や(回避)の効果を与える小隊長能力が存在。
エースボーナス
NEOOEの「撃墜エース」には(命中)と同様の効果を与えるものが存在。
得意 / 黒騎士
(命中)の類似技能群。
華麗 / 得意
(回避)の類似技能群。
逆切れ / 頑固一徹 / 反骨心IMPACT版) / 闘志(特殊技能)/ 負けん気 / 楽天家(特殊技能)
(ダメージ)の類似技能群。
アーガマの血 / 螺旋力(OE版) / ゾイドウォーリアー
(撃破/壊滅)の類似技能群。