ソーディアンズガード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソーディアンズガード
外国語表記 Swordian's Guard
登場作品

バンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
ラストボス
テンプレートを表示
スペック
分類 ソーディアン防衛用機動兵器
全高 81.3 m
重量 500.1 t
開発 ソーディアンの住人達
所属 ソーディアン
テンプレートを表示

ソーディアンズガードは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ソーディアン要塞の住人達が要塞中枢部の防衛のために開発した機体。

本機はソーディアン要塞がムー帝国へ辿り着いた際、帝国の守護神であったライディーンを参考にして開発が行われたため、外見が同機を思わせるようなものになっている。

武装はライディーンの「ゴッドボイス」をベースにして開発されたと思われる「ゴッド・エディクト」を始めとして、いずれも高い攻撃能力を誇る。また、小規模な範囲での転移能力も備わっているようであり、乏しい機動性はこの能力によってカバーされている。

なお、『スーパーロボット大戦OG外伝』にてソーディアン要塞は複数存在することが確認されており、ソーディアンズガードは同作において登場したソーディアン(コードネームは「ラディ・エス・ラディウス4」。Scramble Commanderに登場したものとは別の舟)にも配備されている。今回は純粋にスパロボオリジナルの機体としての登場であるためライディーンとの関係はないはずであるが、ライディーンに由来するという設定であった外見や武装には特に手が加えられることもなく、基本的に全く同じ機体がそのまま登場している。

登場作品と操縦者[編集]

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ソーディアン要塞の中枢部でラストボスとしてシースの面々の前に立ちはだかる。
HP99000、必殺技耐性80%とケタ外れに頑丈であり、更に必殺技は広範囲・高威力。移動速度は遅いがワープ能力を持っているため、一箇所で袋叩きにすることができない…と、多くの面で非常に厄介である。同時に出現するソーディアンズダガーはνガンダムのフィン・ファンネルを活用するなどして早々に始末し、一刻も早く本機に集中できる体制を整えたい。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦 OG外伝
「ソーディアンズガード」表記。ダークブレインがその構造を解析し、手駒として使用してくる。HP220000と破格の耐久力を誇る上6機も出現するため、まともに相手をすると大変な時間と労力が必要になる。更にその後には最強の堅さを誇るボスダークブレインも相手にしないといけないので、ペルゼイン・リヒカイトヤルダバオト・神化など、EN回復を持つユニットの最強武器とEN、及び運動性を徹底改造し、反撃でダメージを与えていくと良い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ブレード・ビーム
背部からビームを放射する。
ブレード・アーム
空間転移し、両腕のアームで斬撃の後、腕を三つ股のクロー状に変化させ、エネルギーを込めて相手に打撃を与える。
ゴッド・エディクト
胸部を解放し、五基の波動衝撃砲からエネルギーを放射する。ライディーンのゴッドボイスを参考に開発。

特殊能力[編集]

ビーム吸収
EN回復(大)
フルブロック
全特殊攻撃を無力化。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「最後の審判者」
OG外伝での戦闘BGM

関連機体[編集]

ソーディアンズダガー
フラグメント