ムー帝国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

勇者ライディーン』の作品世界において、太平洋に存在していた大陸。妖魔帝国の侵攻と、それに伴う天変地異により大陸は滅亡し、今は存在しない。

モデルは現実世界において、1900年代から数えて約1万2000年前に太平洋にあったとされる大陸の伝説の文明であり、『勇者ライディーン』のほか現代のフィクションに幅広く流用されている。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
明確に「ムー大陸」が登場したのはこの作品である。マリアナ海溝深くの洞穴内に深く沈められた。地上ルートでは大空魔竜という万能戦艦が登場するため、10000m級の水圧にも耐え切れるので侵入可能となる。
大空魔竜が撃沈するとゲームオーバーである。また、レイズナーV-MAX発動(或いはレイズナーMk-II)やライディーンの武器入手などの隠し要素が満載。
トロニウムもムー帝国の遺産という設定となっている。

関連人物[編集]

ひびき玲子
ムー帝国の巫女。
ミュウ
』に登場するムー帝国の巫女。ホログラフィのみで登場。

関連用語[編集]

ラ・ムーの星