V-MAX

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

V-MAXとは、『蒼き流星SPTレイズナー』に登場するシステム。

概要[編集]

あらゆる事態に対処出来る緊急脱出システム。機体とパイロットの生存を最優先させる機能で、発動させるとレイズナーは「蒼き流星」となり、各スラスターの推進力を最大限に引き上げ、機体の機動性を一時的にアップさせる。

V-MAX発動時には、特殊フィールド(強電磁界とLCMパウダーによる一種のバリアのようなもの)が発生して機体を守っている。その為、実際には非常戦闘もしくは高速戦闘に使用されることが多い。しかし、V-MAX終了時には、機体の冷却の為に各部ハッチが開き、数分間に渡ってシステムがダウンしてしまう。

ゲームの影響でV-MAX=体当たりの印象が強いが、ナックルショットや腕部クローなど格闘をする事は多いものの、劇中ではそれほど体当たり攻撃を多用してはいない。また原作では機体のみならず人間を守る(保護対象者の周りに機体保護時と同じバリアを付与させる)用途で使用された事もある。

SRWシリーズにおける扱い[編集]

原作のような時間制限があるのは初出の『新』並びに『スペシャルディスク』だけで、基本的にはスーパーモードのような機体能力の向上効果になっている。

新スーパーロボット大戦
戦意130以上で発動可能に(個別コマンド「V-M」による任意発動)。武装に「体当たり」が追加される(インターミッションでは表示されないので改造できない)。ビームコートも装備されるが、本作のレーザード・ライフルは非ビーム属性のため敵SPTの攻撃の多くを無効化できないという原作と異なる仕様にされている。発動期間は3ターンで効果が切れたターンは一切の行動が不可能な無防備状態となる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
スーパーロボット大戦リンクバトラー
スペシャルコマンドの一つ。次のターン自分のAPを6に、敵のAPを半分(端数切り捨て)にし、武装「VMAX体当たり」が仕様可能になる。ただしその次のターンでは自分のAPが半分になってしまう。ペナルティ中の再発動も可能。
スーパーロボット大戦64以降
気力120(64のみ130)以上で発動し移動力運動性装甲にボーナス、分身ビームコートが追加される。能力の上昇値は基本的に「V-MAX」→「V-MAXレッドパワー」(敵専用)→「V-MAXIMUM」の順に大きくなる。なお武装の「V-MAX」は同等の気力制限があるだけで、個別改造の64でも直接改造で強化できる。
スーパーロボット大戦GC
分身は追加されない。また「V-MAXレッドパワー」のみ気力110で発動する。
スーパーロボット大戦XO
スーパーロボット大戦J
「V-MAX」と「V-MAXレッドパワー」の中間的性能の「V-MAX強化」が追加。
スーパーロボット大戦Operation Extend
今回は機体能力ではなく武装「V-MAX」の武器特性となっており、使用時に防御・回避の双方を向上させる。

主なユニット[編集]

レイズナー
V-MAX発動時はほとんど無敵だが、レイズナーに隠されたもう一つの思考回路「フォロン」がこれを発動する権限を握っていた。
強化型レイズナー
機動性の向上に合わせてV-MAXの限界出力も上昇しており、強化前を上回るパワーを発揮する。
レイズナーMk-II
V-MAXIMUMを搭載。レイズナー系統のV-MAXで最も高い出力を発揮可能とされる。
ザカール
レイズナーを基に開発されているためV-MAXを標準装備している他、特殊な強化剤を加えることで従来より15%以上出力を増したV-MAXレッドパワーを実装した。
ガッシュラン
外装型V-MAXを与えられ善戦するも、レイズナーとの相討ちを狙うDr.ニゾンの奸計に陥れられ自爆する。
SUN-DRIVE「SPT-LZ-00X レイズナー」
モチーフ元と同じくV-MAXを搭載しているが、発動するにはSUN-DRIVEの最終形態であるマキシマムモードへ移行する必要がある。

余談[編集]

  • 同時期にヤマハからほぼ同名のバイク・VMAXが発売されており、それがネーミングの由来と思われがちだが、SF小説『戦闘妖精・雪風』に登場する同名のシステムが実際のモチーフとされる。
  • スクウェア・エニックスが発売したRPG『サガ・フロンティア』にてV-MAXという直接すぎるコマンドがある。これを使用すると3ターンの間だけ超強化され、必殺技として体当たりも可能。3ターンで効果が終了し全パラメーターが下がる所まで再現されている。