ガッシュラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガッシュラン
外国語表記 GASHLAN
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マルチフォーム
生産形態 試作機
型式番号 MF-MC-73U
全高 8.51 m
全備重量 13.42 t
エンジン出力 208 PU
ロケット推力 8,820 kg×2
アポジモーター 9基
装甲厚
胸部
125 mm
センサー感度 -55.8 dB
所属組織 グラドス軍
所属部隊 死鬼隊
パイロット マンジェロ
テンプレートを表示

ガッシュランは『蒼き流星SPTレイズナー』の登場メカ

概要[編集]

死鬼隊の一員、マンジェロ専用のMF

機動性が非常に高い。足の鈎爪で敵SPTの肩に取り付き、右腕のハード・コーン(ドリル)、左腕のスクイーズ・アーム(万力)を用いて、頭上からコクピットを破壊する戦法に特化された機体である。

マンジェロが失敗の穴埋めにと、ル・カインから最後のチャンスとして外装型V-MAXを与えられ善戦するも、レイズナーとの相討ちを狙うDr.ニゾン苦肉の策[1]に陥れられ自爆する。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ただでさえ回避能力が高い上にV-MAXが発動すると分身とビームコートがついて厄介な存在となる。出現したら他の雑魚等は無視して真っ先に落とすのも手。V-MAXでの攻撃時に同機のリアルサイズ頭身カットインが入る。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
まだV-MAXは実装されず。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトル、カラオケモードに登場。おまけマップにも敵として登場。
スーパーロボット大戦64
同作からV-MAXが実装されたため、気力を130まで上げさせると危険。尤も意図的に倒すのを後回しにしないと130に達しないであろうが。
スーパーロボット大戦GC
今回のV-MAXは武装のみで、特殊能力にはなっていない。
スーパーロボット大戦XO

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

胸部バルカン
2門装備。
ハード・コーン
右腕のドリル。主にコクピットの破壊に用いられるが、通常の近接武器としても実用に耐え得る性能。通常のマニュピレーターに変形可能。
スクイーズ・アーム
左腕の万力。主にコクピットの破壊に用いられる。ハード・コーンに比べると通常武器としての実用性は一歩劣る。
レーザード・ガン
通常のマニュピレーターに変形させた右腕で保持する。
鉤爪
脚部の鉤爪。主に敵PTの肩を掴んで動きを止める際に使用する。
V-MAX
後に外付け式の急増品が搭載された。

合体攻撃[編集]

ジェノサイド・オウガ
エルダールダンコフの合体攻撃。『XO』で実装。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。
V-MAX

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 外装型V-MAXの性能を過信したル・カインの無理難題によって十分な調整とパイロットの訓練が行なえなかった為。