ダンコフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンコフ
外国語表記 Dankova
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マルチフォーム
生産形態 試作機
型式番号 MF-DK-61U
頭頂高 9.43 m
全高 10.43m
全備重量 14.89 t
エンジン出力 218 PU
ロケット推力 9,760 kg×2
アポジモーター 6基
装甲厚
胸部
150 mm
センサー感度 -53.9db dB
所属組織 グラドス軍
所属部隊 死鬼隊
パイロット ゲティ
テンプレートを表示

ダンコフは『蒼き流星SPTレイズナー』の登場メカ

概要[編集]

死鬼隊の一員・ゲティ専用のMFで、全SPT中最大のパワーを誇る。

格闘戦に於いてコクピットのパイロットを守る為、頭部には可動式のフェイスガードが装備されている。両肩の大型キャノン・オーバーレイアーティラリーと、腿の部分に収納したパワーナックルを主武装にする。

レイズナーV-MAXを封じる為の「限定空間」として、地球解放戦線機構の地下工場を戦場に据えた上で、同施設を守るべく残留していたレイズナーを奇襲。背部に装着した浮遊機雷散布バックパックを用いてエイジを苦しめた。だが、ゴステロの介入により脚部関節を破壊され歩行不能に陥り、其処をエイジにつけ込まれエルダールのスネーク・ドリルを逆手に取った同士討ち作戦に因って破壊された。皮肉にもそのゴステロ自身も、コントロール不能に陥ったダンコフに踏み潰され、あえない最期を遂げる。

然しながらダンコフの爆発で地下工場が壊滅した事に因り、地球製SPTの開発は更なる遅延を強いられる結果と成った。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
装甲・HPは死鬼隊の機体ではトップで、反面運動性と移動力は低め。オーバーレイ・アーティラリーは射程3~8なので接近して攻撃すべきだが、パワー・ナックルも攻撃力がある為、注意が必要。オーバーレイ・アーティラリーでの攻撃時に同機のリアルサイズ頭身カットインが入る。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
原作同様、ゲティ専用機。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトル、カラオケモードに登場。おまけマップにも敵として登場。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦GC
他の死鬼隊の機体が格闘寄りの性能になった中、依然オーバーレイ・アーティラリーが強力。
スーパーロボット大戦XO
合体攻撃が追加された。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

パワー・ナックル
脚部に収納されているナックルショット。
オーバーレイ・アーティラリー
両肩に装備した大型レーザー砲。有効射程28kmという長射程を誇る。
レーザード・ガン

合体攻撃[編集]

ジェノサイド・オウガ
ガッシュランエルダールの合体攻撃。『XO』で実装。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

商品情報[編集]