フォロン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォロン
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
声優 原えりこ
初登場SRW スーパーロボット大戦J
テンプレートを表示
スペック
分類 OS
開発者 ケン・アスカ
テンプレートを表示

フォロンは『蒼き流星SPTレイズナー』に登場するAI

概要[編集]

ケン・アスカの意思により、グラドス創世に関するデータと共に、秘密裏にレイズナーに搭載されたOS。

原作第8話でゴステロ搭乗のブレイバーに追い詰められても尚、反撃しようとする素振りすら見せないエイジへ業を煮やしたかの如く、彼が放心状態に陥っている間にコントロールを奪ってブレイバーを撃破したのが本編中に於ける最初の発現であった。

もう一つのOSたるレイがレイズナーの表の顔ならば、フォロンは裏の顔とも言うべき存在。基本的に命令に従うだけのレイとは異なり、独自の意思と高度な自我まで確立している規格外に高精度なAIを誇る。レイズナーに対する権限も非常に強く、彼が機能を解放しなければV-MAXは一切使用できず、場合によっては操縦者から機体のコントロールを強制的に奪うことも可能。グラドス創世の秘密の伝承と保護を最大の使命とし、そのためなら如何なる手段も厭わない冷酷さを持つが、対話に応じて考え方を変えたりするだけの融通さと判断能力も持ち合わせている。

エイジと直接対話により使命の遂行を彼に託し、自身はレイにV-MAXの制御と権限を預けて奥に引っ込んだ。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J

関連機体[編集]

レイ
レイズナー
強化型レイズナー
レイズナーMk-II