アギラ・セトメ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アギラ・セトメ
外国語表記 Aguila Setome
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 真山亜子
デザイン 河野さち子
初登場SRW スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 不詳(推定60歳以上)
所属 特脳研スクール(地球連邦軍)⇒アースクレイドル
役職 博士
テンプレートを表示

アギラ・セトメは『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』の登場人物。

概要[編集]

かつて「特脳研」に所属していた研究者。現在は人間の潜在能力を引き出す研究を行っている科学者である。

「感情こそが人間の力を引き出す鍵」という信念のもとに研究を行っているが、そのために手段を選ばず、記憶の捏造、改変を目的とする「リマコン」(リ・マインドコントロール)により被験体を思いのままに操っている。その扱いには一片の情愛もなく、かつてスクールではオウカ・ナギサアラド・バランガゼオラ・シュバイツァーラトゥーニ・スゥボータらに過酷な実験を行い、多くの生徒を死に追いやった。

特脳研を去った後、よりよい研究の場を求めてディバイン・クルセイダーズに参加、ノイエDCシャドウミラーらと共謀してイーグレット・フェフ博士と共に新人類の創造へと着手した。フェフは機械人類マシンナリー・チルドレンを、アギラはあくまで人間の意志による強化を目指した。しかし、かつてのスクールの生徒であったオウカやゼオラはアギラの洗脳をアラドやラトゥーニ、そして助手であるクエルボ・セロらの懸命な努力により自分を取り戻した。人間の意志による強化を目指したアギラであったが、その方法論はフェフの行いと同様に友情や愛情の力より崩壊。彼らが模索できなかったその心に敗れた。

クロガネ隊によるアースクレイドルへの攻撃でアギラ自身も倒されてしまうが、暴走したマシンセルによる蘇生を試み、オウカをマシンセルで取り込もうとするが、オウカが発動させた自爆コード「ATA」により共々最期を迎えた。

なお名前の元ネタはおそらくスペインの兵器研究機関の略称、もしくはそこが開発したライフルの名称である「セトメ(Cetme)」。なお、このセトメ・ライフルを元にヘッケラー&コッホ社(アードラー・コッホの名前の元ネタとされる)が同社のヒット作して有名なG3ライフルを開発している。またファーストネームは「鷲」のスペイン語に由来する。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
プロフィールは上記参照。対峙するのは分岐先のアースクレイドルルート「眠れ、地の底に」にて。能力的には最低。しかし、その狂気っぷりはその場にいたアーチボルトや、イーグレット・フェフらが空気になるほど。怒涛のイベントラッシュに付いていけないプレイヤーも多かったのではないか。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
基本はリメイク作品である上記と同じ。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
アニメ作品。プロフィール通りの行動だが、ソルグラビリオンに搭乗したり、アースクレイドルのマシンセルで暴走したりと最後の最後までしぶとさをみせた。
スーパーロボット大戦OGディバイン・ウォーズ Record of ATX
OG2本編に先駆けて登場しており、ゲーム本編ではありえなかったアードラーとの共演を果たしている。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター Record of ATX
アニメ版準拠であるが、α外伝におけるメイガスのポジションも担っている。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

元々研究者だけあって最低クラス。防御だけは高いため、微妙にしぶとくはある。

精神コマンド[編集]

何とツイン含め持っていない。人の心など持ち合わせていないということか?

特殊技能(特殊スキル)[編集]

ガード気力+ (ダメージ)
技能も二つのみ。早めにガードが発動するうえPPでは防御するためしぶといが、回復しないので殴りつづければ倒せる。

エースボーナス[編集]

受ける最終ダメージ-5%、回避率+5%
EXハードで所持。ダメージはともかく、戦艦に乗っているうえ、底力もないのに回避率が上がっても無駄である。やはりこれもしぶとさのあらわれか。

人間関係[編集]

アードラー・コッホ
ディバイン・クルセイダーズ時代の同僚。相当なマッドサイエンティスト同士である。
イーグレット・フェフ
ノイエDCにおける同僚だが、彼の手がけるマシンナリー・チルドレンにはあまり良い感情は持っていない。
レモン・ブロウニング
直接的な関わりは無かったが、彼女の生み出したWシリーズにも良い感情を持っていなかった模様。
クエルボ・セロ
彼女の関係者として働くが、彼は良心の呵責に苦しんだ。
オウカ・ナギサ
スクールの最高傑作「アウルム1」であり、アギラの研究の最大の犠牲者。最後は彼女のコードATAによって道連れにされた。
アラド・バランガ
スクールの欠陥品として軽蔑する。
ゼオラ・シュバイツァー
スクールの研究対象。一時は彼女の記憶を書き換えるにいたった。なお『OG外伝』ではデュミナスの非道振りに対して「セトメ博士以下」と発言していた。
ラトゥーニ・スゥボータ
スクールの被検体「ラトゥーニ11」。スクールの欠陥品として廃棄扱いするが、彼女は仲間の手によって人の心を取り戻し、成長していた。
リュウセイ・ダテ
かつての被検体の息子であり、彼の力にも興味を示す。無論、人間をモノとしか考えない彼女に対して彼は怒りを隠さない。
ユキコ・ダテ
特脳研時代の被検体。
アヤ・コバヤシ
特脳研時代の被検体。ケンゾウと共に彼女の偽の記憶を作成した。
マイ・コバヤシ
特脳研時代の被検体。
アタッド・シャムラン
特脳研時代の被検体だったが、エアロゲイターの手によって新たな名前と生命を得る。
ケンゾウ・コバヤシ
特脳研時代の同僚。

名台詞[編集]

「ほう、お前の母親は特脳研におったのかえ? そうか、それでその機体に乗っておるわけか」
「ならば、ナンバー2……いや、ナンバー3がお前の母親じゃな」
「図星か。しかし、惜しかったのう……」
「ナンバー3は、ワシが特脳研へ入る前に登録を抹消されておった」
「残っておれば、ナンバー5や7同様、ワシが記憶を作ってやったのにのう」
「フン、尻の青い若造が……聞いた風な台詞を吐くではないわ」
「何なら、母親の代わりにお前の脳ミソをいじってやろうか? ん?」
OG2の中盤で初対面したリュウセイに対して。当然、彼を激怒させてしまう。
「え、ええい! こんな所で終わってたまるかえ! ワシはまだ研究を続けるんじゃ!」
「そ、そして! マシンナリー・チルドレンやWシリーズを超えた戦士を創る!」
「イーグレット・フェフやレモン・ブロウニングではなく、このワシが!このワシが新たな種の創造者となるのじゃあぁぁぁ!!」
OG2「眠れ、地の底に」にて、彼女の乗るライノセラスを撃墜した際の断末魔。アラドは「おれ達はスクールの呪縛から解き放たれた」と安堵するが…
「ワシはまだ死なんぞ……!まだ死なん……!」
「メ、メイガスの力で……ワシの身体からマシンセルを……!」
OG2「眠れ、地の底に」にて。崩れ落ちるアースクレイドルの中でしぶとく生き残っていたアギラは、ベルゲルミルのなりぞこないを駆り、マシンセルに取り込まれつつも生き延びようと抵抗する。
「ワシがマシンセルに冒されておることを忘れたか!! 貴様もワシと同じ目に遭わせてやる!! この木偶人形めがッ!!」
「フェハハハハ! 馬鹿め、馬鹿めが!!」
「人形の分際でこのワシに逆らうからそうなるのじゃ! フェハハハハハ!!」
「ワシは死なん! が、貴様はそこでマシンセルに取り込まれ……今度はメイガスの人形になるがいい!!」
とどめを刺さんとしたオウカを逆にマシンセルで侵食し、悦に浸るアギラ。しかしオウカの決死の覚悟はその余裕を上回り…。
「コ、コ、コードATAじゃと!? き、貴様! 自爆するつもりか!?」
「え、ええい! 離せ! 離さんか、人形めが!!」
「や、やめろ、アウルム1! やめろぉぉぉぉっ……!!」
断末魔。幾多の子供たちを自分の研究の食い物にしてきた老婆は、最後は皮肉にもその最高傑作であるオウカの手によって自分の命を絶たれる事になったのだった。
「ニンゲンというのものは記憶や感情という衝動に衝き動かされた時、素晴らしく大きな力を引き出すことができる」
「それが紛い物の記憶であろうと本人がそれを信じる心さえあれば発揮することができる」
「ワシはそれが見たい。ワシは人間の可能性を信じておるでな
『RoATX』より。アーチボルドに対し、敢えて記憶や感情を残す調整を施す理由を説明する。スーパー系の作品で良く聞くフレーズだが、正反対とも言えるほどに禍々しい意味合いとなっている。