リオ・メイロン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リオ・メイロン
外国語表記 Rio Meilong
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 夏樹リオ
デザイン 河野さち子
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
主人公
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(中国系と日本系のハーフ)
性別
誕生日 2月16日(αのデフォルト設定より)
星座 水瓶座(αのデフォルト設定より)
年齢 18歳
血液型 A型(αのデフォルト設定より)
所属
役職 ハガネオペレーター(OG1、OG外伝) → マオ・インダストリー社出向 → 地球連邦軍PTXチーム
軍階級 伍長 → 曹長 → 少尉
テンプレートを表示

リオ・メイロンは『スーパーロボット大戦α』の主人公の一人。

概要[編集]

「勝ち気な主人公」。正義感が強く、明朗な面倒見のいい少女であるが、思い込みも激しい。ディバイン・クルセイダーズDC)に所属して性格が気弱なリョウト・ヒカワを当初は嫌っていたが、DCから捨て駒にされたリョウトを放ってもおけなかったようで、その後はパートナーとなっている。現在はハガネのオペレーターを務めているが、いざとなればパイロットも務める。

声優名と主人公の名前が同じなのは彼女だけ。また「悪を断つ剣」をスパロボで初発言したのも彼女(下記、名台詞参照)。

スパロボα設定では母親は日本人であり、リオは中国系と日本系のハーフである。OGシリーズでは「母親直伝の中華料理」という言葉からこの設定は無くなっている模様(ただし「中華料理が得意な日本人」の可能性はある)。また、『α』スーパー編では学級委員をしているという発言がある。

容姿がアジア系でチャイナ服をあしらった衣装の為、同じ中国系のリンよりもっともらしい中国系なキャラ。

普段の彼女からはわかりにくいのだが、一応会社重役のお嬢様である…が本人はお嬢様扱いを嫌がっており、最初は家庭環境を隠していた(この点は同じお嬢様キャラのレオナとは対照的である)。リクセント公国には避暑旅行で訪れた事があるらしい。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
初登場作品。担当声優の夏樹リオ氏は当作品でスパロボ初参加。
デフォルトで天才を持ち、精神コマンド大激励という有用なコマンドがある。また、リアル系の場合に限り、念動力の成長限界LVが8から9に上がる。念動力の伸びは初期は平均的な感じだが中盤辺りから長期に渡って念動力Lvが全く上がらなくなる時期がある。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
リュウセイルート中盤から参戦。それまではハガネのオペレーターとしてNPC扱いで出てくる(ハガネの戦闘シーンには未登場)。DCから投降したリョウトに対して軟弱者として厳しく接するが、この事から後に接点が増加していくことに。能力的には中の下ぐらいだが精神コマンド『気迫』を使えるためR-GUNと相性がよい。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
前作で猛威を振るった精神コマンド『気迫』を失ってしまう。能力的にはやはりぱっとせず、特に大きなイベントも無いためリョウトのおまけといった印象すら感じられるほど。デフォルトの乗機はAMガンナーだが、相方のリョウトがヒュッケバインボクサー向きの能力であるため、ヒュッケバインガンナーをこのカップリングで乗せて使いたいのならばリョウトよりも射撃の高いリオをMk-IIIに載せよう。後によりガンナー向きの能力を有すユウキカーラのペアが参戦するため、AMガンナーのシートはカーラに譲って自分はユウキの持ってきたラーズアングリフ辺りがお勧めだが、あえてグルンガスト弐式に乗せてαのリアル系主人公ルート終盤の組み合わせにしてみるのも一興。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
リメイク作品。扱いはOG1及びOG2に準拠しているが、リメイクに伴い、ゲームシステムが変更され、ツイン精神コマンド・修行を習得。これが極めて大きく、ヒュッケバインガンナーのメインパイロットにして、ツインユニットを組めば、対ボス戦で凄まじい量のPPを稼いでくれる。ツインユニットのメインをSRXにして、リオとAMガンナーのパイロットにラーニングを習得させれば更に効果が高い。中の下の能力値は変わらないが、このためにPP養成で一気に挽回できる。効果の乏しい戦意高揚を上書き出来るようになったこともあり、仕様変更の恩恵を最も享受できたキャラだと言えるだろう。
スーパーロボット大戦OG外伝
今回は出番は少なめ。しかも強制出撃時に乗る機体が戦闘機扱いのAMガンナー……と不遇な扱い。ただし、修行を用いたPP稼ぎにはOGsから継続して最適であり、プレイヤーの愛と工夫さえあれば簡単に劣勢を挽回して大活躍できる。今回はデフォルトで2人乗りのグルンガスト参式が乗り換えできるため、前作のヒュッケバインガンナーよりもさらに効率よく稼げる。リオをメインとしてサブにリョウトをおけば恋愛補正も入ってなかなかのダメージが出せるし、サポート精神が豊富なカーラをパートナーで乗せると、バランスのいい活躍ができる。また、PPで格闘値を上げたり、攻撃系の能力を覚えさせておくと、より真価を発揮できる。
第2次スーパーロボット大戦OG
プレイヤーの空気を読んだのか、エースボーナスが「修行の消費率低下」になりPP稼ぎの第一人者となった。エースボーナスと集中力込みでは消費20に。プレイヤーの動かし方次第では驚異的に稼がせることもできる。問題があるとすれば彼女一人がPPを稼ぎすぎてしまうことだが、修行の使用回数を増やせるようSP上昇や集中力を中心に習得し、余ったポイントは低めの能力値の補填に充てよう。このように稼ぎ頭として戦場での活躍が増した一方で、ヒュッケバインMk-IIIが破壊されてしまったことでデフォルトの乗機であるAMガンナーが合体が出来なくなり、存在意義を大きく失ってしまった(初回特典のコミックではR-1との合体を披露していたのに…)。前作までも相性の都合でAMガンナーから降りることは少なくないが、今回は強制出撃以外では率先して別機体に乗り換えなければ(稼ぎ以外での)活躍は見込めない。外伝でもグルンガスト参式との相性はよかったが、今回はリョウトのツイン精神が変更されたため、「リョウトの魂で大ダメージを与えながらリオの修行で稼ぐ」という戦い方も可能になった。本作ではリョウトも機体に恵まれないため、他にPPを稼がせたいキャラがいなければこの組み合わせがお勧めである。なお本作では服装がオペレーター服からクスハらと同じ軍服に変更。パイロットに専念することにしたようだ。
スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE
アニメジ・インスペクターで登場したエクスバインの2号機エクスバインタイプL(赤カラーのエクスバイン)に搭乗した状態でゲームに登場。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
前作までに登場したキャラの中では真っ先にPVに登場。エクスバインガンナー・タイプLに搭乗している。
本作からPTXチーム結成により、軍属になった模様だが、父ユアンはどのような気持ちだろうか…
エースボーナスは第2次OGと同じだが、本作ムーン・デュエラーズでは能力値が射撃よりになった。そして、周回プレイのパイロットポイントが「全パイロット総収得ポイント振り分け」から「一人パイロット持ち越し」となったため、一人で稼がせ過ぎない様に。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
ハガネのクルーとして活躍。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
今回はAMガンナーの専任パイロット。どういうわけか眉毛が凄いことになってしまっている。α主人公の女性陣の中では唯一EDにも出てこず、扱いが不遇。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
ハガネのクルーとして活躍。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
「OGシリーズ」設定。SRXR-GUNパワードのユニットクエストに登場するシナリオNPC。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

「悪を断つ剣」を使う彼女だが、能力は平均。念動力はどのシリーズでもレベル8止まり。

精神コマンド[編集]

スパロボα※デフォルト、誕生日により変化
幸運ひらめき必中熱血大激励
デフォルトで大激励が使えるのが大きい。
OSsOG外伝
ひらめき努力熱血必中集中加速修行(ツイン精神)
第2次OGOGMD
ひらめき気合集中努力熱血修行(ツイン精神)

特殊技能(特殊スキル)[編集]

OSsOG外伝
念動力L8底力L9戦意高揚
第2次OGOGMD
念動力L8底力L5戦意高揚援護攻撃L1

固有エースボーナス[編集]

獲得経験値+10% 獲得資金+10%
OSsOG外伝ではこちら。
精神コマンド「修行」の消費SP25
第2次OGOGMDではこちら。

専用BGM[編集]

「RIGHT AND KIND」
OGSで新規製作された戦闘曲。今作ではリョウトとの供用。
「JUSTICE GIRL」
OG外伝で新規製作された戦闘曲。「RIGHT AND KIND」はリョウトの専用曲となった。

人間関係[編集]

リョウト・ヒカワ
彼女のパートナー。お互い性格は全く正反対だが、その点はお互いカバーし合っている。OG2の時点では技術者のリョウトのためにテストパイロットに徹するなど良き女房役になっていた。ちなみに初期の頃はリョウトの性格にイライラしており、「ウジウジしたタイプは大嫌いだ」とまで言っている。
リン・マオ
マオ・インダストリーの社長で、同じ中国系。人間としてもパイロットとしても尊敬している。
クスハ・ミズハ
同い年であるが、リオが引っ張っている。お互い親友。α主人公がOGシリーズに出た際、OG1最初期から同僚なのはこの組み合わせだけ。
リュウセイ・ダテ
OG1(GBA版のみであるが)では序盤でハガネのクルーになったクスハを一方的に責めていた彼を非難した。
レオナ・ガーシュタイン
同い年で、こちらはお互い気の強い親友。一応、お嬢様同士でもある。レオナの事は「何でもできる完璧な人間」と思っていたようで、彼女の料理下手が発覚したきっかけはリオが「料理も得意そうだから」と料理に誘ってしまった事である。ちなみにリオはクスハと共に彼女とタスクの進展に興味津々である事が中断メッセージで判明する。
ユアン・メイロン
父親であり、マオ・インダストリーの重役。ユアンはイルムの父・ジョナサンとは知り合い。なお、彼が父親である事が皆に知られた際に家庭環境もバレている。
エイタ・ナダカ
ハガネに同乗するオペレーター。仲が良いものの、リオがパイロット要員として出撃するためか、エイタは貧乏くじを引くことが多い。
アヅキ・サワ
OGINや第2次OGでは実質リオの後任オペレーター…なのだが、現時点では彼女との絡みはない。
ゲーザ・ハガナー
彼の死に複雑な思いを抱えるリュウセイやリョウトを尻目に、彼の死を自業自得と断じた。

名台詞[編集]

「悪を断つ剣…その名は、計都瞬獄剣!!」
グルンガスト弐式搭乗時の台詞。スパロボにおける元祖「悪を断つ剣」発言。ただ、自分自身を「剣」と称するゼンガーとはニュアンスは異なる。
「巨悪を断つ剣…その名は龍王破山剣!!」
上記台詞の龍虎王版。α以外では聞けないのが残念。
「悪! 即! 断!!」
参式獅子王刀・歳破使用時の台詞。元ネタは漫画「るろうに剣心」に登場する斉藤一の信条「悪・即・斬」より。
「ダメよ。学級委員として、そういうことは認められないわ」
α』スーパー編第1話「鋼鉄のコクピット」より。「進級試験の勉強のためにノートを貸してくれ」とせがむ甲児に対しての返答。生真面目な性格が現れている。
「私たちが本当に正しいかなんてわからない…。でも、これだけははっきりと言える! 多くの命をもてあそんだあなたは…明らかに悪よ!」
αの最終話より。ユーゼスとの戦闘前会話であり、DVE台詞。
「こうして、私の戦いは、終わりを告げました。そして、私は両親の元へ帰る決意をしました。ブライト艦長や他のみんなにはひき止められたのですが、これ以上、父様や母様に心配をかけられません。でも、地球圏に新たな脅威が迫れば、私は再び、ロンド=ベル隊に戻るつもりです。その時のために、もっといろいろなことを学びたいと思っています」
『α』エンディングより。DVE台詞。
「ちょっと、クスハは何も悪いことしてないわよ! どうしてそういう言い方するの!?」
OGリュウセイ編第8話「ハガネ発進」より。前述にある通り、ハガネに乗っていたクスハを責めたリュウセイに対して。
「そうです。私…正義のために戦いたいんです」
『OG』リュウセイ編第15話「トーマスの罠」より。イルムに何故パーソナルトルーパーに乗るのかと言われて。リオらしい正直な返答。
「…気にすることはないわ、リョウト君……」
「……あの人に同情の余地なんてない。自業自得よ…」
「…それよりも許せないのは…ああいう形で地球人を利用しようとするエアロゲイターよ…!」
『OG』リュウセイ編第40話「インセクト・ケージ」orキョウスケ編第39話「一点突破」に於けるゲーザ撃墜時の台詞。前述にある通り、彼の死を自業自得と断じた。
「悪は必ず滅びるのよ!」
OGSにおけるグルンガストの計都羅喉剣・暗剣殺での止め台詞。悪を許さないリオの性格が前面に出ている。

迷台詞[編集]

「悪! 即! 蹴りぃぃっ! どっせぇぇぇぇぇいっ、と!!」
究極!ゲシュペンストキック使用時の台詞パターンの1つなのだが、見事なまでに雄雄しい叫びであり、恋人とは完全に正反対である。

搭乗機体[編集]

量産型ゲシュペンストMk-II
初期に搭乗した機体。
量産型ゲシュペンストMk-II・タイプTT
ゲームでは初実戦の乗機。
AMガンナー
ヒュッケバインMk-IIIアーマードモジュール
エクスバイン
赤い2号機に搭乗。

αシリーズ[編集]

ヒュッケバインMk-II / ヒュッケバインMk-III
グルンガスト弐式
龍虎王 or 虎龍王

余談[編集]

  • 何かと「正義」や「悪」に拘る性格や、中華系のキャラクターである事から、一部のユーザーからは某ガンダムパイロットとの類似性を指摘される事も多い。その為かファンの間では「ごひ子」の愛称で呼ばれる事がある。(ちなみに過去のバンプレストオリジナルにはその某ガンダムパイロットと中の人が同じ人物がいる)
  • また、究極!ゲシュペンストキックの「悪!即!蹴り!」の元ネタはおそらく「るろうに剣心」の斎藤一の正義たる信念「悪・即・斬」とみられる。
  • ちなみに、シシオウブレードでの攻撃時には「悪・即・断よ!」と言っている。……ギリギリである。