ラリアー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ラリアー
外国語表記 Lalia / λαλια
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 永田亮子
デザイン 白川紋子
糸井美帆(リファイン)
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ホムンクルス「テクニティ・パイデス」
性別
年齢 10歳以下(推定)
製作者 デュミナス
髪色
所属 デュミナス
テンプレートを表示

ラリアーは『スーパーロボット大戦R』の登場人物。

概要[編集]

創造主デュミナスにより造られたホムンクルス「テクニティ・パイデス」で、「ヒュポクリシス」を乗機とする。

面倒見のいい温厚な性格で、大人しい。一人称は「ぼく」。ティスデスピニスと共に、その身体能力はシャッフル同盟相手にすら(外見や発言からまともに戦えない状態だったとはいえ)有効打を放つほど高い。

ラウンドナイツの打倒に結託した異邦人達の会談に突如姿を現し、同盟への参加を表明する。が、これといった協力は行わず、初めから同盟の戦力を狙っていたと思われる。ミケーネ帝国キャンベル星人がラウンドナイツに最終決戦を挑む折に、闇の帝王には宇宙攻撃隊長の地位、女帝ジャネラには将軍の地位を約束させ、参戦を約束した。異邦人達の持つ兵器のデータ目当てで接近した事は明白だが、将軍の地位を求めたのは、力に対するコンプレックスからかもしれない。

気弱な性格ではあるが、ティスやデスピニスを守ろうと体を張るなど、男気はある。ティスも「やっぱ、あんたは男の子だよ」と彼の覚悟を認めた。

最後は弱ったデュミナスを復活させるべくその身を捧げるが、生まれ変わる時は「僕は…みんなを守れるだけの力が欲しいです」と願った(以上はRの概要)。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
ミケーネ帝国恐竜帝国キャンベル星人ボアザン星人の連絡役。大人しいゆえ、目立たない。妙に将軍の地位を欲しがるのには、訳がある。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
「OG2.5」のみ登場。今回は顔見せ。
スーパーロボット大戦OG外伝
OG外伝では敵対勢力は少ないので、Rほどの働きはない。ティスと同じく最後は自身の意に反してデュミナスデュナミス3)に取り込まれてしまう。

パイロットBGM[編集]

「ORIGINAL SIN」
Rのテーマソング。
「BE A PERFECT」
OG外伝のテーマソング。

人間関係[編集]

デュミナス
創造主。
ティスデスピニス
同じホムンクルス。
ラウル・グレーデンフィオナ・グレーデン
目立った関係はなく宿敵というよりはただの敵という認識である。

名台詞[編集]

「ああっ、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…ごめんなさーい!」
R』第25話「東方不敗は二度死ぬ」より。シャッフル同盟白兵戦を行ったときの台詞。
「……デスピニス……先に……行ってるよ……」
「お母さん……僕達は……今、一つに…………」
OG外伝』34話「生まれ落ちた過ち」にて、ソーディアン内での決戦でティスと共にデュミナスに取り込まれたときの台詞。

搭乗機体[編集]

ヒュポクリシス