パイロットポイント

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』より一部作品で導入された、敵機の撃墜によって経験値とは別に得られるポイント。略称はPP。これを消費して、インターミッションや出撃準備のパイロット養成時に各種ステータスの更なる上昇や特殊技能の追加習得を行う。

強敵は獲得PPも高めのため、雑魚戦担当もボス止め担当もそこそこ貰えるが、削り役はどうしても少なめになる。

なお『OG2』『第2次α』『第3次α』『OGs』『OG外伝』『Z』では熟練度SRポイント)を獲得した際に、出撃していた全パイロットへPPボーナスが加算される。

『COMPACT3』ではマップクリア時にもターン数に応じて獲得することができ、出撃していたパイロットに振り分けることができる。クリアターンが早いほど多く獲得できる、とスキルコーディネイトシステムの方向性を引き継いでいる。

採用作品[編集]

採用作品では、必ずパイロット養成が実装されている。『Z』では過去作品と比べ、獲得・消費PPが共に5~10倍くらいインフレしている。

王道シリーズ
OGシリーズ
その他

関連用語[編集]

修行 / 伝授
パイロットポイントが2倍になる精神コマンド
リーンの翼
パイロットポイントが2倍になる強化パーツ。ただし、「移動力-2、運動性-20、装甲-500」のマイナス効果もあるため、使い所が難しい。
ランカのディスク
『第2次Z』におけるパイロットポイント倍増パーツ。リーンの翼のようなペナルティ効果はなし。
シルバーエンブレム
『再世篇』より登場した「エンブレム」の一つ。獲得PPが『再世篇』では3倍、『時獄篇』では2倍となる。
プラーナコンバーター
『第3次Z』に登場。気力150以上で獲得PPが2倍となる。
ラーニング、戦技マニュアル
小隊システムが採用されたシリーズで、小隊員が小隊長と同値のパイロットポイント(と経験値)を得られる特殊技能および強化パーツ。
ボーナスポイント
『D』『J』『W』でPPの代わりにパイロット養成で用いるポイント。1レベルアップで1獲得(『W』ではスキルパーツ消費でも獲得可能)。こちらはパイロットのパラメータのみ上げられる。略称はBP
社長サラリーマン
『第2次Z』でPPに関わる先天特殊技能として登場。前者は竹尾ワッ太専用で、出撃した場合に、他に出撃した全パイロットにPP+5(エースボーナスでさらに+5)。後者はシナリオクリア時、レベルアップ時、10機撃墜時にPP+3。なおZシリーズでは同作以降、SRポイントを獲得してもPPを得ることはできない。
サブオーダー(トレーニング)
『第2次Z』で登場。インターミッションで前マップに出撃してないパイロットの中から選択で数人に各PP20を与える。
ボーナスPP
『第3次Z』のシステム「タッグコマンド」の一つ。使用直後の戦闘で獲得PPが2倍となる。
タックポイント
V』にてスキルプログラム制が採られたのに伴い、パイロットポイントに代わって採用されたポイント。TacPと略す。ここで挙げられているPP獲得に関わるものの一部もPPをTacPに置きかえる形で登場するが、TacPはパイロット単位ではなく部隊全体で一元管理される。また、ファクトリーで使用するリソースとしての役割も兼ねている。