アーマードモジュール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

アーマードモジュール(Armored Module)とは、『バンプレストオリジナル』に登場する兵器。

概要[編集]

ディバイン・クルセイダーズEOTを参考にし、テスラ・ドライブを搭載した機動兵器群。

具体的に「リオンシリーズ」が該当し、主に空戦に特化した兵器であるが、数多くのバリエーションを持ち、様々な地形に対応している。詳細は同項を参照されたし。「アーマードモジュール」という名称が登場したのが『スーパーロボット大戦α』であり、αシリーズにおけるグランゾンがこのカテゴリーに入るのだが、暫定的に付けられてただけで正式名称ではない。

初期のOGシリーズにおいてはパーソナルトルーパーのライバル的ロボットとして強調されており、特にDC戦争では「戦車から進化したロボット(パーソナルトルーパー)による陸戦が得意な連邦軍と、航空機から進化したロボット(アーマードモジュール)による空戦が得意なDCとの戦い」という形で両者ははっきりと個性が分けられていた。しかし、『OG2』以降は互いの技術交換が活発化し、パーソナルトルーパーとアーマードモジュールの明確な境界は曖昧になってきている。

現状では、ヴァルシオンシリーズは独立した系統として認識され、グランゾンはオンリーワンの機体として認知されているため、実質的にアーマードモジュールという言葉はリオンシリーズの代名詞となりつつある。

アーマードモジュールである機体の型番には、基本的に「AM」が含まれているのが特徴。

リオンシリーズ[編集]

テスラ・ドライブを標準搭載した機動兵器。当初は戦闘機に手足が生えたような概観だったが、ガーリオンが開発されてからは標準人型兵器としての道を歩む。当初は空戦能力やスピード能力で初期のパーソナルトルーパーを圧倒したが、テスラ・ドライブがパーソナルトルーパーにも標準装備されてからはアーマードモジュールの有利性はなくなった。しかし、依然として生産性と単純かつ精錬された構造においては、パーソナルトルーパーを上回っており、敵味方問わず機動兵器として一般化されている。

リオン[編集]

基本となる空戦用で、装甲は薄いが重量が軽く、機動性が高い。また、非常に低コストなのも特徴。

コスモリオン[編集]

正式名称は『リオン・タイプC』で、宇宙戦用のリオン。

  • DCAM-004C(RAM-004C) コスモリオン
    • DCAM-004CF(RAM-004CF) コスモリオン・タイプF
    • DCAM-004CV(RAM-004CV) コスモリオン・タイプV

バレリオン[編集]

独立型番が採用されたもののひとつで、長射程・重装甲が特徴。

その他[編集]

ランドリオンは『リオン・タイプL』、シーリオンは『リオン・タイプS』で、それぞれ陸戦・水中戦用。

ガーリオン[編集]

独立型番が採用されたもののひとつで、中尉以上の戦闘指揮官の搭乗を想定して開発された高性能機。 DC戦争からインスペクター事件まで常に主力機であり続けた名機で、ユニバーサル・コネクターの規格に対応しているので、換装武器の互換性も高い。

シリーズ77(プロジェクトTD[編集]

DCで行われた恒星間航行機開発計画の機体。

ヴァルシオンシリーズ[編集]

広義ではアーマードモジュールだが、リオンシリーズとは異なり、特機として開発された。

カテゴリー外[編集]

関連用語[編集]

テスラ・ドライブ
パーソナルトルーパー
ディバイン・クルセイダーズ
プロジェクトTD
イスルギ重工