ヴァルシオン改

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァルシオン改
外国語表記 Valsion Custom
登場作品

バンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
ラストボス
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型人型機動兵器
ヴァルシオンシリーズ
型式番号 DCAM-001M
全長 57.0m
重量 56.0 t
全備重量 61.5 t
開発者
主なパイロット
【旧シリーズ】
パプテマス・シロッコ
【OGシリーズ】
シャイン・ハウゼン
テンペスト・ホーカー
テンザン・ナカジマ
テンプレートを表示

ヴァルシオン改は『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ヴァルシオンの改良型。そもそもヴァルシオンが拡張性に優れた堅牢な機体であり、改良や量産は容易である。シリーズにより扱いが違うので各項目を参照。

第3次スーパーロボット大戦[編集]

パプテマス・シロッコが独学で開発し、自ら乗り込む。シナリオによりヴァルシオンに乗ることも。改良型が登場するのはシロッコがラスボスになる「ラストバトル」のほう(宇宙での「ラストバトル」では通常のヴァルシオン)。インスペクターの技術によりスペックアップが図られている。通常のヴァルシオンに搭載していたメガグラビトンウェーブは凄まじい命中率を誇っていたが、オミットされたのかヴァルシオン改には装備されておらず、単体攻撃での命中率は下がっている。しかし、代わりに搭載されたマップ兵器・ビッグバンウェーブも命中率が凄まじく、特にPS版では敵側も容赦なくマップ兵器を使うようになったため、厄介な相手となる。

ORIGINAL GENERATIONシリーズ[編集]

ヴァルシオンの設計を元に量産用にデチューンを施した機体という設定になり、それに併せて複製の難しい重力制御機能をオミットした結果メガ・グラビトンウェーブが削除された。アードラーによって搭乗者の感覚を拡張し、情報把握能力を増幅して戦闘力を向上させるが、戦闘の高揚感を無制限に増幅し最終的には暴走状態にする副作用のある「ゲイム・システム」を搭載している。

DCに拉致・洗脳されたシャイン・ハウゼンが予知能力を活かした生体コアとして自動操縦の1号機に、復讐に燃えるテンペスト・ホーカーが2号機(『RoA』では4号機)に、テンザン・ナカジマが3号機に搭乗するが、ゲイム・システムの暴走によりテンペストは復讐鬼に、テンザンは殺戮本能の塊に成り果てる。そして、テンペストは暴走状態のまま機体と共に散る。DWではもう一機登場するが、アードラーが逃走に使っているのでこの機体にはゲイム・システムは搭載されていないものと思われる。リューネ・ゾルダーク曰く「親父がヴァルシオンの量産を許すとは思えない」らしい。

テンザンも死んだと思われていたが、機体と共にエアロゲイターに回収されてゲーザ・ハガナーとして洗脳・改造される(DWではこの件は端折られているため、完全に死亡している)。なお、このとき回収した機体をベースに複製したのか、複製された本機にエアロゲイターの制御兵が搭乗して運用している。

シャイン王女だけは戦線に投入されてから短時間で機体を行動不能にしたため、ゲイム・システムによる暴走を引き起こすことなく、救出に成功する。このとき、短時間で救出に成功した場合、シャイン王女機を入手可能。当然だが、コクピットブロックを改造してゲイム・システムを排除している。カチーナ・タラスクレオナ・ガーシュタインリオ・メイロンあたりとの相性が良い。

『Record of ATX』ではDWでアードラーが使用していた機体(本作ではリリーに射殺されている)をラーダ機として運用された。こちらはゲイム・システムを搭載されていないが、M・M・Iを弄るために操縦系統をリオンシリーズの物に変更されている。

父の思いが篭もったヴァルシオンに非人道的な「ゲイム・システム」を搭載して量産したことに対し、ビアンの遺児リューネ・ゾルダークは激怒していたが、シャイン王女を救出して入手した機体を運用することに対しては「他人に利用されるぐらいなら、私達で使った方がいい」と発言した。このような経緯で運用された機体だが、ヴァルシオンは元々「地球防衛という理想のために造られたスーパーロボット」である。数あるヴァルシオンタイプの機体の中で、ヴァルシオーネと並ぶ、数少ない、本来の目的のために運用されたヴァルシオンという見方も成り立つだろう。その意味ではビアン博士の本懐を遂げることが出来た機体である。しかしOG2以降は味方ユニットとしては登場しない。L5戦役で完全大破して破棄されたのか、あるいは最初から入手していないのが正史となったのか……。開発系譜に直系の繋がりはないものの、「量産型特機」としては後のソウルセイバー量産型ジンライの先駆者的存在でもある。

OGSでは新たな設定として、7号機までの存在が明かされた。とはいえ、現時点でゲーム中に登場しているのは3機のみ(DWでは4機)である。リュウセイルートでは3機、キョウスケルートでは4機のヴァルシオン改をエアロゲイターが使用しているが、こちらは回収した3号機をエアロゲイターが複製したものである。他にも、OG外伝でシュウが大量に引き連れてくるが、こちらはシュウが複製したもの。そのため、OGシリーズにおいては4機の先行試作型が行方不明になったままである。

なお、スパロボシリーズの中では敵として登場することが多く、コンプリートボックスのおまけステージでは操作可能なケースもあったが、本格的に味方ユニットとなったのはOGシリーズだけである。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
シロッコ機が登場。原作で彼の乗機だったジ・Oはすぐ傍でサラが乗っている。通常ラスボスであるディカステスと同等の強さ。
PS版ではシュウの取り巻きにも2体出現。こちらはAIなので攻撃力は低めだが、集団で近づくとビッグバンウェーブの餌食になるので注意。
スーパーロボット大戦EX
リューネの章でISSを使い、シュウの章とリンクさせ、ルート分岐により黒い三連星からマサキがフェイル軍に入ると伝えられる。そこでフェイル軍へと参戦し、カークスとの決着よりマサキと行動を共にすることを選ぶと出現する。4体も登場することから、シロッコが量産していたのかもしれない。召喚されたヴァルシオンの総数はフェイル軍とカークス軍と合わせて6~8機という計算になる。能力的にはラストボスであるデュラクシールと攻撃力が同じだが、耐久力はそれ以下。ビルバインをぶつけると良い。PS版では敵側もマップ兵器を使用するため、2回行動の1回目で近づいてきて2回目でビッグバンウェーブ、という行動を4回も繰り返されるので、進軍の仕方を間違えると地獄を見ることになる。
第4次スーパーロボット大戦 / スーパーロボット大戦F完結編
「ヴァルシオン改」としては未登場だが、本作では無印ヴァルシオンが青のカラーリングで登場している。無印の生産が行われなくなり、それにともないヴァルシオン改から「改」の字が消されたとも解釈される。詳細はヴァルシオンの項を参照。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
第3次、およびEXパートに登場するが、色が赤になっている。同作では通常のヴァルシオンが青になっており、結果として双方の色が逆転した形になっている。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
量産型のデチューン版が登場。意外にも耐久力が心もとないことと、1体ずつしか手合わせしないことで集中攻撃すればあっさり落ちる。シャイン王女機は5ターン以内に救出すれば、熟練度と共に入手できる。ただし救出方法は一定のHPまで削ることなので、周回を重ねてパイロット・機体を改造しすぎると調整が難しくなることに注意。シャイン王女の技量の低さを利用して、てかげんをかけて攻撃するのが無難。
入手後は汎用の特機として運用可能で、乗り換え可能なキャラであれば誰でも乗せられる。Wゲージは0で換装武器を装備できない。クロスマッシャーが強力だが燃費が悪い。
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
基本的にGBA版に準拠。攻撃力や特殊能力の追加で本家より厄介な面を見せるが、それさえ対処すれば敵ではない。
スーパーロボット大戦OG外伝
シュウの取り巻きとして最終面に7体出現。耐久力が15万で、武器の仕様に変更なし。その前のソーディアンズガードを倒した猛者なら苦戦はしないだろう。回避率の高いユニットをぶつければ無傷で撃破できる。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
ゲームと同じ設定で登場。今回はテンペスト、テンザン、シャインの他にアードラーが乗り込む。ただし、アードラーは戦闘目的ではなく逃走に用いている。また、暴走の危険性がある機体を自分から動かすとは思えない上、彼のみ他のヴァルシオン改搭乗者たちが被っていたヘルメットを着用していないので、ゲイム・システムがオミットされているか、起動しないようにした機体だったのであろう。テンペストとテンザン機は必殺攻撃の応酬で倒される。アードラーは出オチ同然に登場したゼンガーグルンガスト零式により一刀両断される。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ Record of ATX
アニメとは違い、未調整のまま残されたため調整した後ハガネ・ヒリュウ改で運用されることになる。パイロットは前述の通りラーダで、ヴァルシオーネと共にクロスマッシャーを同時発射する勇姿を見ることが出来る。単行本5巻の後書きを見る限り、作者の八房氏はゲームでラーダをヴァルシオン改に乗せていたらしい。
また、テンザンが乗っていた3号機も回収されている描写があるがゲームと違い複製されない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ディバイン・アーム
直訳するならば、『神聖な武器』。巨大な大剣で相手を薙ぎ払う。OGで入手する同名の換装武器は、この武装をスケールダウンさせたものと思われる。
クロスマッシャー
OGSでは手首に装備された砲身から、DWでは背中のユニットから発射された赤と青の二色のエネルギーが、らせん状に絡み合い敵機を襲う。
ヴァルシオン改を入手した場合、その射程の長さと攻撃力の高さから、援護攻撃に非常に重宝する。
RoAでは両方を採用しており、シャインの乗る1号機が背部ユニットから使用し、テンペストの乗る4号機が手首の砲身を展開している。またラーダの乗った機体は手首の砲身から発射していると思われるが、その前にヴァルシオーネのように両掌でエネルギーを収縮させている場面が存在する。
ビッグバン・ウェーブ
旧シリーズに登場するマップ兵器。OGシリーズには登場しない。
メガ・グラビトンウェーブ
旧シリーズに登場する。こちらもOGシリーズには登場しない。
メガフラッシャー
旧シリーズに登場する。こちらもOGシリーズには登場しない。
エナジードレイン
OGで追加された、敵のENを吸収する特殊武器。EN消費が多いこの機体向き。直撃を持つパイロットを乗せると、ボス敵相手にも通用する。
チャフグレネード
OGで追加された、命中率を低下させる特殊武器。エナジードレインほどの重要性は無い。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
EN回復(小 / 大)
Iフィールド / ABフィールド
ビーム兵器を軽減、無力化するバリア。OGシリーズではABフィールド。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

カスタムボーナス[編集]

装甲値+10% 最大EN+15%

関連機体[編集]

ヴァルシオンシリーズ
ヴァルシオン
ヴァルシオン改・タイプCF
ヴァルシオン改・タイプGF
長柄の得物やより人型に近いなど上述のタイプCFよりも原型機に近い。