記憶喪失

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

記憶障害の一種。健忘の別の呼び方。

概要[編集]

フィクション作品に取り上げられる事の多い症状で、過去の出来事や自分に関する記憶を一部分だけ思い出せない状態の事を主に指す。

思い出せない範囲は自分の名前から家族まで全く覚えていない状態から、過去の一部を覚えていない状態、また喪失期間も半永久的であったり、次第に回復していったりと幅広い。ただし、自分の記憶以外の社会的な出来事や電話の使い方などは覚えている事も多い。この場合、名前や家族などの「エピソード記憶」が失われるケースが大半で、生活に必要な、身体が覚えていると表現される「生活記憶」は残っていることが多い。こちらまで失われているケースは少ないが、いずれもかなり重篤な症例である。

原因としては心理的なショックや頭部への強い衝撃などがあげられるが、フィクションの世界ではさらに魔術や未来科学、超能力などによる記憶喪失も発生する。

使われるパターンとしては、主人公が記憶喪失で失われた記憶を取り戻すために行動するもの、主人公の下に記憶喪失の謎の人物が転がり込むもの、物語の途中で主要人物が記憶喪失になり新たな関係を構築しようとするもの、などなどがある。

記憶を失った結果、「悪人が善人になる」「気性の荒い人物がおとなしくなる」など性格が変わるケースも多い。

作中で記憶喪失になった人物[編集]

版権作品[編集]

カテジナ・ルース
最終話エピローグにて、視力を失った姿で登場した。シャクティとの会話からファンに「記憶も失くしたのではないか」と言われている。
ただし、ウッソ達に合わせる顔がないカテジナがシャクティの哀れみを受け、互いに他人のふりをしたという説も存在する。
トロワ・バートン
ウイングガンダムゼロに搭載されたゼロシステムに囚われたカトルを説得する際、彼を正気に戻す代わりに記憶を失っている。
ラライヤ・マンディ
記憶喪失の上に幼児退行を引き起こしており、物語前半はまともに喋る事も出来なかった。後に記憶は戻っている。
騎士ガンダム
自分の名前以外の全ての記憶を失っている…ということになっているのだが、実は自分の名前も中途半端にしか覚えていないというのが正しい。
四代目頑駄無大将軍
『天下統一編』で過去の世界へ飛ばされてしまった当初、その衝撃で記憶を一部失っていた。
エリカ
記憶喪失となって竜崎一矢と恋に落ち、敵味方を越えたラブロマンスを繰り広げる。
Dボゥイ
当初は記憶喪失を装っていたが、ブラスター化の代償で脳細胞の崩壊によって本当に記憶を喪失することになる。
城崎絵美
ラインバレルに乗って転送されてきた際に記憶喪失になった。
流竜馬/流竜馬 (OVA)
漫画版では一時行方不明になった後百鬼帝国に囚われていた所を救出されるものの記憶喪失になっており、武蔵の自爆によって記憶を取り戻す。
真ゲッターロボ対ネオゲッターロボでもほぼ同様(百鬼帝国が恐竜帝国に変更されている程度)となっている。
幼少の頃に重量子爆弾の爆発を見たショックで記憶を失うが、父親との再会の際に戻っている。
ランカ・リー
過去のトラウマが原因で幼少時の記憶が曖昧になっている。
ミーナ・フォルテ
目覚めた当初は記憶喪失だったが、様々な遺跡を訪れるうちに記憶を取り戻していく。
パラダイムシティ
人物ではないが、街全体が記憶喪失とされている。実際には記憶を持たされていないというのが正しい。
ヤミノリウスIII世
頭を打って記憶喪失になり、悪役から善人になってラブロマンスを繰り広げる(その後再度頭を打って元に戻る)という、単発エピソードにおける記憶喪失のお約束とも言える体験をしている。
フィーネ・エレシーヌ・リネ
発見時は記憶を失っており、ジークとの合体で記憶を断片的に取り戻すが、先にバンがジークに入ったため全ての記憶は戻らなかった。
ソウタ
記憶喪失になって悪役から善人になった後、記憶が戻っても善人のままという珍しいパターン。
ソゴル・キョウ
一度死亡して蘇生されたものの、ウェットダメージ(記憶データの破損)が大きく、セレブラントとして戦っていたころの記憶を持たない。
森雪
リメイクでは、ユリーシャの護衛中に攻撃を受けて記憶を失っている。
弓原雛 / ヒナ・リャザン
未来の世界に飛ばされた際に、体が幼児化し、記憶を失ってしまう。
上条当麻
インデックスを「首輪」から解放した際、彼女の「竜王の殺息」によって脳を負傷しエピソード記憶を喪失する。
インデックス
「首輪」と呼ばれる術式によって「インデックスは魔術が使えない」「インデックスの脳内の記憶容量は85%を魔術知識が占めている」という嘘の情報を信じ込ませ、「魔術知識以外の記憶を1年毎に消さなければ死亡する」という制約を課されていた。最終的に「首輪」は当麻に破壊され、記憶の消去が不必要になった。
フェリオ
TV版では、幼少期に姉でもありセフィーロの『柱』であるエメロード姫の重荷にならないよう、自ら頼み込んで記憶を消してもらっていた。

バンプレストオリジナル[編集]

やたらと記憶喪失者が多く、ある意味お家芸と言えなくもないレベルである。逆に記憶が戻る割合も多いが…。

ギリアム・イェーガー
ヒーロー戦記』物語開始の1年前に名前以外の全ての記憶を失くしている。中盤で回復し、これをきっかけに離反したが、このギリアムの本来の記憶が何だったのかは未だに謎のまま。
シュウ・シラカワ
EX』及び『DP』でルオゾールの蘇生術が未熟だったために一時記憶喪失になった。が、そのお蔭で「邪神と契約した」記憶も消えたため、シュウはヴォルクルスの呪縛から逃れる事が出来た。
イングラム・プリスケン
ユーゼスの全人格が移植されているが、イングラム個人の人格が生まれていたため、当初その記憶は失われていた。
また、『α』並びにOGでもユーゼスによって記憶を封じられ傀儡にされている。
ブルックリン・ラックフィールド
αシリーズでは『α』で記憶を失っている。
イルイ・ガンエデン
第2次α』及び『第2次OG』で自部隊に保護された時点で過去の記憶を失っていた。
クォヴレー・ゴードン
アストラナガンに接触した際に機体ごと融合を行われた時のショックで記憶を失っている。また、イングラム・プリスケンの人格が出ている際もその前後の記憶も失っている。
アクセル・アルマー
A』ではあちらの世界から転移してきたショックで記憶を喪失している。また、『無限のフロンティアEXCEED』ではアルフィミィとともにエンドレス・フロンティアに転移した際に記憶を失っている。
また、いずれのケースも性格がかなり変化している上に自身の名前まで忘れている。
アインスト・アルフィミィ
アクセルとともにエンドレス・フロンティアに転移した際に記憶を失っている。但し、こちらは一部の記憶は残っている代わりに性格はほぼ残っている。
カティア・グリニャールフェステニア・ミューズメルア・メルナ・メイア
J』ではフューリーに拉致される以前の記憶が曖昧になっている。
ランド・トラビスセツコ・オハラ
Z』にて一時的に記憶喪失になっているが、記憶を失ったシナリオの内に記憶が戻った。
ユキ・ヒイラギ
記憶喪失のところをマリに保護された。
ファルセイバー
過去の記憶を殆ど失っており、覚えているのは「別の世界からやってくる悪と戦う事」「ユキを守らねばならないこと」など数少ない。
クラヴィア・アーゴ
第3次Z連獄篇』で「サソリの毒」を無効化された際に記憶を失っている。
アシェン・ブレイデルカルディア・バシリッサピート・ペイン
それぞれ程度は違えどメモリーを失っている。カルディアに至っては2回も記憶喪失になっている。
ガエン
ヴォルクルス教団に拾われる前の記憶を失っている。
イーグレット・イング
彼の場合はアイドネウス島で目覚めてからアレス・ガイストに撃墜されるまでの記憶(生み出されてからの全記憶)を失っている。
アーマラ・バートン
フェアリ・ファイアフライ
『OGMD』では地球に不時着した際に記憶喪失になってしまう。

記憶を改竄された人物[編集]

フォウ・ムラサメ
強化人間を製造するムラサメニュータイプ研究所によって記憶を奪われており、記憶を取り戻す事が彼女自身の戦う目的になっている。
ロザミア・バダム
強化人間を製造するオーガスタニュータイプ研究所によって偽の記憶を与えられており、カミーユの妹「ロザミィ」として彼を慕う。
マリーダ・クルス
マーサの策略でオーガスタニュータイプ研究所で再調整を行われ、アルベルトをマスターとした上で「プル・トゥエルブ」に仕立てられた。
ムウ・ラ・フラガ
記憶を改竄されて、ネオ・ロアノークとして一時期生きる事となる。
ソーマ・ピーリス
記憶を書き換えられ、超兵として失敗作と判断されたマリー・パーファシーの記憶を消されている。
あしゅら男爵真マジンガー 衝撃! Z編
元はトリスタンとイゾルデという古代ミケーネの夫婦だったが、Dr.ヘル一派により数々の非道な処置を施されてあしゅら男爵と化す。本来の2人の記憶も本編中に真実を知るまで失われていた。
ルルーシュ・ランペルージ
スザクに捕縛された後、父であるブリタニア皇帝シャルル・ジ・ブリタニアギアスによって、皇帝に忠誠を誓う軍師「ジュリアス・キングスレイ」としての記憶を持たされたが、最も憎んでいる人物に忠誠を誓うという精神的な矛盾によってそのギアスが解除されそうになったため、次に一般のブリタニア人としての記憶に書き換えられる。
豪和ユウシロウ
死亡した豪和家の四男・憂四郎の代替となるべく記憶操作を受けている。
シャーリー・フェネット
「ルルーシュが(結果的にシャーリーの父親の命を奪ってしまった人物である)ゼロだった」という彼女にとって耐え難い事実を知ってしまったことにより精神が不安定になってしまったため、見かねたルルーシュが自身のギアスによってルルーシュに関する記憶を全て忘れさせられた。
さらにその後、ルルーシュがゼロであったということは忘れたままシャルルのギアスによって記憶を改竄され、ルルーシュに対して父親が死ぬ以前同様の感情を持つようになる。
アーニャ・アールストレイム
マリアンヌの「他者の意識に乗り移るギアス」や、彼女の夫にして皇帝シャルルのギアスによって記憶を改竄されている。
ブレラ・スターン
グレイス・オコナーギャラクシー上層部によってインプラントを介して記憶を改竄されている。
ダ・サイダーレスカ(アララ・カフェオレ)
ドン・ハルマゲにより記憶を改竄されていた。
MIX
イヴの呪い男性化した際に記憶操作を受けている。
飛鷹葵館華くらら加門朔哉ジョニー・バーネット
『UX』中盤まで普通の生活を送れるようにチームDの記憶を封印されていた。
ゼンガー・ゾンボルト
α外伝で登場するゼンガーは記憶を消された状態になっていた。
アヤ・コバヤシ
『Record of ATX』での描写を見る限り、不都合な記憶を消去されていた模様(マイの顔を思い出す事が出来ないという場面がある)。
レビ・トーラー / マイ・コバヤシ
レビとしては地球人だった時の記憶を、マイとしてはジュデッカの内部から救助されるまでの記憶をほぼ全て失っている状態になっている。
アタッド・シャムランガルイン・メハベルゲーザ・ハガナー
地球だった頃の記憶を消されている。
ラトゥーニ・スゥボータアラド・バランガゼオラ・シュバイツァーオウカ・ナギサシエンヌ・アルジャンシアン・アルジャンシオ・アルジャン
スクール以前の記憶を消去されている。
アーマラ・バートン
ガイオウ
聖インサラウム王国で待ち構えていたイドムによって、本来の記憶を奪われる。
柏葉真紀
「いがみ合う双子」による霊子への同調能力で改革派としての記憶とヒビキに関する記憶を全て失い、蒼の地球へと送り返された。
Z-BLUE
『時獄篇』において哀しみのサクリファイによって、記憶を封印されていた。
カイルス
クレディオの手によって、記憶を奪われて別の世界へ転移させられた。
イオリ・アイオライト(葵伊織)、アマリ・アクアマリン(天野亜真里)
1年前に魔従教団に召喚され、自分が幼少の頃から教団で修練をしてきたアル・ワース人という偽の記憶を植え付けられていた。

記憶喪失を装った人物[編集]

Dボゥイ
上記の通り、当初は記憶喪失を装っていた。
エンネア
ミスト・レックスアンジェリカ・シャルティール
序盤で装っていたが、ミストは壊滅的な演技力のおかげでバレバレ…のはずが気づいていない面々も多かった。
バルビエル・ザ・ニードル
『連獄篇』でアドヴェント一行に入り込んだ時に装っていた。かなりの期間周囲を欺き続けたが、アン・アーレスの登場で「憎しみ」のキーワードが繋がったため、ランドとクロウには疑念を抱かれていた。
剣鉄也 (真マジンガー)
『V』において、破壊の化身と化したマジンガーZのカウンターになり得る竜馬を連れて帰るために記憶喪失のフリをしていた。
トビア・アロナクス
X』においてシーブックセシリーに気を遣って記憶喪失を装うが、ジュドーには怪しまれていた。そして本人も、記憶喪失を装っていたことをエンディングまですっかり忘れていた。

余談[編集]

  • 現実でも過去が思い出せなく現象は存在するが、現実には「言葉が喋れなくなったり、歩けなくなる、赤ちゃんのような状態になる」など、一般的なアニメや漫画等の記憶喪失より深刻な状態になる場合も多いので、認識の差がある。
    • また、障害によって失われた記憶は以前のように取り戻す事が可能とは限らない。