デストルーク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

デストルークとは、『スーパーロボット大戦BX』に登場するオリジナル敵組織。

概要[編集]

謎の機械生命体バルギアスを王と崇め、全ての世界を闘争によって支配することを目論んでいる。

その実態は、バルギアスの圧倒的な力と在り様に心惹かれた者達がディボーティーを筆頭に彼を担ぎ上げて立ち上げた組織であり、バルギアス自身はデストルークそのものにはあまり興味を持っていない。組織の目的もどちらかといえばバルギアス個人の目的であり、ディボーティーがそれを達成するため自ら駒となって行動し、彼女の部下としてやはりバルギアスに心酔する兵士達が従っている、という単純な構造。戦力そのものは良くも悪くもバルギアスが最大であり、それ以外はディボーティーを含め他を圧倒するほどの力は持たない。そのため、作中ではジャーク帝国機界31原種ジオン族などいわゆる「人外」の敵勢力と組んでおり、それもあくまで目的が当面同じであるだけの仮初めの同盟であった。

世界の境界線の守護者である「次元の守人」ファルセイバーは、全ての世界を闘争に満たそうとするデストルークにとっては最大の邪魔者であり、ゆえにその存在を消し去ろうと幾度も刃を打ち交わしている。

バルギアスを地球圏に呼び込む為、四つの守護点の破壊を目論み、バルギアスを地球圏に呼び込む事に成功するが、最終的にディボーティーは皇帝ワルーサが敗北した後、ブライティクスに敗れ、自らの命と引き換えに最後の守護点を破壊して死亡。バルギアスも「境界の狭間」における戦いで、境界の力によりバルギアス・ドラグーンに変貌するが、ブライティクス(隠しルートではジスペル)に敗れ死亡した為、組織は壊滅する。

登場作品と扱われ方[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
第1話から早速登場し、バルギアスとディボーティーは第4話で早くも顔見せ。作中の存在感は薄めで、総じて「最大の脅威」というより、デストルークそのものは多くいる敵組織の一つに過ぎず、その中で「最大の脅威を招く存在」として警戒されている、といった位置づけ。
セイクリフィスが一般機にも関わらずスペック低下無効を持っているためガオガイガーなどによる弱体化が通用しない……と思いきや、ブルーディスター&クレセディアは持っていないので、ガトリングドライバーを打ち込んでいるとボスが脚止めされて取り巻きだけ突っ込んでくる、という事態が発生する。

人物[編集]

バルギアス
闘争の世界を求める機械生命体。デストルークの王とされるが、当人は組織には興味を持っていない。
バルギアス・ドラグーン
バルギアスが境界の力で変貌した姿。
ディボーティー
バルギアスの側近。実質のトップであり彼女が采配を取っている。
デストルーク兵士
バルギアスの圧倒的な力と在り様に心惹かれた者達。

運用兵器[編集]

ブルーヴィクター
ディボーティーによって造り出された「デストルークの守護者」。
ブルーディスター
ある目的のため、ディボーティーがブルーヴィクターの設計を流用して造り上げた量産型
クレセディア
ディボーティーの専用機。
セイクリフィス
デストルークの一般機。