ジオン族

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ジオン族(Zeon Clan)とは、『SDガンダム外伝 ジークジオン編』に登場する敵勢力。

概要[編集]

闇の皇帝ジークジオンが率いる一族。ムーア界という異世界に本拠地を持ち、通常の方法では侵入することは出来ない。

元々はモビルスーツ族による世界の統治を目的としていると見られていたが、実際には人間族が少なからず存在していることから、これが表向きの目的であることが後に判明。真の目的は、スダ・ドアカワールド全体の完全制圧にあった。

元々は騎士ジオングをはじめとするモビルスーツ族のまとまりを現す総称であったが、ジークジオンが表向きの当主として黄金龍の半身を投入したことで、それをトップとする悪しき一族として後世まで知られることになった。

ジークジオン編最終盤、アルガス騎士団騎士スペリオルドラゴンによりムーア界を攻め落とされ敗北。しかし、真の支配者たるジークジオンは残り、しぶとく器を渡り歩きながらスダ・ドアカワールドに牙を剥き続けることになった。

所属人物[編集]

闇の皇帝ジークジオン
ジオン族の皇帝。
魔王サタンガンダム
スダ・ドアカワールドの支配を企む魔王。
ブラックドラゴン
サタンガンダムの正体。ジークジオンによって表向きの首領として洗脳されたスペリオルドラゴンの半身。
ネオブラックドラゴン
ブラックドラゴンが復活した姿。
ドラゴンベビー
ブラックドラゴンの肉体が転生したいわば分身だが、彼自身はブラックドラゴンの息子だと思っている。
騎士ゼノンマンサ
ジークジオンの側近。
呪術師ビグザム
ジオン族最高位の魔法使い。
ゴーストビグザム
呪術師ビグザムの正体。

保有戦力[編集]

マッドゴーレム
伝説の巨人サイコゴーレムに似せて作った「巨人マッドゴーレム」の量産型。
アレックスシャドウ、アルガスシャドウ(ゼータシャドウ、ダブルゼータシャドウ、ニューシャドウ)
ティターンの魔塔・白銀の間を守るモンスター。

このほか上記の所属人物ら自身も戦力として機能している。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。ドラゴンベビーがジオン族のパイプ役を務め、ジャーク帝国デストルークをはじめ、様々な勢力と手を組む。惑星アーストの無重力の谷にて、ジークジオンが復活するも騎士スペリオルドラゴンに討たれ、組織としても壊滅する。
条件を満たすとドラゴンベビーだけ生き残り、成り行きでブライティクスと共闘する。

関連組織[編集]

ネオ・ジオン