タイムスリップ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動する事。

SFでは代表的な題材で、「過去から来たか」「未来から来たか」または「過去や未来から現代に人が来たか」「現代人が過去や未来に移動したか」でストーリーの方向性が大幅に変わる。また、未来世界の様子が提示される作品では、現在より発展を遂げた理想的な世界か、もしくは文明はおろか人類が絶滅・衰退した破滅的な世界のどちらかになるケースが多いが、『破滅の未来を回避するために奔走する』というドラマを作り易いためか後者がよく題材とされる。

タイムスリップを題材にしたSF映画としては、衝撃的な結末で有名な『猿の惑星』や過去と未来を行き来する『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作が有名。 なお『猿の惑星』のように、タイムスリップが起きた事自体が重大なネタバレになる作品もあるので、公の場でタイムスリップを題材にした作品を取り上げる場合には注意する必要がある。[1]

タイムスリップが登場するSRW[編集]

機動戦艦ナデシコ参戦作品
『A』と『J』を除き、いずれも過去にイネス・フレサンジュがタイムスリップを果たしている。なお劇場版のみの参戦の場合は特に作中で説明されることはない。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
伝説巨神イデオン』のメンバーが敵味方共にイデの力で未来から現在にタイムスリップしてきたという設定。最終的には元の時代に戻る。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
ネオ・グランゾンを倒した結果、合流していた自軍全員と敵対する強化人間三名が未来の地球惑星ゾラに転移してしまう。「原因こそネオ・グランゾンではあるが、アンセスターの回収したブラックボックスによる影響も大きい」と作中で語られている。
最終的にはカテジナ、条件付きでロザミィを除きアウルゲルミルの力で元の時代に戻る。ハードルートのみ未来の自軍合流メンバーとメイガスも現代にタイムスリップし、その後メイガスを除き未来に戻る。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
条件が厳しい方の最終話後のEDで1万2千年後からイデの力で元の時代に戻る。
なお、作中では時間の流れが他とは違う現象で『伝説巨神イデオン』や『マクロス7』の面々とは違う時間を過ごしたことになるが、これらはタイムスリップとは言えず、厳密には時空の歪みによって地球とは別の時間を過ごした事が原因であり、1万2千年後に飛ばされたのもこちらが原因である。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
宇宙戦士バルディオス』のマリン・レイガン並びにアルデバロン軍、『宇宙大帝ゴッドシグマ』のエルダー軍が原作同様に未来から現代に転移してくる。
第3次スーパーロボット大戦Z
トップをねらえ!』のタカヤノリコアマノカズミガンバスターが12000年前の世界から転移してくる。カズミは転移の際に肉体が若返るという別の離れ業も起こしている。
イベントで主人公のヒビキ・カミシロが僅かではあるが時間を逆行し、パートナーの西条涼音の死亡を回避している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
ラー・カイラムあるいはナデシコCの爆発とエクサランス時流エンジンにより、主人公達が5年前にタイムスリップする。タイムスリップによる歴史改変を主軸にした唯一のスパロボ。
スーパーロボット大戦J
ル・カインボソンジャンプで過去に飛ばされたのち、現代に戻ってくる。
スーパーロボット大戦W
イバリューダーは一度過去へタイムスリップした後、長い時をかけて現代に再びやってきたという設定。また、ブレスフィールド・アーディガンボソンジャンプでなんと150億年前にタイムスリップする。ボソンジャンプ開発者がいたのもこの時代と説明されているので、イネス・フレサンジュもボソンジャンプで150億年前を往復していたことになる。ESウィンドウを通った超竜神は6500万年前の火星に落下し、永い眠りにつく。
スーパーロボット大戦L
プロローグにてマクロス・フロンティア船団の前にボルテスチームが60年前の世界からタイムスリップしてくる。
スーパーロボット大戦UX
機神咆吼デモンベイン』並びに『鉄のラインバレル』を世界観トリックの基本とする関係上、物語の根本に関わっており、『聖戦士ダンバイン』、『SDガンダム三国伝』、『マクロスF』、『忍者戦士飛影』のシェーマ星系組と飛影零影、そして『ラインバレル』の久嵩宗美城崎親子ヒトマキナ達が、前の宇宙からこの世界のこの時代にタイムスリップして来る、もしくは来ている。詳しくは世界観/UXを参照。
スーパーロボット大戦BX
ザ・パワーの力で転移した超竜神が、6500万年前のオウストラル島に落下し、永い眠りにつく。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
渡瀬青葉弓原雛ビゾン・ジェラフィルの三名が、エンブリヲの介入によって、西暦2014年と2088年との間で幾度もタイムスリップを繰り返し、無限とも思われるタイムループとタイムパラドックスを発生させていた。
作中では、ヒイロ・ユイがビゾンの特異点への突入を阻止したことで、このタイムパラドックスが破綻。世界は平行世界に分岐し、正しい時間の流れを回復させた。
一方で、タイムスリップから生還した(取り残された)ビゾンは「エフゲニー・ケダール」として新たな復讐の炎を燃やし始めることとなる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
イオニア一行が安倍晴明によってアースティアへと飛ばされた際、ゲッターチーム及びゲッターロボだけに時間軸の移動が起こり、アースティアへの到着に時差が生じていた。この際にゲッター線が活性化しており、その影響でゲッターチーム及びゲッターロボだけ時間軸にずれが生じたものと思われる。なおこのタイムスリップという結果自体は原作の再現。

実際にタイムスリップした人[編集]

スーパー系[編集]

流竜馬 (OVA)
なお、原作漫画版ではゲッターエンペラーの存在する未来に僅かな時間ながら飛ばされた(『新ゲッターロボ』でも同様の話がある)。
神隼人 (OVA)武蔵坊弁慶
新ゲッターロボでは竜馬同様に平安時代に飛んでいる。
兜甲児ミネルバXマジンガーZERO / 闇の帝王
「真マジンガーZERO」シリーズ版。途方もない回数の差異次元を繰り返している設定だが、それを明確に記憶・操作可能なのは前者3名だけであった。
闇の帝王だけはやや毛色が異なり、見方によっては純粋なタイムスリップ事故を被った立場である。
マリン・レイガンアルデバロン軍
S-1星の人間たち。しかし原作後半にて自分たちは未来の地球人であり、さらにS-1星の荒廃した環境を生み出した元凶でもある事を知ってしまう。
エルダー軍
エルダー星が地球に侵略されているため、歴史を改変するため時間を遡り過去の地球を攻撃する。
壇闘志也
原作最終話において未来へと向かった。
ザウラーズ全員、中島辰男
第1話では峯崎拳一立花浩美朝岡しのぶが、エルドランによって6400万年前の恐竜時代へ導かれる。また第40話~第43話は恐竜時代編となっており、ザウラーズ全員と中島先生が時空の裂け目から6400万年前の地球へと遡り、過去の改変によって機械化帝国の手に落ちた地球を元に戻すべく奮闘した。
超竜神
人ではなくロボだが人格があるので記載。
頭脳原種が最後に放った巨大隕石をESウインドウの向こう側にある木星へと押し戻した際、ザ・パワーの力で巨大隕石もろとも6500万年前の地球へと飛ばされる。そして、地球に墜落して大地に埋もれ、現代になって、6500万年前の地層から発掘されることとなる。なお、機体は劣化していたものの核となるAIとGSライドはザ・パワーによって保護されていたために復活することができた。
GGGメンバーの大半、戒道幾巳ソルダートJ
小説版では次元ゲートを通って150億年前の三重連太陽系に向かい、そこでソール11遊星主と戦闘している。
金田正太郎
第41話「鉄人が消えた!」にて450年前に飛ぶ。
城崎絵美中島宗美
原作漫画版では660年前からマキと共に転送によって渡っている。ただし、絵美は意識がない状態で、宗美に至っては赤子の状態のため第三者によるものである。
早瀬浩一
原作漫画版ではデウスエクスマキナとの圧縮転送フィールドのぶつかり合いで3年後に飛んでいる。

リアル系[編集]

ナデシコクルーほぼ全員
TVシリーズ中で木連の機動兵器から逃れるためにボソンジャンプのゲートであるチューリップに飛び込み、瞬間移動と同時に数ヶ月先の未来へタイムスリップしている。その為クルーは法律上の年齢と肉体年齢に若干の差がある。
なお追加クルーのアカツキ・ナガレエリナ・キンジョウ・ウォンムネタケ・サダアキ(正確に言えば再乗艦だが…)、イツキ・カザマ(SRW未参戦)の4名は含まれない。
テンカワ・アキト
上記の件とは別件でタイムスリップしている。
イネス・フレサンジュ / アイちゃん
アキトが守れなかった“少女”。2度のタイムスリップを経て20数年前に移動した。
渡瀬青葉
第1話において。クラスメイトの弓原雛に導かれる形で、西暦2014年から西暦2088年の未来にタイムスリップする。
隼鷹・ディオ・ウェインバーグ
最終決戦にてある種のタイムパラドックスにより、青葉と共に1ナノ秒の連続タイムスリップを行った。
弓原雛 / ヒナ・リャザン
カップリングシステムの事故で2088年へタイムスリップし、そこでの戦闘中に再び過去へタイムスリップ、さらに再び未来へタイムスリップして幼児化し、成長して再び過去へ…という時のループに囚われていた。
ビゾン・ジェラフィル
戦闘中に発生した特異点に巻き込まれ2014年へとタイムスリップした。
レントン・サーストン / エウレカ・サーストン / フカイ・アオ
エウレカセブンAO』にて、全員が歴史改変のためのタイムスリップを行っている。
四代目頑駄無大将軍三代目頑駄無大将軍
SD戦国伝『風林火山』編のラストで武者荒烈駆主(四代目大将軍)が過去の世界へタイムスリップし、絶望の未来を変えるべくタイムスリップを繰り返す事となる。最後のタイムスリップの際は三代目大将軍も四代目と共に過去の世界へ向かっている。

その他[編集]

海賊戦隊ゴーカイジャーのメンバー
放送開始前に公開された映画『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』に先行登場して戦っていたのだが、この時点ではまだゴーカイジャーの面々は地球に到達していない。後に『ゴーカイジャー』第40話「未来は過去に」において、タイムスリップして介入していたことが判明する。[2]
野原一家
劇場版第三作目と第十作目で戦国時代にタイムスリップしている。

バンプレストオリジナル[編集]

イングラム・プリスケン / ヴィレッタ・プリスケン
スーパーヒーロー作戦』でタイムスリップした。また未遂に終わったが、『α外伝』ではアストラナガンイージス計画発動時刻へタイムスリップしようとしていたことが仄めかされる。
メイガス
『α外伝』にて、効率的な人類抹殺のためブラックボックスに登録されていたイージス計画実行日時へタイムスリップ、及び計画の妨害を企む。イージー、ノーマルルートでは未遂に終わるが、ハードルートではタイムスリップは成功する。
ソフィア・ネート
『α外伝』ハードルートではメイガスのデータの一部として一時的に蘇り、贖罪の為最期の力で未来メンバーを彼らの時代へ帰した。
ラウル・グレーデン / フィオナ・グレーデンミズホ・サイキラージ・モントーヤ
スーパーロボット大戦Rの主人公たち。序盤でタイムスリップし、過去を変えていく。なお、最初の2人は選択した一方しか登場しない。
ブレスフィールド・アーディガン
150億年の昔に飛ばされる。

関連用語[編集]

タイムマシン
時間移動のための乗り物。完全オリジナルの造形はもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作や『仮面ライダー電王』のように現実にある乗り物をモチーフにしているなど姿形は豊富。
タイムパラドックス
タイムスリップと同じくその定義は様々だが、「別の時代に干渉することで引き起こされる矛盾」というのが大体近い。親殺しのパラドックスがこれに当たる。
ボソンジャンプ
作中では瞬間移動のような描写だがその実体はタイムスリップで、「時間移動できるから位置も移動できる」とされる。
時流エンジン
時粒子(時の流れ)を動力源として稼動する永久機関だが、臨界点を超えるとタイムスリップを引き起こす。『スーパーロボット大戦R』の物語はここから始まる。
カップリングシステム
原理は不明だが、カップラー2人の思考をタイムラグなしで同期するため、素粒子レベルで信号を1ナノ秒未来へ送っている。物語の重要な鍵を握る。

脚注[編集]

  1. その『猿の惑星』はラストシーンがあまりに有名になりすぎたため、映像ソフトのパッケージで公式がネタバレをしている
  2. 正確に言えば、時間移動が主題の『未来戦隊タイムレンジャー』のレジェンド回を制作するにあたり、この先行登場に理由付けをしてストーリーに組み込んだ形となる。