機械化帝国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

機械化帝国(Mechanize Empire)とは、『熱血最強ゴウザウラー』に登場する敵勢力。

概要[編集]

全宇宙に鋼鉄の秩序を」とのスローガンを掲げ、心を持つ人間を不完全な存在と見下し、全宇宙を機械に変えることを目的とする。地球侵攻に際しては、の裏側を機械化し、そこに前線基地「機械化城」を建造している。

彼らの機械化の方法はかなりお手軽で、光線のようなものを対象にあてるだけで、それが生物だろうが無生物だろうが機械化できてしまう。ただし、機械化光線を出せるのは機械王か機械化獣に限られるようで、必然的に地球侵略の方法は機械化獣を作り出すことになる。

地球侵攻は、現代だけでなく、太古の恐竜時代でも同時に行っているのも特徴。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。序盤から登場する。今作では唯一の異星勢力であり、アースティアの存在を知るとアースティアの機械化にも乗り出す。機械でありながら熱い魂を持つアイアンリーガーや機械に心を与えるビムラーとは、当然相容れない存在である。
原作では機械化された建物などは、少なくとも防衛隊の物質復元装置が完成するまでは復元されなかったが、本作では機械化獣を倒すと元に戻る設定になっている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了設定であるため既に滅亡していたかと思われていたが、倒した機械神は実は遠方から操っていた分身という設定となっている。今回は表だった侵略は行わず地球圏にある機械(レイバーやモビルスーツ)をコピーして量産化を行って準備を整えている。その証拠に1章でレイバーと同時にボルトロボが登場している。

所属人物[編集]

歯車王
機械王。SRW未登場。
ギーグ
歯車王の従者である機械人。SRW未登場。
電気王
機械王。歯車王に次いで送り込まれた。
エンジン王
機械王。電気王に続いて送り込まれた。機械神に代わり全宇宙の支配者となる野心を秘める。だが…。
ギルターボ
エンジン王の愛機。機械人同様に意思がある。
原子王
機械王。6400万年前の地球を侵略している。
機械神
機械化帝国の支配者。本体は宇宙の彼方におり、機械化城の大広間にダミー・オブジェを作り出して、各機械王へと命令を下す。

関連用語[編集]

機械化獣
機械王や、その配下が生み出す戦闘兵器。

余談[編集]

  • 機械化による秩序の安定、機械化の拡大のための侵略という点で統一意志セントラルとの類似点が見られる。