惑星ゾラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

惑星ゾラ(Planet Zora)とは、『戦闘メカ ザブングル』の舞台となっている惑星の名称。

概要[編集]

天変地異により荒廃した未来の地球の姿で、作中ナレーションにおいても「惑星ゾラと言われている地球、しかし人々はゾラという名前を忘れて久しい」とその真実が示唆されていた。

陸地は一部を除いて荒野が広がっており、は作中で泥の海(マッド・シー)と呼ばれるように泥のような色に変色している等、過酷な環境になっている。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
中盤以降の舞台となるイージス計画が失敗した未来の地球。10話冒頭で特殊演出にて惑星ゾラについて触れられ、後に「三度の大破壊に見舞われたかつての地球」という事実が判明する。浄化は一部完了しており海も正常な状態となっている。
地域の分け方は『∀ガンダム』基準で、ガリア大陸が『ザブングル』の世界観、北アメリア大陸が『∀ガンダム』の世界観、そしてエイジア大陸が独自の設定として、オーバーテクノロジーが集うかつての極東地域である=ロストマウンテンが多くある危険地帯として扱われている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
今回は「ゾラ」がユーラシア大陸の南側の地域を指す地名となっている。

関連用語[編集]

イノセント
惑星ゾラにおける支配階級の人々。
シビリアン
惑星ゾラにおける被支配階級の民。
ブルーストーン
惑星ゾラで交易等に使用される青色の希少鉱石。

余談[編集]