四代目頑駄無大将軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
四代目頑駄無大将軍
読み よんだいめガンダムだいしょうぐん
登場作品

SDガンダムシリーズ

  • SD戦国伝 天下統一編
声優 飛田展男(映画 天下泰平編)
モチーフ NT-1アレックス
デザイン 横井孝二
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 頑駄無族
性別
年齢 15歳(推定)
所属 頑駄無軍団
頑駄無三武将
役職 頑駄無軍団総大将
テンプレートを表示

四代目頑駄無大将軍は『SD戦国伝 天下統一編』の主人公。その前編となる『風林火山編』の主人公でもある。

概要[編集]

風林火山編ラストで過去の世界に飛ばされた武者荒烈駆主が超時空戦闘機「璽威武装」の力で現代へ帰還し、戦死した三代目大将軍の遺した最後の光を授かって出世した姿。 甦った黒魔神闇皇帝を倒すため時空を超えて歴代大将軍達を集結させる。

「スーパーケンタウロス」と呼ばれる四つ足の高機動形態と「超破鳳凰(スーパーフェニックス)」という飛行形態への変形能力を持つ。後に天下統一を果たす。

頑駄無国によって天下は統一されたものの、初代・二代目・三代目・殺駆頭が健在なので、国を5つに分けて分割統治することになり四代目は光炉波国の国主となった。

荒五郎[編集]

「あれごろう」。幼少時代の荒烈駆主。浪人「柳生農兵衛」の息子として長屋で暮らしていた。チョバム乳母車に乗せられている。

武者荒烈駆主[編集]

「むしゃアレックス」。『風林火山編』に登場。光の玉“アス”に選ばれた武者。義父である隠密将軍の命を受け、闇軍団との戦いに身を投じた。

新荒烈駆主[編集]

「ネオアレックス」。『天下統一編』に登場。三代目大将軍が復活闇将軍を倒し、魔を撃ち滅ぼす“アス”の力で闇皇帝の亡霊にとどめをさすことを託された武者荒烈駆主が、過去の世界へ飛ばされて地の鎧を纏った姿。鳳凰頑駄無、雷頑駄無と共に暗黒軍団と戦った。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。出典は「SDガンダムシリーズ」にまとめられている。
2019年3月のイベント「光と闇の戦い」期間限定参戦。SSRアタッカー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

武神剣
主武装の刀。
『X-Ω』では通常装備。
鳳凰砲(フェニックスキャノン)
手持ちの大筒。
超破大目牙砲(スーパーオメガキャノン)
背中に背負う大型キャノン砲。
武神の盾
中央にクリスタルが嵌め込まれた盾。
結晶(クリスタル)の軍配
中央にクリスタルが嵌め込まれた軍配。先端に刃が付いている。

必殺技[編集]

封剣合身波
『天下泰平編』で鬼将軍相手に放った四大将軍による合体攻撃
『X-Ω』での必殺スキル。
超破荒断駆(スーパーアタック)
スーパーケンタウロス形態から鳳凰砲・超破大目牙砲を前方に展開して同時発射する必殺技。

特殊能力[編集]

光の玉アス大将軍時を駆ける武者頑駄無結晶
X-Ω』におけるアビリティ。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
追風感応正義
パイロットパーツ装備時
神速激励+、決意

人間関係[編集]

頑駄無軍団[編集]

武者風雷主(プラス)、武者江須武者百士鬼改武者砕虎摩亜屈
荒烈駆主と同様に光の玉に選ばれた存在で、新生武者五人衆と呼ばれている。
『風林火山編』ラストで彼ら四人とその師匠(砕虎摩亜屈のみ兄)である風林火山四天王が隠密将軍の号令の下、頑駄無軍団奥義「八紘の陣」を発動させ、荒烈駆主を過去へと送り出した。
『天下泰平編』では風雷主が四代目大将軍の家老のようなポジションになっている。……が、『風林火山編』の頃と性格や口調が違い過ぎて[1]違和感が凄い。
鳳凰頑駄無、雷頑駄無
過去の世界に飛ばされた際に出会った兄弟武者。共に天空三武将の鎧に選ばれ、頑駄無三武将と呼ばれる。
鳳凰は後の初代頑駄無大将軍、雷は初代将頑駄無になる。
後に将頑駄無は精太に役職を継がせて御隠居頑駄無になり、息子の柳生農兵衛と共に荒五郎を育てたため、荒烈駆主にとって義理の祖父と言える続柄。
百ノ進
過去世界での頑駄無軍団の参謀。上記の百士鬼改の祖父でもある。予言書「光の巻」に従い超時空戦闘機・武者璽威武装を造り上げ、荒烈駆主を現代へ帰還させた。
本来の歴史では『武者七人衆編』開始前に暗殺されるはずであったが、荒烈駆主が歴史を改変したため後の時代まで生存する。
殺駆(ザク)
殺駆一族の頭領で時隠国の国主。後の殺駆頭(ザクト)。
過去世界では荒烈駆主と共に戦う仲間。この時代では洗脳されていないので正々堂々とした武人。
漫画版では悪人だが、暗黒軍団に対抗するため本性を隠して共闘している(とはいえ黒魔神闇皇帝を倒すまで裏切ることはなかったが)。
隠密将軍(頑駄無副将軍)
かつての武者農丸頑駄無。赤ん坊の頃に自身を拾って育ててくれた義父。
荒烈駆主が幼い頃は城下の長屋で浪人「柳生農兵衛」として暮らしていた。
三代目頑駄無大将軍
隠密将軍の兄である義理の伯父。『天下統一編』では、黒魔神を倒した荒烈駆主が現代へ帰還した際には戦死して故人となっていたが、荒烈駆主に再び過去へ飛ぶよう遺言を遺していた。
荒烈駆主はこのアドバイスに従い、まだ生きている時代から三代目を連れて過去へ向かう。
『X-Ω』では大将軍になる以前の彼と出会い、後に三代目大将軍となる事を告げるが、本人からは困惑された。
影荒烈駆主
荒烈駆主の影武者。荒烈駆主は彼の存在を知らなかったようで、現代へ帰還した際に自身と瓜二つの彼を見て驚いていた。
現代で頑駄無軍団が全滅する中で唯一人生き残り、三代目大将軍の遺言を届けるために荒烈駆主の帰りを待っていた。
二代目頑駄無大将軍
義理の従伯父。闇皇帝と相討ちになり戦死。
『天下統一編』では四代目となった荒烈駆主と共に過去へ向かい、黒魔神闇皇帝との最終決戦にて共に戦った。

闇軍団 [編集]

若殺駆頭(ワカザクト)
殺駆頭の息子。
実は生きていた闇皇帝によって洗脳され、クーデターを起こして父から時隠の国の国主の座を奪い、闇軍団の頭領となった。
操られるまま頑駄無軍団に宣戦布告し、更に仮死状態の父を復活闇将軍にして操るなど悪事の限りを尽くしていたが、最終決戦後は洗脳が解けて、帰還した四代目を父と共に労った。
一方で漫画版では(父と同様に)悪人という設定であり、荒烈駆主をつけ狙って過去世界まで追ってくる……が、そこで若かりし頃の父と遭遇し……。
武者漣飛威
荒烈駆主の剣術の師匠。
主君の若殺駆頭(を操る闇皇帝)の命によって闇軍団が頑駄無軍団に再び宣戦布告を行ったため、敵対関係となってしまう。
武者璽悪
赤ん坊の荒烈駆主を殺そうと襲い掛かるが、寸前で農丸に阻止される。
荒烈駆主が成長し立派な武者となってからは幾度となく刃を交える。

暗黒軍団[編集]

黒魔神
暗黒軍団の首領で宿敵。後の闇皇帝
本来の歴史(荒烈駆主のいない時間軸)では初代大将軍を倒すが、荒烈駆主が現れたことで逆に敗れる。
黒魔神闇皇帝
荒烈駆主と同様に過去世界へ赴いた闇皇帝が、過去の自身である黒魔神と融合合身した姿。
四代目大将軍が時空を越えて集結させた四大将軍と激闘を繰り広げる。

その他 [編集]

武者亜礼薬(アレックス)
横井孝二氏の漫画『元祖!SDガンダム』に登場。体に段ボール箱を纏った謎の武者(?)。
荒烈駆主とは別人、というか登場は亜礼薬の方が先。実は義父・農丸の変装。
農丸は他にも「隠密頑駄無」「柳生農兵衛」といった変装形態を持つが、これらは亜礼薬も含めてNT-1アレックス(のチョバムアーマー装着形態)がモチーフになっているという共通点がある。
ガベ子
劇場用アニメ『天下泰平編』で出会った少女。後に妻となる。
「SD戦国伝」の登場人物にしては珍しく名前に片仮名が使われているが、れっきとした本名である。
鬼将軍
『天下泰平編』の悪役。於雄得(オオエ)山[2]で暴れ回り、四大将軍と戦って敗北する。その正体は試練を与えるために化けていた結晶鳳凰だった。……と思いきや、後に『伝説の大将軍編』と同時期の番外編にも登場。結晶鳳凰がその姿を(鬼将軍本人に無断で)借りていたのか?
荒鬼頑駄無
『七人の超将軍編』に登場。 四代目頑駄無大将軍が鬼退治をしたとの伝説(上記の鬼将軍との戦いのことと思われる)が残る於雄得山の出身なことから、四代目頑駄無大将軍の再来とも呼ばれている。
武者デスサイズ
『ムシャ戦記 光の変幻編』に登場。歴代武者オールスターの要素を持つ『SD頑駄無 武者○伝2』にて、荒烈駆主と武者バトルチーム「頑駄無シャイン&ナイターズ」を結成。
白銀刃(シルヴァ)
荒烈駆主の現れなかった時間軸における「地の鎧」の継承者。黒魔神と戦い戦死する。改変の起きた『天下統一編』ではどうなったのか不明。
名前の由来は『ガンダムUC』に登場したシルヴァ・バレトだが、白銀刃の容姿は『三国伝』の劉備ガンダム(「龍装」ではない)+周倉ドーベンウルフ+新荒烈駆主の「地の鎧」パーツを組み合わせたものとなっている。
荒烈駆主大将軍
『武者烈伝』第三部に登場する筈だった大将軍。結晶鳳凰の力で、烈火頑駄無大将軍(烈火武者頑駄無)の息子・烈丸が成長した弩頑駄無、隠密忍者農丸の息子・少年忍者隠丸が成長した刃忍者隠丸、抜刀武者逆伐(武者鋭駆主)の息子・鬼面武者凄丸が成長した二代目鋭駆主、の3名が合体した姿。メタ視点では四代目大将軍のリメイクにあたるキャラ。

脚注[編集]

  1. 『風林火山編』ではぶっきらぼうな一匹狼、『天下泰平編』では四代目の嫁の心配をするお節介焼き。
  2. 名称の元ネタはガンダムシリーズ出典ではなく、実在する鬼退治伝説の残る山・大江山がモチーフと思われる。

商品情報[編集]