ガンダムデスサイズヘルカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムデスサイズヘル
外国語表記 Gundam Deathscythe Hell
別表記 ガンダムデスサイズヘルカスタム
ガンダムデスサイズヘル (EW版)
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
石垣純哉
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 XXXG-01D2
全高 16.3 m
重量 7.4 t
ジェネレーター出力 3,009 kw
スラスター総推力 75,380 kg
装甲材質 ガンダニュウム合金
改修 プロフェッサーG
ドクターJ
ドクトルS
H教授
老師O
パイロット デュオ・マックスウェル
テンプレートを表示

ガンダムデスサイズヘルカスタムは『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の登場メカ

概要[編集]

Endless Waltz版のガンダムデスサイズヘル

大河原邦男氏によるTV版を基本としてデザイン性を追及する方向で発展させており、各部が鋭角化し、悪魔を想像させるコウモリの翼状のアクティブクロークはデザインが変更された為、クロークを展開し大鎌を持つ姿は死神そのもの。

武装面では、ツインビームサイズではなく、一枚の巨大なビーム刃を発生させるビームシザースに変更されており、TV版にはあったバスターシールドが無くなり(漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』では大型化された上に両腰部に一基ずつ装備されている)腕部に鋭角な装甲が追加されている(なぜかシールド扱い)。ハイパージャマー及びリブジャマーは両肩の白いバルジ状のパーツがその機能を担っている。

劇中では250機(増援があったので実際にはその倍以上の数)のサーペント相手にデュオ・マックスウェルが不殺の交戦をした為、持ち前のステルス性を発揮出来る状況にはならなかった。サーペントの物量の前では、エネルギーが切れてビームシザースのビーム刃が途切れるまで追い込まれた。闘いが終わり、最後はデュオの手によって自爆装置が起動され破壊された。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズではTV版ガンダムデスサイズヘルとは別機体で、デスサイズヘルの上位機種的なポジションだった。TV版と比べバスターシールドを持っていないので射程が短い傾向にある。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
物語後半「クロス・ファイト」で自軍に加入。改造はガンダムデスサイズヘルから引き継ぐが、バスターシールドはオミットされる。本作からビームシザースの射程が1-3となり使い勝手が向上した。ビームシザースがEN無消費なので反撃役として使いたいが、最大射程が3なので反撃不能に追い込まれる事が多いのが残念。なので、高性能レーダーで補強するといいだろう。ビームシザースの演出で月が背景に出てくるのもこの作品から。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ほぼPS版と同様だが、機体の地形適応:Aになり、ビームシザースの射程が1-4となり使いやすくなっている。ただし、この作品以降ヒイロとゼクス以外のW系パイロットはを覚えなくなったため爆発力は落ちたと言える。
スーパーロボット大戦α外伝
ウイングヘビーアームズと共に5話で加入する。ビームシザースが射程1-5、クリティカル率40%に強化されたため、同系統のアルトロンサンドロックと比べ非常に強力な機体になっているが、切込み役向きの機体なのに飛行不可かつ移動力5と低いのが欠点。
α外伝はバザーの関係で移動力+1パーツが非常に手に入りやすいものの、こちらのパーツスロットは2なので実質味方中最低の移動能力となっており、素のままではせっかくの高い攻撃性能を活かせない場面も多い。山や森がメインのマップも多いので、活用するならブースター系のみならず、ホバークラフトや入手できればミノフスキードライブを優先的に回したい。性質上底力加速と相性が良いが、今回は両立するパイロットがいないため、どちらかは諦める必要がある。
立ち絵がアクティブクローク解放状態となり、戦闘アニメも強化されている。
第2次スーパーロボット大戦α
通常版ビームシザースが参戦当初のような射程1にされてしまった。が、ALL版がある為、雑魚を蹴散らすのに向いている。クリティカル率の高さも健在。反面、単体攻撃が弱い為、ボス戦は不得手。また、PLA武器がバルカンで貧弱=小隊員機にも不向きなので、『雑魚を蹴散らす小隊長機』としての運用がベスト。
第3次スーパーロボット大戦α
「ガンダムデスサイズヘル」名義で参戦。通常版ビームシザースが射程1-2になり、いく分か良くなった。あいかわらず全体版ビームシザースは強力。また、新武装としてハイパージャマーが追加された(本来ハイパージャマーは武装ではないが参戦当初のサンドロックにあったシールドフラッシュのようなパターンアタック)。ジャミング機能ABフィールドの追加などの全面的な強化に加え、デュオの回避能力の向上により、切り込み役としての安定感が増した。更に、新たに追加されたハイパージャマーがPLA武器になったことで、小隊員機としての使い勝手も向上した。普段は雑魚を蹴散らす小隊長機として運用し、ボス戦では他の機体に小隊長を任せるという使い方が良いだろう。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
参戦は序盤から。移動後に使用可能なALL武器を持ち序盤から使い勝手が良い。アシスト攻撃が火力の高い「ビーム・シザース」なので、サブとしても優秀。全体的に射程が短いのでパーツで補おう。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
性能等は時獄篇と同じ。中盤で幾らかの性能強化と共にパイロットカットインがパイロットスーツを着たものに変化する。中盤以降は火力の低さが目立つので使うなら武器の改造と射程の補強はしっかり行っておきたい。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場作品。中盤から使用可能。トップクラスの運動性分身Iフィールドを持つなど恵まれているが、武器のビームサイズ(正しくはビームシザース)が射程1のため密着での戦闘しかできないのが欠点。似たような性能のオーラバトラーより回避力で劣るのでリアル系としては使いにくいのは確かだが、ビームサイズは必要気力なし、EN無消費で攻撃力とクリティカル率が共に高いので、その性能を生かしHPを上げ狙われにくくしスーパー系の様な運用法に向く。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
移植前とほぼ同性能。本作から援護システムがあるが、本機はまともな武器の射程が1なため、援護攻撃用としては活用できない。本作でも囮役より、HPを上げ狙われにくくし、ビームサイズの攻撃力を上げて雑魚敵を一撃で落とせるようにするとよい。
スーパーロボット大戦COMPACT3
ビームシザースの消費ENが0で射程4なので改造すればかなりの強さになる。防御面も元々運動性が高くかなり避けるうえ、Iフィールドとハイパージャマーで申し分ない。デュオが熱血を覚えないので、ボス戦より雑魚相手に向いており、ボス戦で使用する場合は熱血持ちの張五飛との相性がよい。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
デュオ専用機。本作のエースユニット筆頭候補。主要武器のビームシザースはウイングゼロのツインバスターライフルを凌ぐ攻撃力、消費EN:0、クリティカル率+50%という高性能である。元々の運動性も高く、デュオも集中を持ち回避も高い。ちなみに今回「ハイパージャマー」を持つが、スパロボAでは「ジャマー」と同じ効果であるので注意。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
「ガンダムデスサイズヘル」名義で参戦。デュオ専用機。GBAの反省からか、ビームシザースが消費EN:10だけだが消費するようになった。その為、敵陣にGBAの感覚で考えなしに単機で突っ込ませてしまうとガス欠を起こしてしまう。ENの改造を怠らない様にしたい。さらにビームシザースが空中へ攻撃ができなくなってしまったのでフライトモジュールが地上ステージでは必須となってしまい、分身が追加された以外はAに比べかなり下方修正されてしまった。しかしそれでもなお強力な機体であり、「ハイパージャマー」が今回「分身」の効果となった他、カスタムボーナスの「分身の発生率+10%」、デュオのエースボーナス回避率+15%」とあわせて回避のスペシャリストとして君臨する。アムロでさえ無双が困難な連続ターゲット補正も、デュオの不屈でカバー可能と隙がない。
スーパーロボット大戦R
デュオ専用機。Aとほぼ同等の能力だが、運動性はやや控えめ。Aではハイパージャマーがジャマーの効果だったが、今回は分身の効果に戻っている。
スーパーロボット大戦W
デュオ専用機。「ガンダムデスサイズヘル」名義で参戦。原作EWでもあるように(突撃して何十ものMSをなぎ払う)ビームシザースにマップ兵器版が追加された。しかもそれが自機周囲型の1~5マスと、武装としては破格の性能。使いやすい機体ではあるのだが、今回シザースの地形適応が空Bで消費ENが20と過去最悪の燃費の悪さが欠点で、これしかまともな武器がないためENの対策は必須。逆にたまにある水中戦では適応がAなので真価を発揮する。また今回はUCガンダムがいないのでバリアが「アンチビームフィールド」となっている。今作とLでは攻撃時以外はアクティブクロークで防御態勢を取っているせいか装甲が高めである。
今作では参戦期間の長さゆえか、デュオの回避があまり高くないため素の状態ではさほど避けられず、射程の短さもあって地雷戦法や援護役にはやや不向き。 このため、機体は改造&強化パーツで運動性&地形適応を強化してデュオは技量を中心の育成で被弾率低下を狙い、戦闘時はまず単騎突入させつつも無闇に反撃させずに耐え、気力が上がり次第MAP兵器で殲滅、という戦法が効果的。
スーパーロボット大戦L
「アクティブクローク」が正式名称で登場。基本的にWから変わらないが自身とパートナーを海Aにするボーナスを持つので水の多いマップで更に活躍する。シザースは高いクリティカル率と消費ENは15に下がり乱用可能だが、最大射程2というとんでもない問題を抱えている。バルカンも射程2なので、事実上の全味方ユニット中最低射程を誇る(申し訳程度にMAPW版は射程3ある)。ボロットですらP武器が射程3あると言えばこれがどれだけ酷いかわかるであろう。射程を延ばそうにも、射程+を持っている接近戦ユニットはイクサー2イクサー3ネオオクサーぐらいなので正直困る。挙句の果てにシザースは空適応Bである。一方、MAP兵器は範囲が狭くなったが低燃費で使い勝手が良いので、ENを強化し補給装置装備機と組ませれば毎ターンのように連発可能。ただしこちらも空Bである。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
マナの国ルート第16話より加入。ビームシザースの演出が第3次Zから大幅に変更されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ガンダムデスサイズヘルの機体をフル改造するとこの形態になる。機体性能と攻撃力は上がるが、バスターシールドがなくなった為、最大射程は1となりサーバインと似たような状態となる。
スーパーロボット大戦X-Ω
近年の例に漏れず「ガンダムデスサイズヘル(EW版)」名義。SSRディフェンダー、SRファイター、大器型SSRファイターが実装。
ディフェンダー版は2017年4月開催のイベント「青い空と虹」にて実装。「防御成功の際、攻撃してきた敵ユニットを中確率でスタンさせる」という一風変わったアビリティを持つ。確定防御になる対シューターで成功率が非常に高く、こちらから直接攻撃しなくても勝手にスタンしてくれるので、スタンさせないとまともにダメージが与えられない征覇N30Aの切り札として投入された。アビリティで大分カバーできるもののダメージ軽減系の精神がないためやや打たれ弱いのが欠点。
ファイター版は2018年9月のイベント「あなたのために」にて実装。ディフェンダー版のスタン付与アビリティにダメージ付与効果もついた「地獄への道連れ」を筆頭に、ディフェンダー版のリメイクといった性能。自機の周囲8マスを攻撃する必殺スキル「ビームシザース(範囲)」の追加により、道中の雑魚戦にも対応できるようになった。
アリーナでは、他のガンダムパイロットのフォローに回っていたデュオの立ち位置を意識してか味方をサポートするアビリティを持つ。特にファイター版の、自機と自機後方にバフ効果を与える「死の大鎌」は強力で、CRT威力が高いがCRT率へのバフを持たないユニットのフォローに使える。
また、アリーナでは「ビームシザース(範囲)」が「範囲」と言いつつ前方1マスにしか攻撃できないことが一部のプレイヤーからネタにされる。

装備・機能[編集]

5機のガンダムの中では運動性に秀で、反面装甲が薄い。また、特殊能力ハイパージャマー、アクティブクローク、ジャミング機能等)が豊富な事も特徴である。

武装・必殺武器[編集]

参戦当初より、ビームシザースはクリティカル率が高い武器で、シリーズを経る毎に射程が伸び、クリティカル率もさらに上昇し、扱いやすい強力な機体となった。マップ兵器版が登場する作品もある。しかし、基本的に無制限に使用できるビームシザースが強すぎたのか、近年ではEN消費するようになったり、に対しての地形適応を下げたり下方修正されることが多くなってきた。

武装[編集]

バルカン
頭部に二門内蔵された近距離戦用の機関砲。
参戦当初からスパロボでは本機には射程の短いビームシザースしか武器がない故、バルカンの威力が高く設定されていたり、射程が一般の物より長く設定されていたりしている。
ビームシザース
ツインビームサイズからの変更。ビーム刃部がTV版より大きな一基のみ(加速バーニアも廃止)となったが、柔軟な取り回しが行えるようになった。柄はTV版にあった伸縮機能がオミットされ。不使用時はアクティブクロークの裏側で充電している。
スパロボでは本機のメイン武器で、射程は短いものの低燃費、高威力、高CRT率の強力な武器となっている。
通常攻撃版と全体攻撃版の両方が用意されている場合があるが、それぞれにおいて、劇中の挙動を再現したアクション(柄尻での打撃やシザースを水平に構えての突撃等)も見られる。
アクティブクローク
防御能力向上のため装備された、機体を覆うできる巨大な外套。ビーム兵器を電磁フィールドで弾く。TV版のアクティブクロークよりもコウモリに近いデザインとなった。
反面閉じた状態での腕の可動域は完全に殺され、閉じた状態ではシザースは使えなくなり、また戦闘時には完全に展開しなければならなくなった(TV版は一枚単位の部分開閉が可能)。
ハイパージャマー
両肩に装備されたジャミング装置により強力な妨害電波を発生させる。本体のステルス性との相乗効果により、カメラやレーダー等の電子機器をほぼ完璧に無効化する為、カメラ・レーダー等から情報を得る兵器であるMS等にとっては事実上、姿が消えている。
スパロボにおいては後述の通り回避系特殊能力として扱われるが、第3次αのように武器名(実質はビームシザースのパターンアタック)となっている場合もある。

オプション装備[編集]

バスターシールド
『敗者たちの栄光』で大型化したものを両腰に装備。デザインはEW版デスサイズの物をヘルのカラーに変更した物になる。最終的にバルジ内部から脱出する際に、両方を射出し損失する。
ツインビームシザース
『敗者たちの栄光』で装備。通常の鎌型のビーム発生器に加え、ビームサイズに付いていたナギナタモードのように真っ直ぐに伸びるビーム発生器が付いた二枚刃のビームシザース。これを装備しているため、同作では上記のビームシザースを装備していない。
ビームサーベル
『敗者たちの栄光』でプロトゼロの物を使用。

必殺技[編集]

ビームシザース(全体攻撃)
第2次α、第3次αで採用。突進して敵小隊を一ヶ所に纏めて一閃する。有射程P武器の全体攻撃で使い勝手はいい。
ローリング・ビームシザース / ビームシザース(マップ兵器版)
W、Lで追加されたビームシザースのマップ兵器版。移動後使用不可だが、自機を中心とした広い範囲を攻撃できる強力なマップ兵器として実装されている。
ビームシザース連続攻撃
第3次Zで追加された武装。連続攻撃を謳いながら前述の全体攻撃版と同様タッグを纏めての一閃という連続要素の欠片もない攻撃である。天獄篇では敵の数によって戦闘アニメに変化が入る用になり、時獄篇のものは単体攻撃時の演出となり、全体攻撃の際には、一機を切り裂いたあと振り向いてもう一機を一閃という演出に変更された。
『X』では原作での上空からの強襲と柄尻での打撃に加え、更にそのあと滅多斬りにするというきちんとした連続攻撃になっている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。過去にはαα外伝のみアクティブクロークによりシールド防御可能だったが、Xで復活した。
両腕に小型シールドが装備されている事になっているがデザイン的には腕部装甲の延長でしかない事や本編での防御描写も無い事からこれが「シールド」としてスパロボで扱われたことはない。
アクティブクローク(ビームコート / ABフィールド / Iフィールド
スパロボ内ではビーム兵器を軽減するバリア旧シリーズではビームコートやIフィールドで再現していた。
ハイパージャマー / 分身
スパロボでは旧シリーズより分身として実装していた。GBA版Aでは分身ジャマーの複合効果であった。近年のスパロボでは分身より発動率の低い特殊能力となっている。
第3次αでは武装扱いとなっており、ハイパージャマーで姿を隠し、ビームシザースで敵を斬りつけるというパターンアタックになった。
ジャミング機能
ECMにより電波撹乱を行う。ハイパージャマーの機能の一つ。

移動タイプ[編集]

得物の「水中でも威力が落ちないビームサイズ(シザース)」が本機の最大の特長。故に全ガンダムタイプの中でも最も水陸両用型になっている。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

分身の発生率+10%
A PORTABLEでのボーナス。
「ハイパージャマー」の気力制限なし、全武器のCRT+20
第3次Z時獄篇でのボーナス。
「ハイパージャマー」の発生に必要な気力制限がなくなる。全ての武器のCRT+30
Xでのボーナス。

機体ボーナス[編集]

L
初期:CT補正+10、格闘武器+100、海:A
5段階:CT補正+20、格闘武器+200、海:S
10段階:CT補正+30、格闘武器+300、海:S

機体BGM[編集]

「WHITE REFLECTION」
「LAST IMPRESSION」

関連機体[編集]

ウイングガンダムゼロ(EW)
全ての「ガンダム」の母体となった機体。

商品情報[編集]

余談[編集]

  • アメリカではそのシルエットから「バットマンガンダム」と呼ばれている。

資料リンク[編集]