リーオー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーオー
外国語表記 Leo
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 OZ-06MS(地上用)
OZ-06SMS(宇宙用)
頭頂高 16.2 m
総重量 7.0 t
装甲材質 チタニウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル100
ウエポンズアビリティ
レベル100
スピードアビリティ
レベル100
パワーアビリティ
レベル100
アーマードアビリティ
レベル100
開発 OZロームフェラ財団
所属 A.C.世紀世界の全陣営
テンプレートを表示

リーオーは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

黄道十二星座の「獅子座」の名を冠すモビルスーツ

トールギスの開発計画が未完の状態で中断されたため、実質的にこのモビルスーツが、アフター・コロニー初の戦闘用モビルスーツであると言える。

トールギスの量産型にあたる機体。性能を追求しコストを度外視したトールギスとは違い、量産のために徹底したコストダウンと機能の縮小化が図られており、外見以外は別物と言って良いほどデチューンされており、一般兵でも十分に操縦できるようになった。ちなみにトールギスのフェイスマスクとブースターを外した外見は白いリーオーである。

主に陸戦用と宇宙用のバリエーションがあるが、外見上の違いはない。ただ、宇宙用はその性質上、空間戦用のラウンドバーニアを装備している事が大半なので、コロニー内配備機等でなければ見分けはつく。

オプションと環境依存のパーツの組み合わせ次第で、海中以外のあらゆる戦場への対応が可能となっており、ガンダムシリーズの中ではザクと並んで汎用性の高い機体。また、「実弾兵器だけでなく、ビーム兵器も使用できる」と言う点を見ると、実弾兵器しか使えないザクよりも総合戦闘力が優れているともとれる。

機体色は緑(主にOZ地上)、紫(主にOZ宇宙)、青(主に一般機)が一般的。

劇中での活躍[編集]

地球圏統一連合は、ロームフェラ財団から提供された本機を用いる事で、各地の紛争を迅速に収束させる事に成功した。また、その流れから、連合の軍事独裁政治に一役買っている存在であると言える。

その後、20年に渡り主力モビルスーツを務めていたが、「ガンダム」の登場で状況が一変。戦乱の拡大で性能不足に陥ることとなり、連合がトレーズ・クシュリナーダの画策によりOZに乗っ取られた後は次々と現れる新型のモビルスーツにその座を譲り渡した。

それでも、機体数はアフターコロニー世界では圧倒的であり、どの陣営でも運用されていた。特に最終決戦では、ビーム兵器しか持たないトーラスと違い実弾兵器を使用していたため、ビルゴ相手に有効打を与える描写がある(無論数的優位を持たせた上で、だが)。

主要人物達の何人かも本機に搭乗しており、ヒイロ・ユイデュオ・マックスウェルゼクス・マーキスレディ・アン、はたまたはトレーズまでもが搭乗して、それぞれの活躍を見せている。

EndlessWaltzの第1話後半では、コロニー「X-18999」に潜入したヒイロとデュオが搭乗して、同じリーオーを次々と撃墜したり、サーペントアルトロンガンダムとも激闘を繰り広げている。まさにTVシリーズ前から全編及びEndlessWaltzの時期まで、多様に使用され続けていた、隠れた名機ともいえる。

その他[編集]

基本的に一撃で葬られるザコ機体だが、ヒイロやデュオが乗った際は異様に頑丈になるため、ファンの間ではたまに「乗っているパイロットによって硬さが変わる」とネタにされる。設定的には、リーオーの装甲は軽量化のために意図的に厚い部分と薄い部分を作っているために棒立ちで攻撃を受ければ致命的になりやすく、逆に優秀なパイロットであれば被害を抑えやすい、ということであるらしい。これがスパロボ的に言えば「一般兵とネームドでは防御が違う」と言うことになるのだろう。

新機動戦記ガンダムW』作中の機体は、全て当機との性能比較による「アビリティーレベル」という性能が設定されており、リーオーを100として計算する。この数値を参考にすると、コロニー側のガンダム(前期)の基本性能はリーオーの3割増程度、ウイングガンダムゼロガンダムエピオンでも5割増程度であり、リーオーがそれほど性能に劣る機体でないことがわかる。

『Frozen Teardrop』では「リーオー」とは呼称されず、リーオーII型「キマイラ」、リーオーIII型「新型キマイラ」、そしてトールギスの設計思想に近い高性能機・リーオーIV型「グライフ」と呼ばれた。

登場作品と操縦者[編集]

A.C.の代表的なMSであり、上記のように主要人物の搭乗経験すらある機体だが、SRWへの参戦率は意外に低い。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
初登場はゼクス・マーキスが数機引き連れてくる。暫くシナリオを進めていくとOZ絡みのステージでも出てこなくなる。
スーパーロボット大戦α外伝
序盤の宇宙ルートでのヒイロ・ユイデュオ・マックスウェルの搭乗機であるが、彼らの能力をもってしても、張五飛アルトロンガンダムカスタムに対抗するのは厳しい。その後はマリーメイア軍が使用してくるが、雑魚に過ぎない。
本作での地形適応は全てB以下だが、バグによって機能していないため意味が無い。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
OZの戦力として登場。マシンガンとビームライフルを装備した軽装仕様と、ドーバーガンとシールドを装備した重装仕様が存在し、ゼクスは後者に搭乗。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
OZの戦力として登場するが、正規軍アロウズGN-X IIIが正式配備されている関係上、旧式機といった立ち位置になっており、モビルドール搭載機が登場するようになるとほとんど登場しなくなる。
なお、序盤の中東ルートにてヒイロが搭乗するが、この機体はゼクス専用機と同様、ドーバーガンを装備したタイプとなっている。そのため、ヒイロの能力もあってある程度は戦えるが、やはりガンダムに比べると明らかに弱いため、油断は禁物である。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
本作では宇宙用バーニアを装備した機体のみ登場。敵としてテロリスト搭乗機が登場する他、『α外伝』同様にヒイロとデュオが搭乗する。ごく短い間ではあるが数話に渡って使用するため改造も可能。
しかし、武装が移動後攻撃不可の「ビームライフル」ひとつしか無い(ビームサーベルすら無い)ため、おとなしくサブに徹しよう。
なお、本作に登場する乗り換え機では唯一手元に残らない機体である。改造はそれぞれの搭乗機に引き継がれるので安心。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
流石に旧式化著しいのか連邦軍等で使われておらず、謎の無人機軍団の戦力としてのみ登場。全く相手にならない。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
OZの戦力として登場。はっきり言って雑魚以外の何者でもないので速攻で片づけて構わない。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場作品。敵ユニットだが能力は低く、しかも宇宙編第23話しか登場しない。その上、ゲームを進めるとコロニー内の端の上に集まる格好になるためV2ガンダムのマップ兵器を使うと数ターンで全滅し、クリアになることも。獲得資金は意外と多い。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。カラオケモードにも出演している。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
序盤のイベントバトルに出演、後半はザコ敵として登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

装備のバリエーションは様々であり、状況に応じて最適なものを装備する。

射撃兵装[編集]

105mmマシンガン
地上用の主力武器。ウイングガンダムに歯が立たなかったのは1stのガンダムザクの再現。
ビームライフル
宇宙用の主力武器。地上用も存在するが、宇宙用は出力と冷却の問題から地上では使用できない。取り回しに優れた短砲身型が存在する。
バズーカ
地上用の大火力火器。登場したのは1話のみ。
ビームキャノン
宇宙用の大火力火器。冷却の問題から地上では1発しか撃てない。
ドーバーガン
トールギスと同型のもの。実弾とビームの2種の打ち分けが可能だが、リーオーが使用する場合は実弾のみが多い。
肩部ビーム砲
両肩に装備。増加装甲と兼用。劇中での登場回数はドーバーガンと並んで多く、指揮官レベルの機体が装備している。

格闘兵装[編集]

ビームサーベル

防御兵装[編集]

シールド
円形のシールドの裏にビームサーベルが備えられている。

オプション装備[編集]

パラシュートユニット
背部オプションの一つ。空挺作戦に使用される。
高機動オプション
背部オプションの一つ。重力下において、ある程度の空戦性能を獲得する事ができる。任意にパージする事が可能。
宇宙空間用ラウンドバーニア
背部オプションの一つ。空間戦時に装備する。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

照準値+10、『ビームライフル』の攻撃力+200
第3次Z』で採用。

対決・名場面[編集]

vsウイングガンダム

主な関連機体[編集]

トールギス
本機の原型となったMS。
トラゴス
リーオーをベースに開発された陸戦用MS。
サーペント
リーオーの発展型として設計された。

余談[編集]

  • 『Frozen Teardrop』にてリーオーの開発者はヒイロの母の結婚相手(つまりヒイロの義父)である事が判明している。
  • 児童誌「コミックボンボン」のマンガ版では第1話でのみ「リィオゥ」と表記されており(単行本では修正されている)、アニメ版でもエンディングクレジットで「リィオゥ」表記されていた。
  • 角ばった頭部にTVモニターのようなカメラアイ、丸みを帯びた肩と、デザイン上ザクとは直線と曲線のバランスが逆に配置されている。
  • ガンプラではTV版放映当時はキット化されず、1997年にLM(リミテッドモデル)と呼ばれる簡易インジェクションキットて登場したが直ぐに絶版となり、長らくプレミア価格で取引されていた。2018年5月にHGACリーオーのキットが登場し、TV版放送から実に23年の時を経て正式なガンプラが発売された
  • トールギスの量産型ということから、『超SD戦国伝 武神輝羅鋼』(スパロボ未参戦)においては、トールギスがモチーフの武者刀流義守のガンプラに、リーオーがモチーフの裏鷹に組み替えられるギミックを持たせている。

資料リンク[編集]