ガイゾック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ガイゾック(Gaizok)とは、『無敵超人ザンボット3』の敵勢力、及びその指導者の名称。同名の指導者については「コンピュータドール第8号」の項を参照。

概要[編集]

地球に突如として襲来した外宇宙からの勢力。

主要戦力はメカブースト。司令官のブッチャーを筆頭に地球の人間の命を何とも思っておらず、ロボットアニメの敵組織の中でも非常に残虐な集団として知られている。特に、多くの視聴者にトラウマを与えた人間爆弾作戦」を実行に移したことで有名。他にも(全面降伏も視野に入れた)総理大臣たちの交渉を蹴って見せしめに殺したりもしている[1]

ガイゾックが人の命に関心を持っていないことには、ある理由が存在した。表向きの指揮官はブッチャーであるものの、その背後にいるのは、ガイゾック星人によって造り出された生体端末「コンピュータドール第8号」である。

コンピュータドール第8号は、悪い考えを持った人間の星を滅ぼすべく行動しているに過ぎず、ビアル星や地球に対しても「悪の存在」と判断し、最初から地球人を皆殺しにする事を前提に行動していたのである。極端すぎる譬えで言えば、「(ブッチャー個人は地球人を殺す事を楽しんでいたものの)コンピュータードールにとって地球人抹殺は害虫駆除程度の感覚でしかなかった」のである」。

残された謎[編集]

実は、『ザンボット3』劇中で登場したガイゾックに所属する者達は、あくまでもガイゾック星人に造られたコンピュータドール(しかも、「第8号」である為、同型が存在する可能性も否定できない)や、それによって改造されたブッチャーを始めとする異文明の者達ばかりであり、ガイゾック星人はおろか、ガイゾックの文明そのものが、劇中最後まで登場していない

神ファミリー決死の活躍によって、コンピュータドール第8号が率いていたガイゾックの勢力は滅び去ったが、ガイゾックそのものの戦いは未だに宇宙の何処かで続いているのかもしれない。結局ビアル星の記録は勿論、劇中においてもガイゾックの詳細は明かされる事も無かった為、余計に不気味さを抱かずにはいられない存在である。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初登場作品。コンピュータドール第8号が登場しないのでブッチャーがボス扱い。ゲストと同盟していたが人間爆弾を行ったため見捨てられる。登場するシナリオ自体は多くないのだが、やはり人間爆弾イベントで強い印象を残す。
第4次スーパーロボット大戦S
スーパー系主人公にとっての追加シナリオ「接触」に登場。冷凍睡眠から覚めたばかりだったが、偶然見かけた主人公のゲシュペンストメカブーストを差し向ける。
しかしその後再会しても、お互い無反応である。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
コズミック・イラの世界では最初に襲来した異星人多元世界ではスカルムーン連合の中心組織となる。人間爆弾イベントがきっちり再現されている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第一次多元戦争のモノとは別のガイゾックが襲撃してくる。但し作品内の敵ユニットはバンドックのみであり、メカブーストは一切登場しない。
今作では他作品のロボット兵器を尖兵として利用している事が多い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
序盤からブッチャーが登場。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
同上。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
コンピュータードール8号とも決着をつける。ガイゾック星もまたビアル星の様に既に滅んだ文明である事が明かされている。
スーパーロボット大戦IMPACT 
リメイク前と同じ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
物語開始以前にザンボット3に撃退されていたが再来。実はシャドウミラーが「あちら側」から連れてきた存在。
スーパーロボット大戦R
未来編では以前に撃退されていたが、「ガイゾックの神の手で復活した」として再び現れる。この時にリョーコアムロの口から、以前ガイゾックとはザンボット3と共に戦い、宇宙太と恵子を犠牲にしてまで倒したのに無駄だったのか、と言う旨が語られる。この時の経験があって過去編にてブッチャーを倒した後に「ガイゾックの神」であるコンピュータドール第8号も発見して倒したため、改変された未来でも復活しなかった。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
西暦世界の地球を侵略しようとしたらしいが、既に壊滅している。なお最終決戦の際にナデシコなど一部の有志が応援に駆けつけたため、神ファミリーが原作よりも多く生き残っている。
西暦世界の黒幕であるブラックノワールによれば、ガイゾックが地球に来たのは予想外の出来事だったらしい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
監察軍の反応を辿っていたら地球にやってきた、という設定。その直後、マクロスのフォールドアウトに巻き込まれてグレンラガンの地球に辿り着き、そこでロージェノム率いる獣人たちと手を組む。

人物[編集]

コンピュータドール第8号
首領。通称「ガイゾック」。その正体は「悪しき意志を持つ生命体を根絶する」という目的に従って行動する、ガイゾック星人によって作られたコンピュータ。
キラー・ザ・ブッチャー
ガイゾックの戦闘司令官。
ギッザー
ガイゾックの作戦士官。
バレター
ガイゾックの武器士官。
ズブター
ガイゾックの技術士官。SRW未登場。
ガイゾック兵
一般兵。
その他の構成員
個人名は不明だが、医師などが存在する。

関連用語[編集]

バンドック
ガイゾックの旗艦。
メカブースト
人間爆弾

脚注[編集]

  1. 逆にこの行動のせいで「神ファミリーが居るせいで地球にガイゾックがやって来た」と言う偏見が緩んだとも言える。