2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ゲシュペンスト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ゲシュペンスト
外国語表記 Gespenst
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 パーソナルトルーパーゲシュペンストシリーズ
生産形態 試作機
型式番号 PTX-001(COMPACT2)
PTX-001~003(αシリーズ、OGシリーズ)
全高 21.2 m
重量 72.4 t
動力 核融合ジェネレーター
基本OS TC-OS
主なパイロット ギリアム・イェーガー
第4次・スパロボFの主人公と副主人公
テンプレートを表示

ゲシュペンストは「バンプレストオリジナル」の登場メカ

概要[編集]

共通設定[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス』におけるギリアム・イェーガーのパワードスーツ。

スーパーロボット大戦シリーズ」では『第4次スーパーロボット大戦』で初登場した、史上初のパーソナルトルーパー(PT)。テスラ=ライヒ研究所の博士である主人公の父親が設計の一部を担当した。

リアル系主人公時はティターンズの影響で予算削減されて中断した連邦のヒュッケバイン開発計画のプロトタイプであり、テストパイロットを務めていた主人公と共に新型機としてロンド・ベルに組み込まれた(Fでは計画再開に伴いさらに実験用に試作機としてゲシュペンストMk-IIが作られる)。 スーパー系主人公時は連邦設立により中断された連邦設立前のアメリカ政府のグルンガスト開発計画の簡易試作機であり、量産PTのテスト機として光子力研究所でテストすることになっていた。

以降の作品では、マオ・インダストリーが開発した全てのパーソナルトルーパーの原点に位置する機体で、試作ラインAを使用して3機が同時にロールアウトした。

OGシリーズ」では、PTX-001はタイプR、002はタイプS、003はタイプTと呼ばれるが、同系列の機体でナンバリングを3つ占有したのはこの機体が最初で最後であり、認識コードの命名基準がまだ定まっていなかったからと思われる。

なお、ゲシュペンストはドイツ語幽霊の意。3機とも漆黒の機体であったのが理由のようである。

初のPTではあるものの、開発当初から量産化を目指していたために、機体フレームはGフレームとして一般化されている。このフレームの改良版であるG2フレームは、コストが安いという理由で量産型ヒュッケバインMk-IIなどの主力量産PTに用いられている。また、タイプSのような肉弾仕様にも耐えられるほどの剛性を持っていることから、今現在の最新試作PTであるビルトビルガーにも用いられている。これらの事実から、ゲシュペンストそのものの性能のよさも伺える。ただし人体骨格を模して作られた、フレーム全体が連動する形式であるため、装甲や内部装置の組み換えはできても部位をフレームごと別仕様に取り替えるような組み換えはできない。

なお、直接の後継機はゲシュペンストMk-IIである。

3機のMk-Iは元祖試作機とはいえ、Mk-IIと違って予算度外視で作られた特別な機体であるため、パイロットとチューン次第で現行機を上回ることができる基本性能を秘めており、後に改修されてその性能を存分に引き出されることになった(2号機を除く)。わざわざパイロット次第という条件も付けられるのは、ゲシュペンストが操縦者の技量の多寡をダイレクトに反映してしまう機体であるため。

ゲシュペンスト・タイプR[編集]

汎用的な仕様としてロールアウト後に、滞空時間・機動性・運動性を上げるための改修作業が行われ、ニュートロンビームなどの支援用(にしては威力が馬鹿高いが)武器を装備させたゲシュペンスト。

ゲシュペンスト・タイプS[編集]

宙間戦闘重視仕様の汎用機としてロールアウト後に、装甲・火力を上げるための改修作業が行われ、さらにエネルギー不足を補うためにEOTI機関が新開発したプラズマ・ジェネレーターを取り付けた。

ゲシュペンスト・タイプT[編集]

  • 正式名称:PTX-003 ゲシュペンスト・タイプT(Gespenst Type Test)
  • 型式番号:PTX-003

地上戦闘重視仕様の汎用機としてロールアウト後に、ゲシュペンストの改修が問題点解決のためタイプRとタイプSの2方向に進んだため、タイプRにする前の汎用的な001の仕様に改修され、後継機開発のテスト用にセンサーデバイスが取り付けられた機体。教導隊に提出された001と002の2機が不慮の事態などにより失われたときの予備機でもあった。

後にATX計画が打ち出されたとき、既に後継機がロールアウトしていて役目を終えていたタイプTは、大幅な改修作業を経てアルトアイゼンとして生まれ変わった。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
主人公が最初に乗っている機体。主人公と副主人公(主人公の恋人)の2人しか乗れない。
主人公がリアル系かスーパー系かで機体の仕様と武装が決定され、もう片方のタイプは登場しない。そのため、名称も「ゲシュペンスト」で統一されておりタイプR・Sの名前も無かった。
『F』と違ってMk-IIが手に入らないため、殆どのプレイヤーは専用機のグルンガスト or ヒュッケバインが登場するまで主人公をこれに乗せ、その後は他に乗れるパイロットがいないからという理由で副主人公に回す事になる。しかし、終盤でこの機体はスペック的に厳しいものがあり、副主人公を使っていくならば他のモビルスーツに乗せ替え方がいいので、この機体の出番は減ってしまいがちになる。
第4次スーパーロボット大戦S
スーパー系は装甲値が100アップした。一方リアル系は空の地形適応がCからBに上がったが、SFC版同様飛行はできない。
スーパーロボット大戦F
『第4次』とほぼ同じ。スーパー系で「真面目で優しい熱血漢」の主人公に限り、ゲッターチームの特訓に感銘を受け、ゲシュペンストキック(またはパンチ)を閃く。スーパー系は飛行可能でリアル系はビームコート装備をしている。今回スーパー系では中盤で「恋人がいる」を選ぶと後継機が手に入るが、主人公と副主人公がMSに乗れるのはリアル系限定なのでスーパー系でゲシュペンストに乗ると後半きつくなる。
スーパーロボット大戦F完結編
リアル・スーパー問わず、1話で必ず後継機が手に入るので今回は早々に倉庫行き。相変わらずスーパー系ゲシュペンストに乗る方は辛いが、グルンガストが手に入るまでの辛抱である。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
年表に3機作られた歴史が記載されている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2
第1部、第2部において主人公機(アルトアイゼンヴァイスリッター)の設定において、PTX-002 ゲシュペンストMk-IIの量産前に3機試作されたと出てくる。
第3部では敵として登場。アインストが鹵獲したヴァイスリッターのデータから、パーソナルトルーパーの「はじまり」であるゲシュペンストをコピーとして生み出している。アインスト産ではあるが「アインストゲシュペンスト」ではなく単に「ゲシュペンスト」で武装名もドイツ語は未使用。外見も他シリーズのゲシュペンストそのままでアインストらしい生物的要素は持っていない。他シリーズのゲシュペンストが持たない武装を使用しているが、これがCOMPACT2世界のゲシュペンストの標準装備なのか、アインストによるカスタムが加わった結果なのかは不明。アインストシリーズの雑魚の中ではアインストゲミュートを上回る性能を持つ上位種として終盤に多数登場する。ちなみにコンパチシリーズを除くスパロボシリーズでは初めてゲシュペンストシリーズが敵として登場した作品である。
なお、リメイクであるスーパーロボット大戦IMPACTでは(α外伝からのデータ流用の都合上)量産型ゲシュペンストMk-IIに置き換えられており、アインストが「はじまりの機体=初代ゲシュペンスト」に固執して生み出したという件がカットされている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
3機作られたがシャドウミラーの工作により不採用に終わった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦T
『V』のヒュッケバイン&グルンガスト、『X』のサイバスターに続くスペシャルオリジナル参戦。パイロットはギリアムではなくヴェルトロッティ同様の新規のオリジナルキャラクターとなるとのこと。

コンパチヒーローシリーズ[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ギリアム・イェーガーのパワードスーツ。とても頑丈。装備はガンダム系と共有。
バトルドッジボールII
ギリアム・イェーガーのパワードスーツ。大会主催者の正体にして最強チームでもある「ゴッドファクトリー」の一員。バトル前のデモでヘルメットを脱いだ状態が描かれている。文字数オーバーのため表示は「ゲシュペン」。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
上記に挙げたゲシュペンスト3機が登場。搭乗者などは上記解説参照。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
ギリアム機のRタイプが登場。パーツスロットが4つ付けられるのが大きな特徴。本作ではテスラ・ドライブが搭載され、標準で飛行可能になった。メキボス曰く「珍品」。ただ、本作での初登場時はいきなりの負け戦となる。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
「2」シナリオではスポット参戦に留まり、正式参入時はギリアム専用のカスタマイズ機「ゲシュペンスト・タイプRV」が登場。その他の設定もリメイク時とは変化なし。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
テスラ・ドライブが搭載され、飛行可能で、OG2と同仕様。なお、タイプSは未登場。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ Record of ATX
アニメとは違い、タイプSも登場。まさかの初代プラズマカッター改めプラズマスライサーを使い、往年のファンを驚かせた。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
ギリアムが時計型の音声入力で遠隔操作させて月を背に颯爽と登場。シャイン達を手に乗せてハウゼン城を脱出する際乗った。ちなみにこの場面はOGクロニクル「渡る世界は鬼ばかり」における起動シーンの再現。RoA版でも同様となっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

アインスト仕様(COMPACT2)[編集]

スプリットミサイル
背中に2基装備されている多弾頭ミサイル。
ガトリングガン
他作品でのゲシュペンストは所持していない。どこから撃っているのかは不明だが、アルトアイゼンの三連マシンキャノン等と同じグラフィックを使われていることから、当時まだ設定が曖昧だった左腕の突起(現在のプラズマカッターorプラズマステーク)をガトリングガン発射機構と考えていたのではないか、と推測する声もあったが、アルトアイゼンの誕生秘話として元となったゲシュペンストのデザインが決定稿の一つ前のものでそちらは左腕の突起がプラズマカッターではなく砲身のようなものがついていたというエピソードを森住惣一郎氏が生スパロボチャンネルで明かしていることから、その名残と思われる。
プラズマカッター
何故か弾数指定(10発)がされている。
スラッシュリッパー
他シリーズではゲシュペンストMk-IIの装備として有名。ゲシュペンストが装備しているのは、OGシリーズでのプレイヤーによる換装装備を除けば本作のみ。
ニュートロンビーム
アインスト仕様においても最強武器。他シリーズと異なりEN消費タイプ。

特殊能力[編集]

共通[編集]

ビームコート

アインスト仕様(COMPACT2)[編集]

HP回復(小)
外見や武装からそうは見えないが、アインストらしく再生能力を持つ。

移動タイプ[編集]

アインストによるカスタムがされたCOMPACT2、およびテスラ・ドライブを標準搭載したOG2に登場した機体は飛行可能。

サイズ[編集]

M

装備・機能(パワードスーツ)[編集]

ヒーロー戦記[編集]

武器・防具[編集]

装備欄を見る限りでは、ビームサーベルとシールドはガンダム系と共通のものを使用しているようである。

ビームサーベル
左腕に内蔵されたビームサーベル。通常攻撃ではこれで敵を殴りつける。後にOGシリーズで量産型並びにその改修機TypeTの改修機以外の系列機に設定が使われている。
シールド
色が明らかにゲシュペンストにあっていない。現行のOGで再現しようものなら多分違和感がバリバリだろう。

必殺技[編集]

スプリットミサイル
ニュートロンビームの砲身からミサイルを発射。どこにそんなものが……
メガ粒子砲
ニュートロンビームの砲身からビームを発射。
プラズマカッター
電気らしきものを帯びた右腕でチョップ。他シリーズとは全く違う。この初代プラズマカッターは『Record of ATX』にてタイプSのプラズマ・スライサーとして再現された。
ニュートロンビーム
ほぼ他シリーズと同じ。流石に他シリーズではミサイルや後述の武装を扱うほどの多機能性は無い。
ヴァンピーアレーザー
ニュートロンビームの砲身から、敵のHPを吸収する謎のレーザーを発射する。長らくOGシリーズへの登場を望む声があったが、ゲシュペンスト・タイプRVの内蔵武装という形で本当に登場してしまった。
メガ・バスターキャノン
ニュートロンビームの砲身から、最大出力のレーザーを発射する。オクスタン・ランチャーもビックリのモード切り替えの多いライフルである。ゲシュペンストの最強武器(必殺技)にして全体攻撃。レベルの関係でギリアムをきちんと育てないと見る事が出来ない。後にゲシュペンスト・タイプRVの最強武器として受け継がれる。

特殊能力[編集]

リカバー
自身に若干のダメージを与えて他の3人の味方を回復させる特殊能力。

バトルドッジボールII[編集]

必殺技[編集]

ハンドバルカン
Lv1必殺技。パワードスーツの左腕に内蔵されたバルカン砲で攻撃。
拡散メガ粒子砲
Lv2必殺技。砲身から幾筋もの細い粒子ビームを拡散。相手のHPにダメージは与えないが、食らった相手は直接殴る力をしばらく出せないダメージを負う(相手に乱闘STOPの効果)。

機体BGM[編集]

「TIME TO CAME」
旧シリーズのオリジナルソング。
「BORN TO FIGHT」
汎用曲。ガルイン機のみこれ。「THE ARROW OF DESTINY」はパイロット曲。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

ゲシュペンストMk-II
後継型。正当発展型と言っていい機体。
アルトアイゼン
ゲシュペンスト・タイプTの改造機。正式量産された暁にはゲシュペンストMk-IIIの名を冠するはずであったが、時代に逆行しているとまで評される凄まじく偏った設計思想とピーキー過ぎる操縦性から正式量産機の座を射止める事は無かった。
ゲシュペンスト・ハーケン
シャドウミラーの存在した平行世界で、W00用に開発されていた専用機だが、日の目を見ることはなかった。この機体のデータを基に後述のファントムが開発されている。
『OGMD』では、こちら側へ転移したハーケンのために開発される。開発はゲシュペンスト・タイプSがベースになっている。
ファントム
無限のフロンティアに登場する、全長約3mの自律機動型パーソナルトルーパー。パーティーへの加入後は「ゲシュペンスト」と表記されるが、本項の機体群とは別物。詳細なスペックなどは未だ公表されていないが、ゲーム中では格闘兵装が充実しており、「究極! ゲシュペンストキック」やブラスターキャノンに相当する武装を使用していることから、タイプSに近い特性を持つ。その他、高度な電子戦装備やタイプR由来と思われる機能も見られるため、ゲシュペンストシリーズの集大成的側面もある。

関連機[編集]

ビルトシュバイン
ゲシュペンストをベースに性能向上と量産を想定して作られた試作機。ゲシュペンストとヒュッケバインの中間的な機体。

資料リンク[編集]