ゲシュペンスト・ハーケン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゲシュペンスト・ハーケン
外国語表記 Gespenst Haken
登場作品

バンプレストオリジナル無限のフロンティアシリーズ

デザイン 斉藤和衛
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 ゲシュペンスト・タイプH(Gespenst type Haken)
分類 パーソナルトルーパー
ゲシュペンストシリーズ
MMI TC-OS
原型機 ゲシュペンスト・タイプS
開発 マリオン・ラドム
所属 鋼龍戦隊クロガネ隊
パイロット
【メイン】
ハーケン・ブロウニング
【サブ】
アシェン・ブレイデル
テンプレートを表示

ゲシュペンスト・ハーケンは『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』の登場メカ

概要[編集]

ハーケン・ブロウニングが搭乗するパーソナルトルーパーゲシュペンストシリーズに属する最新の機体であるが、ベースは初代ゲシュペンストとなっている。タイプSがベースであり、ゲシュペンスト・タイプRVアルトアイゼン・リーゼ同様の初代ゲシュペンストの直系に当たる機体である。

PROJECT X ZONE』におけるオロス・プロクスとの戦いの後にゼンガーを送り返す際、次元転移装置の暴走で新西暦の世界に飛ばされてきたハーケンとアシェンが乗り込む。

封印戦争ののち、グランド・クリスマスから引き上げられたデータの中に、イーグレット・フェフが手に入れたゲシュペンストのデータを見つけ、それを気に入ったマリオンがハロウィン・プランの一助として作り上げた機体。彼女の好む仕様(突撃・近接戦)に嵌っているために設計通り作られている。 ベースデータはシャドウミラーにおいて本来ハーケン用に設計されながらも計画倒れに終わった「ゲシュペンスト・ハーケン」を基本に、「こちら側」のゲシュペンスト・タイプSと掛け合わせて建造されている。

エンドレス・フロンティアにおいてハーケンが帯同させているコピーPT・ファントムのオリジナルに相当する機体とされるが、正確には本機とファントムのいずれも『シャドウミラーのゲシュペンスト・ハーケン』の設計データから造られたものであり、コピーである。本機はどちらかといえば「オリジナルに限りなく近い仕様で製造されたコピー」と言うのが適当であろう。

ロールアウト後にATXチームで試験が行われる予定であり、テスラ研からクロガネ隊が引き上げていたが、ゼンガーと共に転移してきたハーケン・ブロウニングが搭乗、実戦投入された。なお、オリジナル機は当初からW00とW07(アシェン・ブレイデル)の副座による運用を前提に設計されており、コピーである本機もそれに準じた仕様がなされている。 ハーケンが初実戦となるパーソナルトルーパーを難なく操縦した理由は、本機に搭載されたTC-OSとアシェンが記録したオリジナルのゲシュペンスト・ハーケンのTC-OSを統合し、アシェンがモーションパターンを最適化したことによる。

クロスゲートを巡る戦争の後は、乗り手の二人が異邦人ということもあり、共々クロガネ隊預かりとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
初登場作品。参戦は第16話。
名称とは違いハーケン以外を乗せ換える事も可能だが、アシェンは本機のサブパイロットとして固定されており「フェニックス・ショウダウン」使用時に乗り変えたパイロットとの掛け合いが用意されている。また、掛け合いも攻撃開始時(通常状態)と敵機撃墜時(コードDTD発動状態)に設定されている。アクセル・アルマーが搭乗可能な機種であるため、ゲームシステム上ではシャドウミラー系列機としても扱われている。
強力な機体であるヴァイサーガと両立するためにハーケンを乗り変えさせるのも一つの手だが、本作はどちらかというと機体が余り気味である上、どのパイロットにもこの機体より向いた機体が多いのが悩みどころ。思うところがなければそのままハーケンを乗せておこう。
なお、ラミア・ラヴレス搭乗時限定で絡むトロフィーがあるので、普段ラミアをヴァイサーガに乗せているならトロフィー狙いで一時的に機体を交換するのも手。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

固定武器[編集]

コピー機であるファントムの武装も一通り内蔵していると思われる。

グラン・プラズマカッター
腕部に内蔵された格闘用のビームソード。旧来のゲシュペンスト系列の物と異なり、鍔があり発振時に幅広のある物になる。
グラン・スラッシュリッパー
背部ウェポンラッチに搭載された投擲武器。
ナイト・ファウル
専用武装。ハーケンが自身で使用しているものと全く同じ構造だが、こちらはシャドウミラーで設計されたオリジナルを再現したものであり、関連性は不明(ジョーンがハーケン、アシェンを見つけた時にデータを入手しダウンサイジング化して制作した可能性がある)。武装としてはマシンガンの連射を行いつつ接近し、ハーケンの技である「テキサス・ホールデム」に繋げる連続攻撃。ハーケンがいきなりPT戦を行えたのは、アシェンのフォローや生来の刷り込み以上に、扱いなれたこの武器が存在したことも大きいと思われる。
ブラスティング・ステーク
先端のマシンガンの銃口下に搭載されているパイルバンカー。
フェイクリッパー
銃床の部分に格納されている展開式の実体剣。
ニュートロン・ブラスター
胸部に搭載されているビーム砲。
フェニックス・ショウダウン
必殺技。名前の由来はアシェンの必殺技「ファンタズム・フェニックス」とハーケンの必殺技「ラスト・ショウダウン」の複合。技そのものの流れは、ハーケンとファントムの連携攻撃である「ファントム・ホールデム」の方が近い。
グラン・プラズマカッターで切りつけ、吹き飛んだ相手を回転させながら切り裂いたところにコクピットから飛び出したアシェンがコードDTDを発動し、リボルバーナックル連打からグラスヒールで上空へ吹き飛ばし、更に究極!ゲシュペンストキックで蹴飛ばした相手をニュートロン・ブラスターで粉砕してトドメ。ニュートロン・ブラスターはハーケンの大技の〆であるロングトゥーム・スペシャル(クロンダイクモード)の代用と思われる。
究極!ゲシュペンストキック
タイプS系列における必殺技。今作ではフェニックス・ショウダウンの演出の一つに組み込まれている。なお、OGsのような蹴り抜くモーションではなく、蹴飛ばす目的で使用する。

換装武器[編集]

ネオ・プラズマカッター
初期装備の換装武器。格闘兵装。
メガ・ビームライフル
初期装備の換装武器。射撃兵装。

特殊能力[編集]

ビームコート
ビーム属性攻撃を800ダメージ軽減。PTはそもそも避けるタイプなので、世話になる時点できついか。

移動タイプ[編集]

元が初代ゲシュペンストのタイプSなので全地形対応型。ただし、空と水の適応はBなので陸を走らせたほうがいい。
A-アダプターによる補完も勿論有効。そもそも、最も恩恵を受けるパターンとも言える。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

格闘武器の攻撃力がアシェンのレベル×5上昇
効果の影響力が固有サブパイロットに依存すると言う変わったカスタムボーナス。
スパロボの最高Lvは99である為、攻撃力の最大上昇値は+495とこの系統のカスタムボーナスでは破格の高さを誇る。まさに「使えば使う程強くなる」。
活きるか死ぬかがゲシュペンスト・ハーケンにどれだけ経験値を喰わせるかに依存するのが欠点(そして実際Lv99まで育てるのは至難の技)。
しかしながら、アシェンを脱力要員として重用するならある意味二重の旨味があるといえるのでどんどんこの機体は使っていきたいところ。

機体BGM[編集]

「All Correct!」

関連機体[編集]

ファントム
同系列機。ネバーランドのティンク・アベルに残っていたデータを利用し、フォルミッドヘイムにおいてダウンサイジングして建造された機体。
ゲシュペンスト・ハーケン(オリジナル)
設計データのみが存在するハーケン本来の専用機。本機とファントムはこの機体のデータをベースに作られている。
ゲシュペンストシリーズ
この機体系列に属する最新の機体に当たる。
ゲシュペンスト・タイプS
ベースはこの機体。なおオリジナル機は「向こう側」のこの機体をベースにブラッシュアップされる形で設計されていた模様。