プラズマ・ジェネレーター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

プラズマ・ジェネレーター(Plasma Generator)とは、主にパーソナルトルーパーに採用されている新型の核融合ジェネレーター

炉心のプラズマ封じ込めに重力場を用いることにより、より優れた出力と発電効率を実現している。これはメテオ3から得られたEOT解析により、重力制御理論が前進した事による。

ただしコストがかかるために採用例は少なく、現状では試作機が殆どであり、量産機で採用しているのはバレリオンのみである。 アルトアイゼンR-1量産型ヒュッケバインMk-II等にも採用されている可能性はあるのだが、言明されていないため断定は不可。これに限らず、PTは主役機ですら動力源が不明なものの方が多い。

なお、版権シリーズに登場するPTはモビルスーツと同様の核融合エンジンを搭載していると設定されており、ガンダムシリーズが登場しないOGシリーズでは、GBA版では動力炉について触れられていなかった。その後、「電撃スパロボ!」に掲載された『パーソナルトルーパー開発史』においてPTの開発経緯や動力炉詳細に設定されるようになっている。

搭載機体[編集]

ゲシュペンスト・S
ゲシュペンストMk-II・タイプR
ヒュッケバイン009
ヒュッケバインMk-II
ビルトシュバイン
ヴァイスリッター
量産型ゲシュペンストMk-II改
バレリオン

関連用語[編集]

核融合ジェネレーター
プラズマ・リアクター
パーソナルトルーパー