ヒュッケバイン30th

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒュッケバイン30th
外国語表記 Huckebein 30th
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン カトキハジメ
初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 パーソナルトルーパー
ヒュッケバインシリーズ
型式番号 PTX-XXXth
全高 19.8 m
重量 67.9 t
動力
原型機 ヒュッケバイン30
主なパイロット エッジ・セインクラウス
アズ・セインクラウス
テンプレートを表示

ヒュッケバイン30thは、『スーパーロボット大戦30』の後期主役メカ

概要[編集 | ソースを編集]

「XXX(XENOGENEICX-FACTORX-TYPE)プロジェクト」と呼称される計画で開発された人型機動兵器ヒュッケバイン30の1号機の強化形態。

XXXバイザーやパッチ・アーマー、ADテープ等が除去されヒュッケバイン本来の姿になった他、背部には新たにウィング・スラスター・ユニットが装備され、グラビトン・ライフルにはハイフライヤー・ユニットを装着。メイン動力のブラックホールエンジンの封印も解かれたことで、性能も本領を発揮する。また、ドライストレーガーに存在していたブラックホール・キャノンをウィング・スラスター・ユニットに接続している。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
初登場作品。本作の後期主人公機。キーミッション「定められた運命」or「進むべき道の先に」にてヒュッケバイン30から改造を引き継いで乗り換える。
該当ミッションはキーミッション「調停者」クリア後に出現するが、条件を満たすと出現タイミングが前倒しになり、キーミッション「浄化される大地」クリア後に出現するようになる。
近年の後期主人公機としては珍しく乗り換え時点で最強武器を使用可能。
最強武器の「フルインパクト・ブラックホール・キャノン」は素の威力数値は飛び抜けて高いわけではないが、同時に解禁される主人公の特殊スキル「ギフト」とエースボーナスの相乗効果によって本作最高クラスの火力を発揮でき、1週目でも終盤のボス格を1撃で瀕死まで持っていくことも可能。
飛行可能になるなど基礎性能も向上してはいるが、従来のヒュッケバイン系に存在した防御能力は一切追加されておらず素の能力と精神コマンド頼み、マップ兵器サブパイロットも追加されないなど、機体の性格自体はほとんど変わっていない。
また最強武器は消費も火力相応に重たい為、援護攻撃等で何度も使うことを考えるならEセーブの育成やカスタムボーナスでの消費EN減少選択といったフォローも重要。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

通常[編集 | ソースを編集]

ビーム・ソード
刀身を重力波で形成する非実体剣。サイドスカート裏に収納しており、使用時は下部から射出する形で取り出す。
戦闘演出は基本的にヒュッケバイン30と同じ。
フォトン・ライフル
携行武装。ヒュッケバインMk-IIが装備しているものと外見は同じだが、銃の白い部分が黄色に変更されている。
リープ・スラッシャー
バックパックの羽部分に格納されている6つの扇型パーツを射出した後連結してリングを形成し攻撃する。
マイクロミサイル
ウィング・スラスター・ユニットに片翼10個ずつ合計20個搭載されているミサイル。
単体では登場しないが、後述のフルインパクト・ブラックホール・キャノンの演出内にて使用。
グラビトン・ライフル
ハイフライヤー・ユニットのマウントアームに2丁装備されている。本体形状は基本的にはヒュッケバイン30のものと変わらない。
マウントアームを前方に出すことでハイフライヤー・ユニットの羽部分ごと腕部外側に装備可能なほか、背部にマウントしたまま前方に展開することで背部キャノンのように発射することも可能。
本形態でも単体では登場せず、後述のダブル・グラビトン・ライフルにて腕部に装備した状態で、フルインパクト・ブラックホール・キャノンで背部にマウントした状態で発射する。
また、METAL ROBOT魂 (Ka signature) ではヒュッケバイン30のダブル・グラビトン・ライフル同様並列合体が可能となっている。
ブラックホール・キャノン
文字通りマイクロブラックホールを打ち出し、着弾点に高重力を発生させ周囲の隕石や残骸などを引き寄せながら標的を圧壊させる武装。初代ヒュッケバインのものと基本的に同じ。
未使用時はバックパック中央にマウントしており、使用時には射出して両サイドのグリップを掴んで使用する。
単体では登場しないが、後述のフルインパクト・ブラックホール・キャノンの演出内にて使用。

必殺武器[編集 | ソースを編集]

ダブル・グラビトン・ライフル
両手に装備したグラビトン・ライフルを1発ずつ撃った後リープスラッシャーで追撃、グラビトン・ライフルとリープスラッシャーで複数回攻撃した後、両腕のグラビトン・ライフルを同時発射してトドメを刺すコンビネーション攻撃。
トドメ演出ではリープスラッシャーを回収しながら離脱する。
ヒュッケバイン30時代から比較すると、消費ENが20軽減して40となっているため、後述するフルインパクト・ブラックホール・キャノンの莫大な消費を考えるとメインウェポンはこちらになるだろう。
フルインパクト・ブラックホール・キャノン
マイクロミサイルで敵機を足止め後に、背部のブラックホール・キャノンを両手に持ち背部のグラビトン・ライフルを前面に展開して同時発射を行う。
威力は凄まじい分消費ENが140と、バンプレストオリジナル機ではジェミニオン・レイの「ジ・オーバーライザー・アーク」を上回る歴代最大の消費量。パーツで最大ENを増やすよりも、Eセーブやエナジーレジスタ系、フル改造ボーナスで消費ENを抑えた方が使用回数が増やせる。
またダブル・グラビトン・ライフルと異なり射程1に穴が空いているため、ボスのプレースメントに参加するよりは少し離れて援護攻撃がしやすい位置取りを優先するとよいだろう。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

強化パーツスロット+1
『30』で採用。

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「凶鳥 降臨!」
エッジ・セインクラウスのメインテーマ。ボーカルは遠藤正明氏。
元々作詞前の段階では前期曲となる予定だったが、イメージ的にこちらに合う、ということで「流離の刃〜Sleeping beast〜」と入れ替わった。
「翼はシュヴァルツ」
アズ・セインクラウスのメインテーマ。ボーカルはM.A.R.Y. 4 TUNES。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ヒュッケバインシリーズ
ヒュッケバイン30
原型機。基本武装のモーションもほぼ共通。
ヒュッケバイン
ヒュッケバインシリーズの大本の機体。機体部分はほぼ本機と同じ形状をしている。
ヒュッケバインMk-II,ヒュッケバインMk-III
ヒュッケバインの派生機。フォトン・ライフルやグラビトン・ライフル等一部武装が共通している。
エクスバイン
ハイフライヤー・ユニットの形状が酷似。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 背中にブラックホール・キャノンを懸架するギミックは2018年に発売された「METAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE OG>ヒュッケバイン」から登場した物。
  • 前代機で似たような形状から、後継機関連でエグゼクスバインと比較される事が多い。