ヒュッケバイン30

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒュッケバイン30
外国語表記 Huckebein 30
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン カトキハジメ
初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 パーソナルトルーパー
ヒュッケバインシリーズ
型式番号 PTX-XXX
全高 19.8 m
重量 53.2 t
動力
主なパイロット エッジ・セインクラウス
アズ・セインクラウス
テンプレートを表示

ヒュッケバイン30は、『スーパーロボット大戦30』の主役メカ

概要[編集 | ソースを編集]

「XXX(XENOGENEICX-FACTORX-TYPE)プロジェクト」と呼称される計画で開発された人型機動兵器。プロジェクトの略称である「XXX」を「30」と言い換えて「ヒュッケバイン30(サーティ)」という名称が与えられている。

頭部に装着された「XXX」の文字を象った「XXXバイザー」には各種データ取得用のデバイスが組み込まれており、バイザーの下はヒュッケバインと同じガンダム顔となっている。

機体各所は追加装甲「パッチ・アーマー」や「ADテープ」などで補強されており、新型機であるにもかかわらず修復された外見となっている。また、メイン動力源は封印が施されている等謎が多い。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
初登場作品。本作の主人公機。比較的序盤のキーミッションで最強武器が追加されるので火力はそこそこある。
援護攻撃役にするならENを補強、自分から攻め込むなら移動力をパーツで補強しておこう。武器を改造するよりはカスタムボーナスを先に取得した方が良い。
キーミッション「進むべき道の先に」にて後継機に入れ替わるが、遺産ミッション『黄金の遺産 終章』にて選ばなかった主人公が修理装置付きの機体に搭乗して加入。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

通常装備[編集 | ソースを編集]

ビーム・ソード
刀身を重力波で形成する非実体剣。サイドスカート裏に収納しており、使用時は下部から射出する形で取り出す。
戦闘演出では左手で抜刀し、接近して斬りつける。
フォトン・ライフル
手持ち式の光線銃。
ヒュッケバインMk-IIが装備しているものと外見は同じだが、銃の白い部分が黄色に変更されている。
リープ・スラッシャー
バックパックの羽部分に格納されている6つの扇型パーツを射出した後連結してリングを形成し攻撃する。
移動後に使用可能な長射程の格闘攻撃。初期では最も高威力だが、弾数が少なめなので確定状況なら他の武装で戦って節約したい。
グラビトン・ライフル
ヒュッケバイン30の最大火力。ヒュッケバインMk-IIIが装備しているグラビトン・ライフルと形状は似ているが、フォトン・ライフルと同様に銃の白い部分が黄色に変更されている。
本機は左右対称の物を2丁装備しており、2丁を連結させ同時発射することでさらに高威力で発射することが出来る。
単体では登場せず、ダブル・グラビトン・ライフルの演出内で使用する。

必殺武器[編集 | ソースを編集]

ダブル・グラビトン・ライフル
地上ルート「戦いの宇宙へ」or宇宙ルート「戦いの大地へ」 の後半マップで追加される武装。
両手に装備したグラビトン・ライフルを1発ずつ撃った後リープスラッシャーで追撃し、最後に連結させたグラビトン・ライフルの最大出力でトドメを刺すコンビネーション攻撃。
トドメ演出でライフルを分離し、リープスラッシャーを回収しながら離脱する。
ヒュッケバイン30の最大火力武装。長射程・移動後使用不可の射撃武器なのでデフォルト誕生日の「突撃」が活き、援護攻撃でも使いやすい。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

修理装置
「黄金の遺産 終章」にて加入する2機目のみが所持。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行不可。

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

強化パーツスロット+1

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「流離の刃〜Sleeping beast〜」
エッジ・セインクラウスのメインテーマ。ボーカルは遠藤正明氏。
「Divine Beast」
アズ・セインクラウスのメインテーマ。ボーカルはM.A.R.Y. 4 TUNES。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ヒュッケバインシリーズ
ヒュッケバイン30th
本機の強化形態。
ヒュッケバイン
ヒュッケバインシリーズの大本の機体。本体部分はこの機体がベースになっている。
ヒュッケバインMk-II,ヒュッケバインMk-III
ヒュッケバインの派生機。フォトン・ライフルやグラビトン・ライフル等、一部武装が共通している。
エクスバイン
ヒュッケバインの改修機。バックパックの形状はこの機体がベースになっている。
アッシュ
エクスバインに応急処置を施した姿。
両目を覆うバイザーや、パッチ・アーマーと「CAUTION」と書かれたテープで外装を応急処置している意匠はこの機体がベースになっている。

余談[編集 | ソースを編集]