ヒュッケバインシリーズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

パーソナルトルーパーヒュッケバインに端を発する、「ヒュッケバイン」の名を冠する機動兵器の総称。量産型ヒュッケバインMk-IIが「マシンセル」によって自己進化したベルゲルミルも記述する。

概要[編集]

ヒュッケバインという名前は、第二次大戦末期にナチスドイツで開発されていた幻のジェット戦闘機Ta183Aの愛称「フッケバイン」のオマージュから来ている(英語風に発音するとヒュッケバイン)。なお、Ta183Aのフッケバインという愛称自体はヴィルヘルム・ブッシュの児童文学『ハンス・フッケバイン』に登場する、『醜い脚』という意味を持つ悪戯好きのカラスの名前に由来する。OGシリーズではそこから転じて、『災いを招く鴉』…即ち『凶鳥』という二つ名がヒュッケバインにつけられているという設定となった。

この二つ名が、ヒュッケバイン008Rのブラックホールエンジン暴走事故の前に名付けられたのか、事故後にそう名付けられたのかは不明。最初から『凶鳥』の二つ名で呼ばれていたならば、『敵対する者にとって凶事を呼び込む存在』という意味合いが込められていたのだろう。逆に、事故後に名付けられた場合は、事故によって大勢の職員の命が失われたという事実を忘れないように、十字架の如く背負った名前という風に解釈できる。

ゲシュペンストシリーズとは対照的に、機体コンセプトが二転三転しているのが特徴。初代はEOTを用いて高機動と高火力を実現した高級機、MK-IIは危険性を孕むEOTを使わない堅実な機体、Mk-IIIは『コアトルーパーシステム』によって様々な戦局に対応できる万能機となっている。機体コンセプトの変遷に伴ってか、機体の外見もシリーズを通してデザインが一定しない。その点においてもゲシュペンストシリーズとは対照的である。ハロウィン・プランなどで冷遇から巻き返したゲシュペンストシリーズと異なり、一部機体にフレームや技術が流用される以外はほとんど発展の動きがない、という部分も対照的。量産型Mk-IIは現在でも連邦軍の主力として長く運用されているが、Mk-Iはエンジンの危険性からマオ社に死蔵され、Mk-IIIは鋼龍戦隊で運用されているのみにとどまっていた。

そのためか、コンセプト的にほぼ完成したMk-III以後はほとんどシリーズの進展がなく、修羅の乱においてはMk-I・Mk-IIは性能不足による型落ちが否めなかった。そして封印戦争序盤、オーバーホール中に襲撃を受け、試作タイプはほぼ破壊されてしまった。なお、エクスバインに改修された009のほかに、『3号機』が現存していることが判明している。残存パーツは原型を残していたエクスバインの修復強化に流用され、アッシュとして生まれ変わることになる。

なお、現在ほとんどの公式メディアではエクスバインを除くヒュッケバインシリーズのイラストの削除、あるいは他の機体への差し替え等が行われており、機体の画が登場しなくなっている。詳細はヒュッケバイン問題を参照。

一覧[編集]

ヒュッケバイン
初出は『第4次』で、リアル系主人公の最終搭乗機として登場した。ゲシュペンストなどのデータを元にEOTを惜しみなく盛り込んだ機体。ビルトシュバインの運用データとゲシュペンストMk-IIの量産化データを組み込み、コストダウンと汎用性を求めて3機がロールアウトした。
008L
リン・マオがデフォルトのパイロット。『OGシリーズ』では一時的にヴィレッタ・バディムが借り受けたが、後にリンの手に戻っている。
008R
『第4次』に登場したヒュッケバインはこちらだと思われる(『第4次のヒュッケバインの型式番号は「PTX-08R」)。ヒュッケバインに「バニシング・トルーパー(=失われし騎兵)」という不名誉な呼び名を背負う原因となった、「ブラックホールエンジン暴走事故」を引き起こした機体。その時のパイロットはライディース・F・ブランシュタインであり、彼はこの事故で左腕を失った。
ヒュッケバイン009
ブラックホールエンジンではなく、通常型のエンジンを搭載しているヒュッケバイン。火力は低いが基本性能は上記2機と同等。この機体の運用データは、後にMk-IIやその量産型の開発に役立つ。
ヒュッケバインEX
通称「レッド」。部品を共有しているため外見こそヒュッケバインMk-IIと同じだが、設定上は008Lに大改修を施した機体である。
エクスバイン
009の改造機で、Mk-IIとMk-IIIの中間に位置する。Mk-IIIのAMパーツのフィッティングテストのため開発された。
アッシュ
破壊されたエクスバインを、全損したヒュッケバインシリーズのパーツを寄せ集めて修繕した改造機。Mk-IIIのパーツが主に使われたためT-LINKシステムとウラヌス・システムを搭載している。
エグゼクスバイン
アッシュの強化改修機であり、シリーズ6番目の機体。トロニウム・エンジンを搭載し、AMサーバントやリッパー系兵装、Rシリーズのデータを応用した念動誘導兵器を全身に搭載している。さらに、Mk-Iの主兵装を強化したBHBキャノンを装備しており火力は十分だが、出力バランスが取れておらず、イングの念で強引に制御している状態。

ヒュッケバインMk-II[編集]

初出は『スーパーロボット大戦α』で、リアル系主人公の初期搭乗機として登場する。初代ヒュッケバインの暴走事故を教訓に、解析済みのEOTのみを搭載した堅実な機体となっており、「グラビコン・システム」というEOTを搭載している。

RTX-010-01
『α』のリアル系主人公が搭乗した機体。後に破壊され、パーソナルファイターが互換性のあったMk-IIIのボディと合体した。『OGシリーズ』ではブルックリン・ラックフィールドに与えられた。
RTX-010-02
OG1』にのみ登場した。リン・マオが、マオ社の社員全員の命と引き換えにコロニー統合軍に引き渡した。その後、ジーベル・ミステルが罠に用いるが破壊される。回収された部品はエルザム・V・ブランシュタインの手に渡った。
RTX-010-02T
別名「ヒュッケバインMk-II・トロンベ」。エルザムの手に渡ったパーツを元に、大幅なカスタマイズが施された機体。G・ウォールからG・テリトリーへと強化し、テスラ・ドライブを搭載、さらに分身能力まで備える。カラーリングは当然、黒・赤・金のいわゆるトロンベカラーである。
RTX-010-03
連邦軍の量産トライアルに提出された。仕様も量産可能な程度にデチューンされていた可能性がある。その後どうなったかは不明で、最も謎の多いMk-IIである。他のシリーズはLRの2機までであるため、『OG2nd』で一言だけ語られる「3号機」とはおそらくこの機体のこと。ロブのセリフからすると、この機体にも何かしら手が加えられそうである。

ヒュッケバインMk-III[編集]

初出は『スーパーロボット大戦α』で、リアル系主人公の後期搭乗機として登場する。機体のコンセプトは「小型化されたSRX」である。最大の特徴は換装パーツを装備する事により、様々な局面に対応可能な「コアトルーパーシステム」である。

RTX-011L
『α』の主人公機として使用されたのはこちら。『αシリーズ』ではその後、『第2次α』にてヴィレッタ・バディムの手に渡り、マルチトレースミサイルのコンテナをテスラ・ドライブに換装して運用された。『第3次α』ではマイ・コバヤシが一時的に搭乗している。
RTX-011R
『第2次α』でアラド・バランガが搭乗した。後にレーツェル・ファインシュメッカーに託され、トロンベ仕様にカスタマイズされた。『OG2』では最初からレーツェルに託されており、条件次第ではトロンベ仕様からこちらに戻って入手可能。
RTX-011RT
タイプRをトロンベ仕様にカスタマイズした機体。『第3次α』ではレーツェルの弟であるライディース・F・ブランシュタインが一時的に搭乗している。
タイプRとの分かりやすい違いは、テスラ・ドライブを標準装備して飛行可能になった代わりに、コアトルーパーシステムによる換装が使用不可能になっているという点。
ヒュッケバインガンナー
AMガンナーとのドッキング形態で、高機動砲撃戦を得意とする。
ヒュッケバインボクサー
AMボクサーとのドッキング形態で、近接格闘戦を得意とする。
ガーバインMk-III
Mk-IIIにガーリオンの頭部や肩部を移植し、偽装を施した機体。

AMパーツ[編集]

初出はαで、ヒュッケバインMk-III換装パーツとして登場。OGシリーズでは、AMガンナーは単独のユニットとして登場し、マップ内で合体する仕様に変更された。一方、AMボクサーは換装パーツのままで、インターミッションで換装して出撃させる。マップ内での取り外しは不可能。

AMガンナー
Mk-IIIの支援戦闘艇で、Mk-IIIとのドッキングにより、『ヒュッケバインガンナー』となる。
AMボクサー
元々はRWシリーズの2号機「R-SWORD」として開発されたものだったが、Mk-III用のAMパーツとして改修された経緯を持つ。MK-IIIとのドッキングにより、『ヒュッケバインボクサー』となる。
AMサーバント
開発計画が中断されていたAMパーツで、ゲーム中に直接は登場しない。第3次αで、ASソレアレスASアレグリアスに改造される際、ツグミがその設計思想を流用した。なお、本来はR-3の「ストライク・シールド」の流れを汲む、念動力者用のパーツと思われるが、エルマが電子制御する事によって、念動力者ではないセレーナが搭乗しても使用可能になっている。
ちなみに、OGシリーズではAMサーバントについては全く言及されていないが、この装備の流れを組むと思われるエグゼクスバインが登場している(この機体は遠隔操作装備に特化している)。

量産型ヒュッケバインMk-II[編集]

その名の通りヒュッケバインMk-IIの量産型である。初出はα外伝。コスト面の問題の為、EOTは使用していないが、テスラ・ドライブを標準装備している為、高い機動性と空中戦闘能力を持つ。

αシリーズではV字アンテナとツインアイだったが、OGシリーズではアンテナは廃され、カメラアイもゴーグルタイプに改められ、いかにも『量産型』といった風情の外見になった。

サンドブラウン
ノーマルカラー。自軍に配備されるのはこれ。
ダークグレー
インスペクターが奪取し、量産化したタイプのもの。敵として登場する。
ブルー
新生教導隊がデータ採取用に使用したタイプのもの。スポット参戦時のみ使用可能。
スナイパーPT
OGクロニクル』に登場した、本機をベースにしたカスタム機。遠距離狙撃用に特化した改造が施されており、照準用スコープやスナイパーライフルを装備している。モーションデータにはオウカ・ナギサのものが使用されているようだ。
プファイルIII
量産型Mk-IIのカスタム機。正式名称は「量産型ヒュッケバインMk-II MHRDT3カスタム」。

ベルゲルミル[編集]

量産型MK-IIがマシンセルによって自己進化した姿である。OGシリーズでは、イーグレットシリーズの機体にゲイム・システムが搭載されている。

ウルズ機
イーグレットシリーズのオリジネイターである、イーグレット・ウルズの搭乗機。機体色は青(OGシリーズ)。
アンサズ機
イーグレット・アンサズの搭乗機。機体色は白(OGシリーズ)。α外伝とOGシリーズではウルズ機とアンサズ機のカラーが逆になっている。
スリサズ機
イーグレット・スリサズの搭乗機。機体色は赤。
量産型
イーグレットシリーズの生みの親である、イーグレット・フェフ博士やアギラ・セトメも搭乗した機体。機体色はゲームでは灰色、漫画『ロストチルドレン』に登場したシックス・スレイブを装備していないものは黒。

関連機体[編集]

ビルトファルケン
本シリーズと同じHフレームを使用。
ART-1
本シリーズの技術も使用。
デュラクシール
OGシリーズでは堅牢で柔軟性あるフレームと高出力のジェネレータでも負荷しないヒュッケバインシリーズのデータに注目、そのデータを参考にして設計。
ガリルナガン
本シリーズのデータを基にしたワンオフ機。
ゲシュペンストシリーズ
ビルトシュバイン
ゲシュペンストとヒュッケバインの2シリーズの中間に位置する。