コンピュータドール第8号

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
コンピュータドール第8号
外国語表記 Computerdoll No.8
登場作品 無敵超人ザンボット3
声優 渡部猛
分類 コンピューター
性別 男性人格
製作 ガイゾック星人
所属 ガイゾック
テンプレートを表示

概要[編集]

ガイゾック真の支配者。その正体はガイゾック星人に造られた巨大な脳髄型のコンピュータドールで、地球を襲ったものは第8号。

ガイゾック星人によって、悪い考えに満ちた生き物を抹殺するようにプログラムされており、神ファミリーの祖先の故郷ビアル星を破壊した後、200年の眠りについていた。

現代の地球人に「悪い考え」が満ちている事を察知して再び目覚め、ブッチャー等を使って人類抹殺を計り、最終的には神ファミリーの捨て身の戦いによって敗れる事になるが、戦いで唯一生き残った勝平に対して「地球人は本当に存在価値があるのか?」と論争を繰り広げる事になった。

キャラクターの総評[編集]

確かに地球の人間が争いを繰り返しているのは否定しようの無い「事実」である為に、コンピュータドール第8号が地球人を「悪」と認識したのもあながち間違いでは無いとも取れる。とはいえ、やっている事は機械による無作為の殺戮に他ならない[1]。「争いの無い星だった」というビアル星の伝承も考えると、何かしらのプログラムエラーが起きていた、あるいはそもそもガイゾック星人の善悪観が地球人(やビアル人)のそれと異なっていた可能性や、「悪しき生物の抹殺」という理念そのものがガイゾック星人達の破壊や殺戮を正当化するための方便であった可能性もある(作中、これらの可能性を否定証明できるだけの存在が登場しないため、可能性が皆無とは決して言い切れない)。

なお、「第8号」の名の通り、複数機が存在する可能性があり(少なくとも7機)、更にはコンピュータドールを造り出したガイゾック星人自体が現在存在しているかも不明である為に、『ザンボット3』本編とは別の形で、ガイゾックの戦いは続いているのかもしれない。

登場作品と役柄[編集]

作品によって自身がそのままユニットとして登場するケースと、バンドックのパイロットとして登場するケースが存在。組織の初登場作品である『第4次』では存在自体が出てこず、ブッチャーが組織のボスとなっている。

様々な作品とのクロスオーバーであるSRWの世界観では「身勝手な地球人」は腐るほど登場する為に第8号の主張も的外れとは言い難い…が、一方で他作品の敵勢力(それこそ地球人より悪い考えを持った連中)を抹殺しようとする様子は殆ど見られない。これは、地球に端を発する脅威が原因。

原作では明確に反論できぬまま終わった相手だったが、SRWにおいては「正義」の名のもとに独善を強いる者と戦った経験のある者や、同じような理屈で人類に牙をむいた経験のある人物が多数存在するため、自軍のパイロットがコンピュータドールを批判するシーンが散見される。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
音声初収録。 演じた渡部猛氏は『』以来約12年振りの新録となる。
今回もブッチャー死亡後に登場。しかし、全員気力MAXかつSPも全回復状態での戦闘になるため、それまでの苦戦を思うとあっけないほど簡単に倒せる。
なお、赤騎士デスカイン青騎士ヘルダインを複数従えているが、それでもプレイヤーを苦戦させるには至らない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
8号は既に『Z』で破壊済みだが、日本ルート第40話のイベントで亡者として登場する他に、別個体のコンピュータードール達が襲来する(渡部猛氏はライブラリ出演)。
バンドックのパイロットとして登場し最初に確認されるのは日本ルート第36話に出てくるガバール星を制圧した第21号で、名義は「ガイゾック」。真ゲッタードラゴンルート第52話では第3号、第10号、第17号、第22号、第29号、第36号が登場。
『Z』と同様の理屈で襲撃してくるが、出会いと戦いを経て成長した勝平に逆に「人間の悪い所だけ見て勝手な事を言ってるだけ」と切り捨てられる等、『Z』での威厳と貫禄はもはや感じられない。
キャラクター図鑑では「コンピュータドール」となっており、第8号と明記されていない。その為、ある種のオリジナル設定と言える。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
初登場作品。「ガイゾック」表記。ブッチャー死亡後の、シーン2ラスト「燃える宇宙」に登場。コイツ自身の能力も中々だが、それ以上に後に控えているアインストレジセイアが厄介。
スーパーロボット大戦IMPACT
「ガイゾック」表記。終盤でユニットとしても登場。通常版・マップ兵器版と2種類ある破壊波は、いずれも燃費が悪いので運動性の高いユニットを何機か囮にすれば、たちまちEN切れとなる。ENおよびHP回復等の特殊能力も無い為、比較的撃破し易い。
なお、ガイゾック星の滅亡にアインストが関与していた事を仄めかす台詞が有る。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
最終話で勝平とヴィンデルの戦闘前会話に名前が登場するのみ。
スーパーロボット大戦R
「ガイゾック」表記。シナリオ「ブッチャー最期の日」でバンドックに乗る。本来の歴史では破壊されずブッチャーを蘇らせていたが、ラウル(orフィオナ)の機転により発見され、ラウンドナイツに破壊された。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

破壊波
IMPACT』では通常攻撃・マップ兵器の2種が存在。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

LL

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

Z
偵察分析必中
第3次Z天獄篇
偵察分析必中脱力
「脱力」は勝平を動揺させた論争に由来するのだろうか。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

IMPACT
底力L9
R
底力L8、援護攻撃L1
第3次Z天獄篇
底力L5 指揮官L3 プレッシャーL2 戦闘プログラム ガード マルチターゲット 戦意高揚 気力+ (ダメージ)

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+30%/クリティカル率+20%
Z』で採用。

人間関係[編集]

キラー・ザ・ブッチャー
部下。おそらく意図的に彼のような非道な存在が選ばれている。
ギッザーバレター、ズブター、ガイゾック兵
組織の構成員たち。
神勝平
最大の敵であり、彼に人類の悪を説く。
Z』では「勝平もまた身勝手な人間に利用されているだけ」と説いて、彼にかけられていた睡眠学習による暗示を解除し、より恐怖と苦痛を与えている。
神江宇宙太神北恵子
原作では、コンピュータドール8号は彼らの死亡後に登場する。直接対話が叶うのは、SRWならではの展開。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

ガルファ皇帝
R』にて共同戦線を張る。彼もコンピュータドール第8号も似たような存在である。
風見博士シリウス・ド・アリシア
Z』では勝平に対して「地球人が悪である」と語った際に、その理由として彼等の所業も挙げている。
破嵐万丈
『Z』ではガイゾックの思想をメガノイドと重ね、独善であるとして容赦無く非難した。
クライン・サンドマン
『Z』において彼もまた、ガイゾックを「ジェノサイドロンシステムと同じである」とした。
ロージェノム
CC』において、手を組む。
マザーコンピュータ・シグマ
第3次Z天獄篇』で「コンピュータドール21号により乗っ取られてしまい、人間の文明を破壊するための手駒に変えられた」事が判明する。

ガンダムシリーズ[編集]

シャギア・フロストオルバ・フロスト
『Z』で風見博士らと同様、悪しき地球人の例として彼らの名も挙げる。
東方不敗
『R』にてガイゾックの思想を、かつての己の所業(人類抹殺)と重ねて非難した。

バンプレストオリジナル[編集]

ラウル・グレーデン / フィオナ・グレーデン
『R』では最期は彼(彼女)に発見され、倒される。
御使い
Zシリーズでは「文明の発展が彼等の到来を招く」として非常に恐れており、ガイゾックが地球人を滅ぼそうとしたのはそれが理由だった

名台詞[編集]

「この愚か者めが! 自らの力に溺れ、この聖なるバンドックに破壊を招くとは何事か!」
油断によって失態を繰り返し続けた挙句、バンドックに大きな被害をもたらしたブッチャーに制裁を下した際の台詞。これにはブッチャーも許しを請うしかなかった。
「その声……神勝平だな……我、敗れたり……神勝平……」
「憎しみ合い、嘘をつき合い、我が儘な考え……。まして、仲間同士が殺し合うような生き物が、良いとは言えぬ……。宇宙の静かな平和を破壊する……。我は、そのような生き物を掃除するために、ガイゾックによって造られた……」
「この悪意に満ちた地球に……お前達の行動を……わかってくれる生き物が……一匹でも……いると……言うのか……?」
最終話における勝平との対話。富野喜幸(現:富野由悠季)監督作品の最初期の頂点と言うべき、「勧善懲悪の構造の逆転と相対化」の場面である。
このガイゾックの告発を如何に受け止めた上で答えを出すのかが、勝平の成長の証であり、原作シナリオを継承発展させるSRWの一つのテーマでもある。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

「ブッチャーよ…後の始末はお前がするのだ…よいな…」
IMPACT』第3部銀河決戦編第17話「ブッチャーの最期」より。バンドックを撃破された事で撤退しようとするブッチャーを制し、胴体部を分離させて逃亡を図る。
「…そうか…やはり…始まりの地…」
逃亡後、何処とも知れぬ場所でアインストと接触し、彼らと意味深な会話を交わす。
「…危険…やはり、彼らの危惧するとおり…滅ぶべきものなり…」
胴体内部に突入し、自身への怒りを滾らせるザンボットチームを目の当たりにしての呟き。
「…この力…これが…汝らの求めたもの…なのか…?」
「しかし…では…何故、かの地を…始まりに…選んだのか…」
メカブーストの群れを難無く一掃するロンド・ベル隊=地球人の力に驚嘆し、アインストへと漏らした台詞だが、恵子クワトロは何者かに語りかけるような第8号の呟きを訝しんでいた。

Zシリーズ[編集]

「何故、ナチュラルコーディネイターを憎む?」
「何故、シャギア・フロストオルバ・フロストは世界を呪う?」
「何故、シリウス・ド・アリシア堕天翅に目覚めた?」
「何故、風見博士お前達を裏切った?」
「人が人を兵器とし、人が人の命をボタン一つで奪う事が、何故、何のためらいもなく行われる?」
「何故、血のバレンタインは起きた? 何故、レクイエムは発射された? 何故、黒歴史が生まれた?」
「全ては地球という星に住む生き物が起こしたものだ」
Z』第55話「永遠に輝け、僕らの星よ」より。
地球の人間を信じようとする勝平に対しコンピュータドール第8号は、地球の身勝手な人間達とそれによって行われた事実を突きつけながら詰問。この数々の事実に勝平も段々自信を無くし始めている。
なお、この中で「血のバレンタイン」については多元世界誕生前の出来事に当たるのだが、本作の世界観では多元世界誕生前から『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と『無敵超人ザンボット3』が同じ世界に属していたからであり、一方で侵攻のずっと前から地球について記録していたことが伺える。
「ここにも人間の悪意に目をつぶり、無意味な戦いをする者がいるか」
同話における万丈との戦闘前会話より。彼に対しても戦いは無意味と嘲笑するが、万丈にとっては第8号も憎むべきメガノイドの同類でしかなく、容赦無い言葉で独善ぶりを非難される。
「神ファミリーよ。地球はあの時のビアル星と同じく悪意に満ちた星だ」
「我は宇宙の平和のために地球を滅ぼす事を決定したのだ」
キング・ビアルとの戦闘前会話。
「我、敗れたり…。お前達は勝利者になった…」
「だが、この悪意に満ちた星を救う事に命を懸ける意味が…」
「忘れるな…。お前達の戦いは…無…意味…」
今際の台詞。最期まで地球人の戦いは無意味だと断言して散って行ったが、勝平からは「無意味でなんかあるものかよ!」と真っ向から否定された。
「お前達は自らが悪である事を認めろ」
「憎しみ合い、嘘をつき合い、殺し合う…。そんな生き物が宇宙の静かな平和を破壊する」
「我はそのような生き物を掃除するために造られた」
第3次Z天獄篇』日本ルート第36話「帰ることなき故郷」より。
第8号と同じ理屈から事実を突きつけるが、出会いと別れと戦いを経て成長した勝平はこの言葉の決定的な欠陥を見抜き、ばっさりと切って捨てた。
「理解…不能…。人間よ…文明を…捨てよ…」
「さもなくば…その先に…待つのは…絶望………」
第21号の最期。何かの影があることを言い残した。
「だが、その人間が先に進めば…待っているのは奴らだ…」
「理解…不能…」
『第3次Z天獄篇』第40話「光と闇の向こうに」より。亡者として現れた第8号の台詞。第21号と同じく何かの影があると言い残す。

余談[編集]

  • コンピュータドール第8号を演じた渡部猛氏は、第9話にてゲストキャラの大滝社長(SRW未登場)を演じたが、そちらは神ファミリーの最初の理解者として描かれた。

脚注[編集]

  1. そもそも、破壊や殺戮を「悪」と定義するならば、その化身であるガイゾックはまさに悪しき存在そのものである。