2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アルトロンガンダムカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アルトロンガンダム
外国語表記 Altron Gundam
別表記 アルトロンガンダムカスタム
アルトロンガンダム (EW版)
ガンダムナタク
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 XXXG-01S2
頭頂高 16.4 m
重量 7.5 t
ジェネレーター出力 3,045 kw
スラスター総推力 74,760 kg
装甲材質 ガンダニュウム合金
改修 老師O
ドクターJ
プロフェッサーG
ドクトルS
H教授
パイロット 張五飛
デザイン カトキハジメ
テンプレートを表示

アルトロンガンダムカスタムは『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の登場メカ。

概要[編集]

Endless Waltz版のアルトロンガンダム

機体色はTV版よりも彩度の落ちた緑と白のツートンカラーとなり、5機が兄弟機と言うことを強調するため他の機体に合わせたスマートなデザインとなっている。本体のスマート化とは対照的に代名詞のドラゴンハングは大型化した。他の武装もデザイン性重視であるためか、2連装ビーム・キャノン(漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』では搭載されている)、シェンロン・シールドがオミットされ、ツインビームトライデント、バルカン砲のみが残された。

五飛が自ら悪となり、戦後の世界を見定めるためあえてマリーメイア軍に身を投じ、ヒイロウイングゼロと交戦した。最後はデュオ達とは別の場所(竜一族の故郷)で自爆させられ、五飛は機体に宿る亡き妻・妹蘭の魂を弔う。つまりデュオ・マックスウェル達と別れて自爆させているのは妹蘭を先祖の故郷で眠らせるためと思われる。決してロボット図鑑で突っ込まれているような五飛がヒネくれているためではない…はずである。

なお『EW』展開当時発売されたプラモデルの商品名は「ガンダムナタク」であり、ゲームでもこれを採用することが多かった。商品名から定着した「ウイングガンダムゼロカスタム」と違い、アルトロンガンダムカスタムとした商品やメディアは少なく、スパロボは例外の一つである。またアルトロンに限っては「EW版」が定着してからもゲーム『Gジェネレーションシリーズ』で「ガンダムナタク」の名が使われている。

登場作品と操縦者[編集]

原作では敵として登場するため、スパロボでも中盤まで敵として登場し、その後味方になるパターンが多い。敵として登場した場合、名ありユニットの割にHPが低めなので熱血を使用してスーパー系で攻めればすぐに倒せる。しかし、中途半端にダメージを与えた状態にしてしまうと五飛の底力が発動し少々厄介なことになる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
後半戦突入前に使えるようになる。トレーズとの決闘に臨みたければ改造すべし。ちなみに、この機体は本作の設定上アルトロンガンダムとは別機体。つまり、五飛の亡き妻が命を捨てて守ったシェンロンガンダムではないのだが…「こいつにもナタクが宿っている」の一言で片づけられる。いいのか、それで。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
アルトロンガンダムまで射程1-5だったドラゴンハングが、射程1-4となってしまった(TV版アルトロンより本機の方が圧倒的に伸びると思われるのだが…)。PS版からの変更点として欠点だった移動力が7となり扱い安さが向上。しかし、デスサイズサンドロックの主要武器の射程が1-4となり本機の存在意義が薄れた(特殊能力の豊富さではデスサイズ、移動力とパーツスロットの豊富さではサンドロックが上なため)。
スーパーロボット大戦α外伝
今回マリーメイア軍が登場するので、序盤は敵。そして仲間になる。隠し要素で早期に仲間になる。
同系統のサンドロックデスサイズと比べ移動力運動性が若干優れるものの、ドラゴンハングがENを消費するようになったため使い勝手が非常に悪くなった。未来合流時の強制出撃マップでは頼りになる。
第2次スーパーロボット大戦α
『α外伝』とほぼ同様の仕様。小隊を組めるので活躍頻度は広がったが、全体攻撃がない、最強武器であるドラゴンハングが切り払いの対象である、五飛が回避精神コマンドを覚えない、など厳しい立ち回りと言える(不屈は覚える)。今作は、五飛熱血必中直撃を覚えるので、援護攻撃回避率が高いユニットなどに大ダメージを与えるのが役目だろうか。ただ、そこまでして小隊長として使う価値があるかは疑問が残り、小隊員の方が使い勝手はいい。使っていくなら、小隊長能力を活かしてカウンター技能を養成しよう。ヘビーアームズ以外のウイング系にも言えるが、小隊攻撃がバルカンなのが欠点。
第3次スーパーロボット大戦α
「アルトロンガンダム」名義で参戦。本作以降発売されたスパロボでは、デザインはEW版のままアルトロンガンダム表記となっている。今作では小隊攻撃かつP兵器(1本)・射程7かつバリア貫通の通常攻撃(2本)の2種類のドラゴンハングを持つ。後者は攻撃力が非常に高くW系最大を誇る。ロボット大図鑑では、「どう見ても設定以上にドラゴンハングが伸びているが、演出なのでツッコんではいけない」と書かれている。それでいいのか、ナタク。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
W勢で最も最後に加入する上に全体攻撃もMAP攻撃も特殊能力もない機体だが、ドラゴンハングがアシスト攻撃になっている上にカスタムボーナスで射程+2され射程8になるのでサブとして優秀。リアル系に多い長射程攻撃にアシストを合わせられるのが大きな魅力。
また、演出面ではCOMPACTシリーズを除いて歴代で最も地味
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
序盤の蒼の地球ルートで参入し、中盤の宇宙ルートで性能がアップする。相変わらずドラゴンハングがアシスト攻撃として優秀だが、逆にそれ以外の利点がほとんど無く最大火力も低くALL攻撃や特殊能力もない為、アシスト攻撃以外にもメリットを多く持つ優秀なユニットが次々参入する本作では序盤以外での活躍は厳しい。演出面でも最強武器が相変わらずツインビームトライデントであり、地味なままである。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場作品。「ガンダムナタク」名義で登場。序盤は敵として登場し、中盤から自軍に加わる。ドラゴンハングが射程1-3のP属性、さらに命中+50%と強力。デスサイズサンドロックに比べ扱い安さは格段に上。ただし、W系パイロットはNT能力等がないため回避力はさほど高くない。運動性を強化するなり、防御面の対策は必要である。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
「アルトロンガンダムC」という珍しい略し方がされている。『COMPACT』とほぼ同性能。ドラゴンハングの性能もそのままなので、高威力&高命中率の援護攻撃で活躍できる。
スーパーロボット大戦COMPACT3
格闘武器ドラゴンハングがあるため、オーラバトラー及びガイメレフが相手でも強い。しかし、微量ではあるがENを消費する上、デスサイズのビームシザースとサンドロックのヒートショーテルが揃って射程1-4なのになぜかドラゴンハングが射程1-3とやや不遇。また、なぜかW系のガンダムの中で限界反応が低く設定されている。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
比較的序盤から自軍として登場する。ドラゴンハングにスタン属性がついているので、スタン追加を装備させてボスを足止めする係が適任か。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
五飛専用機。中盤敵として現れるがすぐ仲間になる。
武器性能が変化しており、ドラゴンハングの射程が長く2-5と中距離仕様になった(しかもP属性・無消費・格射武器のうえに高威力)。そのため密着時にはツインビームトライデントを使う事になるのだが、こちらは純粋な格闘武器なので「射程1・空中」が実質的に穴となっている。気力が上がらないと攻撃力の低いドラゴンガンダムの代役として使ってもいいが、地上戦の際にはミノフスキークラフト装備を忘れずに。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
五飛専用機。「アルトロンガンダム」名義で参戦。デスサイズやサンドロックと違いドラゴンハングでの敵にも攻撃できるのでフライトユニットを装備させる優先順位は低い。ツインビームトライデントを主力とするならばミノフスキーと高性能レーダーをつけるとEN消費なしで切り込み役となれる。また、フル改造ボーナスの"自爆してもHPが1残る"という珍しい能力を持ち、自爆→修理→自爆→…というコンボができる。本作は全体的に命中率が低く、精神ポイントも少なく(熱血などが連発できない)、修理費撤廃でお金もかからないため、自爆は有用なダメージソースとなる。また、即底力発動という使い方も可能。
スーパーロボット大戦R
五飛専用機。やはり今回も中盤まで敵として登場し、その後自軍に加わる。
能力はほぼ『A』と同仕様だが、ツインビームトライデントが空に届くので、扱いやすくなった。
スーパーロボット大戦W
五飛専用機。「アルトロンガンダム」名義で参戦。しばらくは敵として登場。五飛がカットインで腕を組んでいるせいか、事あるごとに腕を組む(原作でも組んでいたが)のが特徴。第一部後半では条件を満たすまで何度倒しても復活するマップがあり、撃墜の度に経験値資金が入るうえに、繰り返しているとあっさりEN切れ+弾切れのダルマ状態になり、以後はひたすら「防御」しつづけるという情けない一幕も。
自軍参入は第二部中盤から。ウイングゼロの改造を引き継ぐが、乗り換え不能+機体性能が微妙なくせに参戦が遅いという不憫っぷり。序盤の敵対峙を基準に設定されているのか、今回は武器の射程がチグハグでドラゴンハングよりツインビームトライデントの方が射程が長いという変わった性能となっており、従来よりも使い勝手が悪化。自軍参入後のイベントも特に無いので、一軍で使うには相当の愛を注ぐ必要がある。
スーパーロボット大戦L
五飛専用機。加藤機関の隊長格と並んで、第1話から登場する。第31話ステージクリア後に参入。五飛の加速と本機の高威力かつ低燃費のドラゴンハングのかげで、パートナーとしては優秀。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
アルトロンガンダムの機体をフル改造するとこれに変化する。長射程のビームキャノンがなくなる点は注意が必要だが、主要武器は残る上、基本性能が大幅にアップするためフル改造する優先順位は高い。
スーパーロボット大戦X
マナの国ルート15話で敵として登場するが、撃墜すればそのまま自軍に加わる。EW名義では珍しく加入が早く、デスサイズらより先に部隊入りする。新武装のダブルドラゴンハングが追加され、火力(と派手さ)が増した。

装備・機能[編集]

機体性能は5機の中では平均的であるが、参戦当初から武器性能(移動後の射程の長いドラゴンハング)に特化した性能となっている。『α』以降、同じW系格闘重視MSのデスサイズヘルサンドロック改の射程が伸びたため、差違が見受けられなくなった。しかし、近年はドラゴンハングの射程が中距離仕様になったことで使い勝手が向上した。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ドラゴンハング
クロー部分は、TV版よりかなり巨大化し、火炎放射機能はオミットされた。また両肩アーマー内の折りたたみ式から、多数のブロックを連結する方式に変更したため、更なる延長と、より柔軟な動作が可能になった。シールドとしても機能する。
スパロボの据え置き機作品の演出では、かなりの伸縮性を見せる。スパロボでは当初からP属性有射程の武器として重宝。Wでは掴んだ敵を地球に向かって放り投げ、大気圏突入させて海に墜落させるというトドメ演出が行われる(ゼロカスタムが地球に落ちたシーンの再現だが、別にドラゴンハングで落としたわけではない)。また、シールド防御可能だったのは『α』、『α外伝』のみ。
ドラゴンハング(PLA)
『第3次α』にてPLA属性になった。他のW系と同様メイン武器が必殺とPLAの2種類に分かれた形になる。これで小隊員もこなせるようになった。
ダブルドラゴンハング
『X』で追加された最強技。両腕のドラゴンハングで殴りつけた後に挟み込み、急追して一気に左右に引き裂く。
バルカン
頭部に左右2門内蔵。
スパロボでは使用されることは殆どないが、『第2次α』ではPLA属性であった。
ツインビームトライデント
両柄に三又のビーム刃を形成する長柄武器。バックパックにマウント可能。
当初はドラゴンハングの高性能さのため、影に隠れていた。しかし、ドラゴンハングがEN消費型になったり、密着状態で使用不可能だったりしてからは、ツインビームトライデントの射程も伸び、コンボ属性が付加される等して、使用される機会が増えた。

オプション装備[編集]

2連装ビーム・キャノン
漫画『敗者たちの栄光』で追加装備されたバックパックに装備。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。シールド防御可能だったのは『α』、『α外伝』のみ。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

自爆してもHP1で生き残る
A PORTABLE』でのボーナス。
『ドラゴンハング』の射程+2
第3次Z』で採用。
『ドラゴンハング』の射程+2、命中率+25。
X』で採用。第3次Zのものに命中率の増加が加えられたのだが、同じドラゴンハングでもダブルドラゴンハングは対象外なのが悔やまれる。

機体ボーナス[編集]

無改造:格闘武器+100、装甲値+100、特殊回避15%
ハーフ改造:格闘武器+200、装甲値+150、特殊回避25%
フル改造:格闘武器+300、装甲値+200、特殊回避35%
L』でのボーナス。

機体BGM[編集]

「WHITE REFLECTION」
「LAST IMPRESSION」

対決・名場面[編集]

リーオー
ヒイロが搭乗するリーオーと交戦。機体の性能差もあり、リーオーは左腕を切り落とされ、胸部を切られヒイロはリーオーから脱出する。
ウイングガンダムゼロ(EW版)
地球に向かうウイングゼロを待ち受けていた五飛のアルトロン。ヒイロは「お前が戦えば戦うほど平和の犠牲が無駄になっていく」と説得しながら、ツイン・バスター・ライフルを使用せず近接戦闘で五飛に挑む。舞台を地球に移した後、ウイングゼロはアルトロンの攻撃をわざと受けて、海中に沈んでいった。
人々と共に
ウイングゼロ戦後、ヒイロの言葉で考えを改め始めた五飛はマリーメイア軍には戻らなかった。次に姿を現したアルトロンの足元には、マリーメイア軍に抗議デモを行う民衆の姿があった。武力ではなく、平和を守る意思を見届けた五飛は、戦いが終わった後、アルトロンを自爆させるのだった。

関連機体[編集]

ウイングガンダムゼロ(EW)
全ての「ガンダム」の母体となった機体。
シェンロンガンダム(EW)
本機の改修前。未参戦。
ティエンロンガンダム
漫画『新機動戦記ガンダムW~ティエルの衝動~』(未参戦)。カラーリングはシルバー。太陽光が直撃する戦場に対応するため全身に高熱反射材が使用されている。ゼロシステムとMDシステムを搭載し、探査用MSキャプリコーンを遠隔操作できる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]