シェンロンガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェンロンガンダム
外国語表記 Shenlong Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦F
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
異名 ナタク
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 ワンオフ機
型式番号 XXXG-01S
頭頂高 16.4m
重量 7.4t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル160
ウエポンズアビリティ
レベル110
スピードアビリティ
レベル130
パワーアビリティ
レベル140
アーマードアビリティ
レベル120
開発者 老師O
パイロット 張五飛
テンプレートを表示

シェンロンガンダムは『新機動戦記ガンダムW』の登場メカ

概要[編集]

オペレーション・メテオによって地球に降下した5機のガンダムの1機。OZ側のコードネームは「ガンダム05」。パイロットは張五飛(チャン・ウーフェイ)。

L5コロニーの老師Oの手によって開発された白兵格闘型MSで、通常MSでは死角となる射撃兵装と白兵武装の中間の距離での戦いを得意とし、中国武将のような姿をしている。

機体名を「シェンロン」と名付けたのは五飛自身であるが[1]、五飛はこの機体を「ナタク」という愛称で呼ぶ。これは本機を守って死んだ亡き妻の異名であり、五飛にとって本機は唯の兵器の域を越えた、妻の魂が宿る機体であることの現れである。

本機は開発者の老師Oの得意とする高品質のフレーム駆動性からくる高機動性・運動性と右腕に装備された伸縮自在のドラゴンハングによる敵から若干遠い間合いでの白兵戦を得意としている。だが、これはあくまでパイロットが接近戦を得意にしており、ゲリラ戦における最重要事項の一つである補給の問題を解決できる事から多用しているのであり、ドラゴンファイヤーを用いれば一般MSとの遠距離戦も十分に可能である。必要な際はこれを用いての対空や施設攻撃も行う事が出来る。このことから、本機は5機のガンダムの中では、飛びぬけた特徴を持たない代わりに一番汎用性・継戦能力に秀でた機体であるということが分かる。

ただ、状況に応じた柔軟さを強みとしていると思われる本機は、機能面からして明確なゲリラ戦としての運用法を推し量る事ができる他のガンダムに比べると、見方によっては中途半端またはパイロットを選ぶ設計なのは確かである。

劇中での様相[編集]

地上でのゲリラ戦を想定して開発された機体であり、宇宙空間では大気圏突入に必要な最低限の装備しかなかったため、わざとOZに捕獲される事によって敵を利用して修理・改修が行われた(というより“行わせた”と表現すべきか)経緯を持つ。その結果アルトロンガンダムに生まれ変わる。

ちなみに初期5機のガンダムの内、19話で宇宙での戦闘後自ら腰部にビームグレイブを突き刺し推進剤に点火して離脱したことを含めなければ、唯一TVで自爆(未遂含む)しなかった機体でもある。

EW版[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の世界観における本機の役割の機体として、カトキハジメ氏によってデザインされた。漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』に登場する以前は「アーリータイプ」「Ver.Ka」と呼ばれていた。SRWには未参戦。

基本的なコンセプトや性能などに変更はなく、ビームグレイブが片方にしか穂先を持たないビームトライデントとなっている程度。機体色もTV版と同じトリコロールカラーで、外見上は「右腕だけドラゴンハングのアルトロンガンダム(EW版)」といった具合。武装はTV版と全く同じだが、一番の特徴であったドラゴンハングの伸縮性は失われている。後継機になるアルトロンガンダムへのパワーアップを演出するためにオミットされたと思われるが『敗者たちの栄光』では「タウヤー装備」と呼ばれるヒート機能を持つ実体青竜刀が使用された。盾と有線接続されているため延長出来ないドラゴンハングの射程をカバー出来ており、運用幅が広い。

登場作品と操縦者[編集]

自軍のユニットというより敵やNPCとしての登場が多い。自軍に入らぬままアルトロンガンダムに改造されたり、自軍に参戦したとしても出入りが激しく使用できる期間が非常に短い。第2次Z破界篇で初めて加入から最終話まで味方として使えるようになった。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
初登場作品。敵として登場。射程が短く、隣接する空中ユニットにはバルカンしか使えないため、ガンダムW勢の中では最も倒しやすい。
スーパーロボット大戦F完結編
味方にはならない。自爆イベントで顔見せ的に登場し、他の4人が次々説得される中姿も見せない。戦うのはアルトロンガンダムになってからである。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ポツポツ敵として登場。五飛の底力を発動させないためにも一撃で仕留めたいところ。マクロス防衛のシナリオでロンド・ベルが後方に回った場合、カトル・ラバーバ・ウィナー説得することで一時的に操作可能になる。空適応のあるドラゴンハングがなかなか強い。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版より全体的に攻撃力が上がり、ドラゴンハングの射程が1-5に上昇。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今回は一度も敵としては現れず、第1話でスポット参戦し第20話で正式加入。今作はTV版のみの参戦でアルトロンガンダムも登場しないため、シリーズとしては初めて自軍に加入してから最後まで使用できる作品となった。ドラゴンハングの射程が長い上、フル改造ボーナスでさらに伸びるのでかなり使い勝手が良い。最後まで使えること、性能の良さなどからおそらくシェンロンガンダムが最も輝く作品。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
序盤で仲間になるが中盤で原作通りアルトロンガンダムに改造される。機体名が「神龍」のゆえ、神虎と対をなしており、中盤では共に登場し、物語を熱く燃え上がらせた。…その一方で、第3軍として登場して無限復活するため、エースボーナス確保の為にひたすら落とされ続けたりもするのだが。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
序盤にスポット参戦する。ドラゴンガンダムと似ていることをツッコまれた。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
五飛の戦闘時の姿。ルート次第で中ボスとして登場するのみで、仲間になるのはアルトロンに乗り換えてから。シャイニングガンダムとのガンダムファイトも行う。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ドラゴンハング
右肩アーマー内に収められた延伸用アームを急速展開して、龍の頭のようなユニットを叩き込む。
SRWでは旧シリーズから有射程P属性武器で、現在では更に射程が伸びている。ただし、ENを消費するようになっている。従来は伸ばしたドラゴンハングの一撃のみで終わっていたが、第2次Zではドラゴンハングによる連続打撃だけでなく、拳打とシェンロンシールドも混じえる演出になっている。
バルカン
頭部に二門装備されている接近戦用の機関砲。ドラゴンハングで捕まえた敵機に至近距離でバルカンを浴びせるなどして使用していた。
火炎放射/ドラゴンファイヤー
ドラゴンハング先端に装備された2門の火炎放射器。宇宙空間でも使用可能。劇中では対空攻撃や施設攻撃などに使用しており、どちらかと言うと遠距離攻撃の位置づけにある。また、ドラゴンハングで敵を捕えて炎を吐きだす「ドラゴンハングファイヤー」という必殺技が設定上あるのだが、採用されたのは格闘ゲームのみ…。
SRWでは射程が短い。旧シリーズでは射程1の武器でEN消費型で無消費で威力の高いドラゴンハングを持つため、無用の兵装だった。第2次Zでは低燃費の中距離用の兵装となった。
シェンロンシールド
ガンダニュウム合金製の円形の小型シールド。左前腕に装着する。劇中では投擲武器としても使用している。
投擲は第2次Zで初めてドラゴンハングの演出で使用された。
ビームグレイブ
長柄の先から短いビーム刃を形成する武器。普段は背中にマウントされている。名称は西洋の長柄武装が由来である。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

『ドラゴンハング』の射程+2
第2次Z

機体BGM[編集]

「JUST COMMUNICATION」

関連機体[編集]

アルトロンガンダム / アルトロンガンダム(EW)
本機の空間戦用改修機。
ウイングガンダムガンダムデスサイズガンダムヘビーアームズガンダムサンドロック
兄弟機。
ウイングガンダムゼロ / ウイングガンダムゼロ(EW)
全ての「ガンダム」の母体となった機体。

余談[編集]

  • シェンロンガンダムの伸縮自在の腕部武装「ドラゴンハング」は、『ガンダムW』の前番組である『機動武闘伝Gガンダム』に登場するドラゴンガンダムの伸縮自在の腕部武装「ドラゴンクロー」を、バンダイが「プラモデルによる立体化の範囲内で無理なく再現できないか」と大河原邦男氏に頼み誕生した経歴がある。

脚注[編集]

  1. その意は竜一族の守り神があのナタク(妹蘭)では弱すぎる為、その代わりの守り神として「神龍」と半ば揶揄して名付けたものである

商品情報[編集]

資料リンク[編集]